• 01 Jul
    • 3歳までの育脳

      カラっと晴れたり、突然雨が降ったり、 お天気が変わりやすいですね・・・(^▽^;) 七田チャイルドアカデミーでは 3歳までの脳の成長についてよくお話しさせて頂いております この時期の取り組みにおける、大切なポイントは ①「学ぶこと」に興味を持たせる ②親子でともに楽しむ です 好きなことは覚えることはできませんので、ママやパパがお子さんと一緒になって、何事にも興味を持たせる習慣を磨くことが大切ですね(=⌒▽⌒=) 興味を持てるお子さんは色々なことにチャレンジしますし、知りたい!という気持ちを強く持つことができます。 少しでも上手にできたら 「すごいね!」 「面白いね」 などほめる声かけも大事ですね またお子さんは同じ遊びを何度も繰り返すことによって微妙な違いを理解し、物事を正しく判断・理解する才能を育てることができます 楽しく、コミュニケーションをとりながら お子さんに合った取り組みをしてみて下さいねo(〃^▽^〃)o 体験レッスン随時受付中です! 詳しくはこちらから福岡教室

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 子どもの心の成長

      こんにちは(*^ー^)ノ 七田チャイルドアカデミー 福岡教室です ブログをご覧頂きありがとうございます 私達講師がよく読み返している本の中に、七田 眞先生の“「頭がよくて思いやりのある子」に育てる91の金言”という本があります この本には、子育て真っ最中のお父様やお母様の悩みを解決してくれるメッセージが満載です 今日はその中からひとつご紹介します 『子どもの心の成長をキャッチし、子どもが見せる小さな変化に気づいて、心にとどめておくことです』 子どもが何気なく発した短い言葉の中には、大人には計り知れないたくさんの意味が含まれています。 子どもはいろいろ感じた事があっても、それを言葉や行動に表してうまく表現できないことがあります。 特に小さな子どもの場合、心の内面を外に出すのは難しいものです。 でも、日常の何気ない言葉や行動の中に、子どもの心の動きが含まれていることが多いのです。 子どものそうした小さな変化に気づいて、親が心にとどめておくと、子どもの接し方や心の成長のステップに役立ちます。 私達大人は、どんなときでも子どもの心をやさしkj推し量って行動できる心がまえでいたいですね 体験レッスン随時受付中です! 詳しくはこちらから福岡教室

      テーマ:
  • 28 Jun
    • 親と一緒にやるから楽しい

      こんにちは。 今週も雨の日が多くなりそうですね。 今日は七田眞先生の金言をご紹介します。 「親子の一体感は、子どもと一緒のステージに立って 親が真剣に取り組むことから生まれるのです。」 子どもは親が一緒にいると安心します。 また、「親と一緒にやるから楽しい」と思うものです。 親と一緒にいることで安心し、親が喜んでいること 興味を持っていることに、同じように自分自身も 喜びや関心を持つようになります。 子どもの求めているものに親がどれだけ近づけるかで 子どものやる気は変わってきます。 喜び、楽しみを共有し、子どもの心に寄り添う気持ちが大切ですね。 体験レッスン随時受付中です! 詳しくはこちらから福岡教室

      1
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 子育ての基本は家庭教育

      サマーレッスン8月生 受付中です! こんにちは~ 福岡教室の井上です 本日は朝から「ベーシックガイダンス」を実施します。 七田式教育を始めたばかりのお母さんとお子さんも 一緒にご参加できる「七田式の基本を学ぶ」 ガイダンスです。 教室に通い始めは、レッスン中の我が子の様子だけでなく 他のお子さんも気になったり 我が子が迷惑をかけないか心配したり ちゃんと椅子に座って レッスンを受けるか気になるものです。 気にしだすときりがないくらい 不安な気持ちになり 大事なお子様とのレッスンが 楽しめなくなっていきます 本来、教室の役割は 「お子様の興味づけと方向性を示す場所」 レッスンでは 我が子がどんなことに興味を持ち始めたのか? 何が好きなのか? どんなことをうまくできるようになってきたのか? そこを大事にレッスンは参加すると気持ちが 楽になります! 他のお子さんのできるところばかりを気にして 我が子と比較したり なんでうちの子は出来ないんだろう・・・? などできる、できないの評価をしてしまうと レッスンは親子で気持ちに負荷がかかり始めます。 我が子の「今」の成長を楽しみ 才能を引き出すのは 親の見方次第です! レッスンとお家との連携があってこそ 「七田式教育の成果」は出てきます! 体験レッスン随時受付中です! 詳しくはこちらから福岡教室

      1
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 勉強さえしていればよい??

      七田眞の金言よりご紹介致します。 「 子どもに仕事を与えましょう。 仕事は、子どものやる気や根性、責任感、能力、心を育てます。 」 4月からの新しい生活にも、そろそろ慣れてきたころでしょうか。リズムがつかめ、 生活面や気持ちの面でも余裕ができたというご家庭も多いでしょう。 一方で、少し気の緩みが見られるということもあるかもしれません。 それを引き締める意味でもおすすめなのが、子どもに家庭内における新たな役割を 与えるということです。食卓の準備や洗濯物をたたむこと、お風呂掃除など、 子どもの年齢にあったお手伝いを頼むのです。 親が子供に仕事を頼むということは、親が子どもを信頼し、認めている ということです。親に信頼され、仕事を任された子どもは、自信を持ち、積極性や 責任感を発揮するようになります。 勉強さえしてればよいとして、子どもに家のことを何もさせなかったために、 身の回りを片付ける習慣も、料理を作る習慣も布団を片付ける習慣もなく、 成長後に何もできない人間になってしまっては大変です。子どもに自分の足で しっかり立って生きていく力を身につけさせましょう。自立の一歩として、 ぜひ、子どもに家庭内における役割を与えて下さい。

      1
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 子どもの積極性

      毎晩雨がすごいですね 庭に出していたプールが朝には満杯になっていてびっくりです(;^_^A 今日は『積極性』についてです お子さんが積極的に意見を言ってくれたら・・・ とってもうれしいですよね まずは親子の対話の中で積極性を身につけていくことをおすすめします 日々のニュースの中で 『○○ちゃんならどう思う?』や 『ねえ、このニュース読んでみて』 などお子さんの感想や意見を聞くようにすると、お子さんも考えるようになるし 親子の会話も生まれてきますo(〃^▽^〃)o 本を読む習慣をつけることも大切です。 本の感想を親子で言い合ったり、 『お母さんも昔この本読んだからどう?』 など同じ本を共有することで、積極的に自分の意見を言えるようになってきます 意見を引き出しやすくするコツは どんな意見も受け入れる ことです(=⌒▽⌒=) 是非お試しください! 7・8月は毎年人気のサマーレッスンを行います ぜひ一度、福岡教室へ遊びに来てくださいね 詳しくはこちらから・・・。

      1
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 『書く』ことが上達しましたね♪

      こんにちは~(*^ー^)ノ 七田チャイルドアカデミー 福岡教室です ブログをご覧頂きありがとうございます 今日は2歳さんクラスのレッスンがありました 0歳から通ってくれている子達も多いですが、ぐるぐる書きのお絵描きや迷路など「書く」ことがとっても上手になりました 「書く」ことは、子どもの能力をバランス良く育てるために大切な取り組みです 「書く」ことによって、 ・言葉の正しい使い方を身につける ・論理的に考えたり、自分の考えを伝える力を育てる ・自分の心を見つめて、思考を深める などの能力が育つと言われています。 そして、「書く」取り組みのステップとして ①なぐり書き ②線書き ③迷路 ④お絵描き ⑤文字書き ⑥プリント ⑦絵日記・作文 があります 「書く」ことは子どもの自然な能力です 小さなお子様には、遊びの一環として毎日楽しみながら取り組んでいかれるといいですね

      1
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 手先を使って遊びましょう♪

      こんにちは 福岡教室のブログをご覧いただき、ありがとうございます 幼いころ、お子さまに手先を使う遊びをたくさんさせてあげることで、能力がバランスよく育まれていきます 手先は「第二の脳」と呼ばれており、膨大な数の感覚器官が集まっています。 手先を使った遊びは手先が器用になるだけでなく、脳を活性化させるという大切な意味があります。 つるつる・ザラザラ・ふわふわ・チクチク…など、いろんな感覚のものに触らせてあげることが幼いころにはとても大切なんですよ お母さまが指先をマッサージしたり、触ってあげることもおススメです 手先の発達のステップは… ①つかむ・触る・握る ↓ ②つまむ ↓ ③回す・押す・引っ張る ↓ ④決められた場所にものを入れる ↓ ⑤両手の取り組み レッスンでは、このような要素がたくさんつまった取り組みがたくさんあります 7・8月は毎年人気のサマーレッスンを行います ぜひ一度、福岡教室へ遊びに来てくださいね 詳しくはこちらから・・・。

      1
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 厳しさも必要

      こころの子育ての基本は、「認めてほめて愛して育てる」ですが、 叱ってはいけないと思い込んでしまうのは大きな間違いです 子どもが悪いことをしても、人に迷惑をかけていても、笑ってみているだけ… これではいけません。 いつでもやりたいようにさせているとわがままな子どもに 育ってしまいます。子どものしつけには厳しさも必要です。 我慢できる子に育てるために3歳くらいまでにして良いこと、悪いことを教えていきましょう。 ただ厳しさを先に示すとうまくいきません。日ごろからお子さまの良い所を しっかりほめて、愛情を示したうえで、いけないことを教えるようにしましょう。 すると、子どもは素直に受け取ることができます。 そして、しつけをする上で大切なことは、おうちの方が一貫した接し方をすることです。 そこから、子どもはして良いことといけないことを学んでいきます。 【叱るルール】この3つを破ったときは叱ると約束しておくこと ①人を傷つけてはならない。 ②人に迷惑をかけてはいけない。 ③自分の行動には責任を持つ。 【叱り方のコツ】 ①叱る時間は1分以内、それ以上は逆効果。 ②そのことだけを叱り、以前のことは持ち出さない ③子ども自身を叱らず、間違った行為を叱る。 ④叱ったあとは、謝れたこと、反省できたことをほめる。 7月・8月はサマーレッスンを開講いたします 詳しくはこちらから・・・。

      3
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 赤ちゃんとおもちゃ

      今日はきもちのいいお天気ですね 我が家の子どもたちは、小学校も幼稚園もプール開きとなったようで、 楽しそうに出かけていきました(=⌒▽⌒=) 今日は赤ちゃんとおもちゃの遊び方について・・・(*^ー^)ノ 1歳を過ぎたころからおもちゃを ポイッ と投げたり、机から落としたり、しますよね? ちゃんと遊んでほしいのに! また拾わなきゃいけないの? おもちゃが面白くないのかしら・・・ つい 『投げたらダメよ!』 と言いたくなりますよね(^▽^;) この時期の事を 実験期 といい、この頃に赤ちゃんがする行動はみな実験であって 十分にさせてあげる事が大切です テーブルクロスをひっぱる、 机のものを落としてみる、 おもちゃを投げる、 どれも「新しい遊びの発見」であり、 できるだけ赤ちゃんが自由に動きながら発見していくことで、探究心を満たし物事に取り組む積極性を身に着けていきます 落とされたら困るもの、おもちゃにされて困るものは この時期置き場所を変えておくといいですね。 「いけませんよ」と禁止するのではなく、多くの刺激を赤ちゃんが受けられるように お母さんが遊びに加わること そして おもちゃは少なめに与えて集中させること を大切にしながら赤ちゃんと遊んでみて下さいね(*^▽^*)! 7月・8月はサマーレッスンを開講いたします 詳しくはこちらから・・・。

      テーマ:
  • 16 Jun
    • マミカンでのレッスン♪

      こんにちは~(*^ー^)ノ 七田チャイルドアカデミー 福岡教室です ブログをご覧頂き、ありがとうございます 今日は朝から雨ですね あいにくのお天気にもかかわらず、今日はマミカンでの2~3歳さん対象の幼児コースレッスンに、7人のお子様が来てくれました 何度かレッスンに参加してくれたお子様は、レッスンで歌う歌を覚えて一緒に歌ってくれたり、フラッシュカードを元気に答えてくれたり・・・と、今日も楽しそうでした 初めて参加してくれたお子様達も、初めて見る取り組みに目をキラキラさせて見てくれたり、「できたよ~!」と頑張っている姿をたくさん見せてくれました 七田の通常レッスンは週1回ですが、毎週子ども達がたくさんの成長を見せてくれます 7月と8月は毎年大人気のサマーレッスンを行います ぜひ、お子様の成長を一緒に喜びましょう ☆詳しくはこちら☆

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 幼児期の耳は宝物!

      こんにちは 福岡教室のブログをご覧いただき、ありがとうございます 昨日のブログにも英語の習得には幼児期の「音環境」とありましたが、音感を身に着けていくのも「音環境」がカギになります 同じくポイントは「無意識学習」です。 より早い時期、理想はママのおなかにいる時期から音環境をつくってあげることです。 音感があることは特別なことではなく、生まれたときは誰でも音を聴き分ける力をもっているんですよ。 赤ちゃんは長調と短調の違い(音色の違い)を聴きわけることができると言われています すごいことですよね 人間は成長の段階で聴かない音は「いらないもの」と判断し、聴き取ることをやめていきます。 せっかく聴く耳を持って生まれてきたのに、宝物を手放していっているようなものです 幼児の耳は宝物です 7月・8月はサマーレッスンを開講いたします 詳しくはこちらから・・・。

      1
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 英語と無意識学習

      こんにちは。 英語学習をスタートするのはいつが良いのか 英語講師をしていると、よく聞かれる質問の一つです。 赤ちゃん?幼児?小学生?中学・高校? 大人になってからも身に付けられる? はい、身に付けることはできますが、かなりの時間、レッスン、 教材、留学なども考えると金額もそれなりにかかります。 実は、言語を身に付ける上で大切なポイントは、無意識学習です 日本語を身に付けていく段階を考えるとイメージしやすいと 思います。 本人すら気づかぬうちに日本語を理解できるようになる、これが 無意識学習です。 楽しい、いやいやが出てくると意識が働いていますので、その前の 時期、赤ちゃんの頃から音環境を整えてあげるのが大切です。 七田式英語では、この音環境作り、幼児、小学生でも無意識の入力ができる プログラムがあります。 ぜひ、この夏のサマーレッスンで体験してみませんか 7月・8月はサマーレッスンを開講いたします 詳しくはこちらから・・・。

      1
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 語学習得のカギは幼児期にあり

      こんにちは~ 福岡教室の井上です! 昨日の日曜日は「英語・音楽アクテビティー」と題しまして 0歳から3歳までのお子さんを対象とした 英語コースと音楽コースの紹介を兼ねた イベントを開催いたしました! 朝から3回、年齢別に様々な遊びがあり 音楽に合わせて身体を動かしたワークや 手遊び、ベビーマッサージ、運動、などなどをすべて 英語で誘導し1時間近く英語の世界と音の世界で 子ども達や保護者と一緒に楽しんでいただきました 最後に私から 幼児期に英語や音楽を早く始めたほうが良いのはなぜ?という テーマでそれぞれの月齢ごとに話をさせていただきました。 英語も音・・・ 音楽も勿論 音・・・ 二つの教科に共通するワードは「絶対音感」 音楽の世界ではよく聞くワードですが、 語学の習得にあたっても同じく 英語を聴き取れる耳にしておくことが英語習得のカギだと思います。 英語の周波数は日本語とは違います。 幼児期、それも比較的脳の神経系が急激に発達をする 0歳から3歳の間の環境設定が大きく後々影響すると言われます。 幼いうちに聴き取れる「耳」を育てる そのために、赤ちゃんのころからの 様々な環境設定は非常に大切なことなんですね~ 英語や音楽をスタートするなら 0・1・2・3歳からですよ~ 7月・8月はサマーレッスンを開講いたします 詳しくはこちらから・・・。

      1
      テーマ:
  • 11 Jun
    • ◇6月は食育月間◇

      毎年6月は「食育月間」だそうです。 食育と聞くと、食べるものに気を遣わなきゃと思いがちですが、 何よりも心が満ちる経験をすることが大切です 家族で一緒に楽しく食事をする、「いただきます」「おいしいね」などの 言葉が交わされる環境にいることで、食事の大切さや健康を守る意識が育まれます 親が子供を信頼し、一人前扱いしている家庭では、買い物、調理、配膳なども 親子で協力して行われていることと思います。お家の方と一緒に取り組むことで、 子どもは、食品の良し悪しや価格複数の料理を同時進行で作る段取り、 効率よく作業する方法など、さまざまな知恵を学ぶことができます。また、 調味料を量ったり、食材を切ったりすることで、量や割合の感覚も自然に育まれます 料理を作ることはさまざまな力を育て、「賢い人は料理上手」ともいわれています。 習慣になるまでは、かえって手間がかかりますが取り組みの一つと考え、 楽しく行いましょう自分で考えて行動することを覚える小学生の時期には 良い食生活や食習慣を身につけてあげたいですね 福岡教室では7・8月各月で 「サマーレッスン」 を実施します いっしょにお子さまの成長を発見してみませんか ☆詳しくはこちら☆

      1
      テーマ:
  • 10 Jun
    • やる気を引き出す

      日差しも厳しくなってきましたねヽ(;´Д`)ノ 日傘を早く買わないと・・・と毎年思っているうちに どんどん日焼けをしていきますよね 今日は『やる気を引き出すことば』をいくつかご紹介したいと思います 年齢問わずですが、 テストだったりプリントだったり、 習い事の発表会だったり、 家庭での取り組みだったり。。。 まず 『よくがんばったね(≡^∇^≡)』 『すごいと思うよ!』 とほめてあげます大切ですよね! もしうまく出来なかったときは。。。 『何でも出来る人はいないから大丈夫』 『あなたは必ずできるから、気にしなくていいのよ』 『苦手なところだけ一緒にやってみようか』 安心させる言葉+提案の言葉をかけてあげるといいですよヾ(@^▽^@)ノ 素直に喜んであげることが今後のやる気を引き出してくれます 『他の子はもっとできてるのに』 など他人と比較するのではなく、 その子の過去と比べてほめてあげる事が大事ですね 福岡教室では7・8月各月で 「サマーレッスン」 を実施します いっしょにお子さまの成長を発見してみませんか ☆詳しくはこちら☆

      1
      テーマ:
  • 09 Jun
    • ハッピーベビー♪

      こんにちは~(*^ー^)ノ 今日も蒸し暑いですね 暑くなると無性にきゅうりが食べたくなるので、昨日も浅漬けにしてぱくぱく食べました さて、今日はとってもかわいい赤ちゃんが体験レッスンに来てくれました まだ2ヶ月目の赤ちゃんですが、私やママの言葉がけにもたくさん反応してくれたり、かわいい表情もたくさん見せてくれました 七田では、5ヶ月目までの赤ちゃんは『ハッピーベビーコース』に通って頂いています ハッピーベビーコースでは、赤ちゃんの発達理論のお話、運動機能や視覚・聴覚・触覚などの感覚機能の発達を促す取り組み、ご家庭での環境作りのお話などをさせて頂いています 5か月目までのそれぞれの時期に必要な働きかけをお伝えすることによって、ご家庭でも楽しく取り組んで頂いています ご興味のある方は、ぜひ参加されてみて下さいね お待ちしております ☆詳しくはこちら☆

      テーマ:
  • 08 Jun
    • グングン成長!!

      こんにちは 福岡教室のブログをご覧いただき、ありがとうございます 今日は月に一度の「大丸 マミーカンガルー」さんでの出張レッスンでした 0~1歳のお友だちにご参加いただき、賑やかにレッスンしてきました 今日は2か月ぶり、何か月ぶり と久しぶりにご参加いただいたお友だちも多く、成長したお子さまにお会いできてとっても嬉しかったです 0・1歳の時期は、2か月お会いしないとグンと身体も行動も成長していて、うれしい驚きがいっぱいです ジーっと座っているだけだったのが、ハイハイできるようになっていろいろなものに興味を示して動きまわったり… よく動いていたお子さまが少し成長してカードを集中して見れるようになったり… お母さまが遊んで見せてあげているだけだったのが、色がわかるようになって「一緒いっしょ~」と色の対応ができるようなっていたり… それぞれ成長の時期があったり個性があったり、こちらが成長を楽しませていただいてます 幼児期の成長はあっという間 1か月でもグーンと成長しますよ 福岡教室では7・8月各月で 「サマーレッスン」 を実施します いっしょにお子さまの成長を発見してみませんか ☆詳しくはこちら☆

      1
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 赤ちゃんと繋がる時間

      こんにちは~ 福岡教室の井上です 福岡にありますデパートの「大丸」さん。 七田の福岡教室では、この「大丸」さんの中にある マミーカンガルークラブという会員向けサービスの一環として セミナーをさせて頂いたり 毎月体験レッスンをしたりしています! 今日は妊婦さんを対象としました「マタニティーセミナー」で 30分程度の枠でしたが「胎児期の大切さ」を 話させて頂きました。 赤ちゃんはママのおなかの中でも 外の音を聞き取ったり ママの気持ちを受け取ったりする能力があると いわれています! ママと赤ちゃんが一つでいられる時期は 10ヶ月間と限られています お母さんが感じたことを素直にそのまま 赤ちゃんに伝えることが大切なんです! ママの想いは「赤ちゃんの想い」 胎児期に大切なことは3つ・・・ 「ママのこえ」 「ママのこころ」 「ママのうごき」 お母さんの優しい声で赤ちゃんの感性が育ちます! お母さんの想いで赤ちゃんの情緒が育ちます! 元気にてきぱきと動くことで性格の方向性にも 影響すると言われています! 元気な赤ちゃんとのご対面のその日を 楽しく、わくわくして待っていただきながら 日々、赤ちゃんとの「想い」を 通い合わせてみてくださいね! 胎教コース(月4回:1回2時間)随時受付中です! 無料体験レッスンの日程はこちら

      1
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 読み聞かせで学力向上

      将来の学力は、10歳までの「読書量」で決まる。 書籍等でもよく言われているように、勉強ができる子・学力の高い子は 本好きであることが多いです。そして、読書が生活の中で習慣になっています。 本が学力を伸ばしてくれる理由は、読書により日本語を理解し、 日本語を用いて表現する力=国語力がつくからです。 大人でも何か勉強を始めようと思って本を買ってきたとき、読む力が乏しいと理解したり 新しい知識を得たりすることは難しいですよね。学習能力の基礎となる、言語能力を 育むことが学力向上のポイントとなるのです。読書の習慣は、子どもが小さな頃から 親が絵本を読んで聞かせ、本に親しんで育つことで自然と身につくものです。 しかし無理やり読み聞かせをするのでは効果がありません。無理やりはいつでもダメです。 常に子どもの気持ちが先行していなければいけません。 「子どもが楽しむから読んで聞かせる」 「子どもが同じ本を聞きたがるから繰り返し聞かせる」 というのが、読み聞かせの大切な条件です。 そのようなパターンを作り上げると習慣も上手くいきます。

      1
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ランキング

総合ランキング
211347 位
総合月間
208547 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。