埼玉県熊谷市の自宅に放火し、両親と長男の3人を焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた無職、斉藤綾被告(29)の判決が25日、さいたま地裁であり、傳田喜久裁判長は「生命の尊厳を全く顧みず、とうてい許されない」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 弁護側は、斉藤被告が当時心神耗弱状態にあったと主張したが、裁判長は「犯行の際の記憶が保持されている」などとして、被告に責任能力があったと認定した。 

EPA看護師 国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
山手線トラブル、原因は切れた情報通信ケーブル(読売新聞)
高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)
民主との「距離感」に悩む連合、内部から懸念の声(読売新聞)
群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)
AD