経済産業省が20日発表した昨年11月の第3次産業活動指数(2005年=100、季節調整済み)は、前月比0.2%低下の96.6と、2カ月ぶりのマイナスになった。
 給与水準の低下を背景に、飲食料品などの卸売・小売業やサービス業、宿泊業が低調だったほか、情報通信業も官庁や企業向けのソフトウエアの受注が減少し低下した。
 一方、不動産価格の下落により取引が増えた不動産業、物品賃貸業は前月比プラスだった。 

【関連ニュース】
第3次産業指数、2カ月ぶり上昇
第3次産業活動指数0.5%減=9月
8月の第3次産業指数、0.3%上昇
2カ月連続で上昇=7月の第3次産業活動指数

<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
<ノリ養殖>色落ち深刻、養殖網の一部撤去始まる/栄養塩不足が原因か(毎日新聞)
足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)
<訃報>土方与平さん=秋田雨雀・土方与志記念青年劇場顧問(毎日新聞)
AD