間違えたクレジットを入れられたら
それもあるわなと思うことが最善の策です。
本名でやってる頃は悌治をよく悌二に間違えられてて
結局「浅沼テイジ」にしました。
この公文の仕事の場合「浅沼テージ」になってるのを今(20!7年)に発見しました!
まあこれもありかなと思います。
AD

デタラメ感

テーマ:

これは手描きじゃないと出せない味というか整理しちゃダメな分野で

自分のテーマとしての絵じゃなく手グセ、目グセの絵です。

手グセは文字通り手のクセが前に出てること。

目グセはモノを自分本位で確認なしで見るってこと。

ほっといたらそうなちゃったて絵です。(ここ重要)

いわば世間とのバランスを取らないで生きるってことです。

これを無意識で出来ると最高のC級Z級の痛快メタルイメージの完成なのです!!!

 

 

 

AD

少女主義

テーマ:

自分の内なるイメージは「少女主義」に尽きると思う。
僕の作ったメイデンという曲の頭で
「バカね 傷付いたりしないわそんなのおばかな乙女の伝説よ」
という詞を書いた。
それに象徴されるように、どうやらどこまでも強情を張る
毅然とした女性が好きなイメージみたいなのだ。

アートディレクターに「子供の図鑑」ぽい絵を注文されて描いたもの。今思えばまさしく自分の性格を読んでの注文だったと思う。
そんな関係が実在感のあるイメージを作っていくのだとも思う。
今度は自ら「少女図鑑」を完成させたい。