支払いもれ

テーマ:

4月12日の日本経済新聞・朝刊に、生保各社が進めている保険金等の支払い漏れ調査についての記事がありました。

記事によりますと、

〈保険金の支払い漏れがあったかどうかを総点検している生命保険各社は13日に調査結果を公表する。生保側のミスによる支払い漏れの件数や総額を公表するが、請求書や診断書だけでは漏れたかどうかわからない契約の精査に手間取っている。大手生保4社は契約者に保険金の請求案内を6月末までに出し、漏れの有無を確認してもらう手続きに入った。一部の生保はこうした契約分も公表する方針だが、最終的な支払い漏れの確定は夏にずれ込む見通しだ。〉

とのことです。
【記事の内容】
以下、記事の内容です。

【不払いの可能性ある保険・契約者に「請求」要請。生保4社、6月末までに案内。あす調査結果発表】
 保険金の支払い漏れがあったかどうかを総点検している生命保険各社は13日に調査結果を公表する。生保側のミスによる支払い漏れの件数や総額を公表するが、請求書や診断書だけでは漏れたかどうかわからない契約の精査に手間取っている。大手生保4社は契約者に保険金の請求案内を6月末までに出し、漏れの有無を確認してもらう手続きに入った。一部の生保はこうした契約分も公表する方針だが、最終的な支払い漏れの確定は夏にずれ込む見通しだ。

 金融庁は2月、生保全38社に、追加で支払うべき保険金の調査を命じた。各社は2001~05年度に保険金を払った契約を対象に、事務作業ミスなどで支払いが不足した契約や、契約者から請求がなかったことで払えたはずの保険金を見落としたケースはないかどうかを調べている。

 調査対象は日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手4社だけで1000万件超ある。各社はすでに事務ミスによる支払い漏れの調査をほぼ終え、13日に結果を公表する。だが保険金や給付金を請求し忘れている可能性がある契約については調査が進まず、契約者に改めて請求するよう促す必要があると判断。案内状を送り始めた。追加の請求書や診断書を送ってもらい、実際に保険金や給付金を払えるかどうか査定する。

 例えば入院した場合に保険金が支払われる契約に「通院特約」が付いているケースが多いが、通院費の請求を忘れる契約者が多い。退院から120日以内に通院した場合に1日あたり数千円を払うが、退院時に入院給付金だけを請求して、その後に通院しても請求しない例が多いという。この場合は通院したかどうかを契約者に問い合わせる必要があるため、入院の診断書や請求書だけでは支払い漏れかどうかがわかりにくい。

 がん、急性心筋梗塞(こうそく)、脳卒中になった場合に保険金が支払われる「三大疾病特約」も契約者が請求を忘れることが多いという。例えば脳卒中は、言語障害などの後遺症が出て初めて保険金がおりる。生保は請求書だけではなく、後遺症が出たかどうかを契約者に確認する必要がある。

 こうした契約は最終的にどの程度が支払い漏れになるか分からない。このため一部の生保は支払い漏れの可能性がある契約として公表する方針である一方、一部の生保は支払い漏れの金額が確定しないとの理由で公表を見送る方向で検討を進めている。13日は、公表対象がばらつく可能性が出てきた。

私の契約で今回、不備は見つからなかった・・。

AD

@えびす

テーマ:

ととベエ

恵比寿に14時のアポで出かけた。

池袋で埼京線に乗り遅れた。その遅れを挽回しようと、湘南新宿ラインに乗り込んだが、

なんと、恵比寿の見慣れたこの店の上を停まらずに大崎まで行ってしまった。

I社長にお詫びのメールを入れる始末・・・。久しぶりのドジに少し落ち込む。


帰りにはこの店、駅前の激ウマ海鮮どんぶりの店、『とと兵衛』である。

日替わり3色丼が、600円。ご飯にお吸い物お替り自由!

ものすごい店である。そしてうまい!


家の近所に欲しい名店である。


AD

池袋・目黒・溜池

テーマ:


糸 ←糸から裏地まで選べる!
今日は午前中で研修。いま何かと話題のT損保。2時間みっちりだ。

うちの契約で不備が出ないことを祈る。


午後は目黒のフレイム・佐藤社長を訪問。

年末に、お客様のお店でお会いし、情報交換させて頂いた。

あの○ーバンとおなじ服地で、パターンメイドで、デパートで10数万円で売られている

スーツが、何と!39,800円!

さすがにロゴは、FLAIM、になりますが(当然)。

安いので早速お客様や知り合いに紹介をした。

さっそく、興味を持ってくれた方も今日の午後、訪れるはず。

いい紹介になればうれしい。

角

↑場所は目黒駅からまっすぐ!目黒通りを歩き、

首都高をくぐったこのラーメン屋の角を右。徒歩、4,5分。

事務所コストをドン!と下げたので出来た価格。

スーツが高いのはほとんど人件費だそうです。

佐藤社長と田部さんが迎えてくれます!


3時からは溜池。

元気と勇気をもらう。

今後の方向、やり方、育成の方法を打ち合わせる。

私のグループが元気がいいのがうれしい。

やはり何事も、『心』が大事なんだなぁ、と再確認。


帰りはK氏とメトロで帰宅。

AD

池袋、そして志木。

テーマ:

12日は、池袋でミーティング。

カンタンな紹介トークをみんなで勉強。

とってもカンタンでシンプル、かつ心に響く内容に、みんなで『これは行ける!』と。

K見さん、お饅頭ありがとう。

今度から部屋は、DAMの部屋にしましょうね。勉強になりました。

饅頭

夜は先輩のF島さんの所へ!

下板橋に支店を出す準備で忙しそうだ。

9時過ぎに志木の本社に行く。

いま加入していただいているS社のガン保険を、TA社に変えることをお勧めする。

保障内容が全然違うのと、ガンで戦っている方たちのことを知っている身としては、

大事な人にはベストなものを勧めておきたい。


意外にも健康体(?)なことを知り、今度、全体的な見直しの提案をさせて頂くことになった。

そう、健康なうちしか保険に入ることは出来ない。


でも、保険は使わないですものが一番。F島さん、老後のお茶のみ相手は多いほうがいいので、

ともどもにもう少し健康体を目指しましょうね。



11日は八王子へ!

テーマ:

K

お客様のKさまに会いに八王子に。

工業団地にある、某光学機器の工場に勤務で、長い長い当社のお客様。

お嬢様が誕生して、学資保険を検討していたとのこと。


数社、子供保険を出している中から、一番ご自身に会うものを検討していたそうで、

今回、お話をいただきました。


お話したのは、『目的は何ですか?』ということ。


子供のための死亡保障なのか、子供の医療保障なのか、

それとも、将来必ず起きる学費という出費に対しての準備・運用なのか?


ポイントを絞れば、BESTなものが見つかります。


今回は、お役に立ててよかったです。

お子さんのために、いつまでも健康でいてあげてくださいね。

@高坂

テーマ:

Kさんからの紹介で、東武線を北上。


ふじみのだろうと思い、そこまでしか切符を買わなかったら、


行き先は、坂戸の奥、高坂とのこと!


なるほど、それで待ち合わせが早かったのか・・・。納得。


行った先は、Z労災に12口加入していて、見直しをしているとの事。


目的に合っていないものは、全部整理!


入院保険と、ちいさな死亡保険だけ提案。


『なんだか解らないうちに色々入っちゃってて、


どれをどうしたら良いのか、アドバイスしてくれる人がいないのよねぇ。』


とのこと。そうなんだろうな。


『それが一番得意です。外交員の言いなりに入る時代じゃありませんよ。


                         ぜひ、なんでも聞いてくださいね。』


うーん、無駄な掛け金払っている人、多いなぁ。




保険市場

おきゃくさまのAさんからの依頼で、ご自宅を訪問。

自宅を購入を機に、今後のライフプランを確認したいとのこと。

豊洲自体、駅前にビルがドンドン建ち、東京ウォーターフロントの様相を呈している。

で、早速迷ってしまった・・・。

○ニーのソフト、LiPPSでいろいろお話に花が咲く。

いつも美味しいご飯をご馳走になる。奥様ありがとうございます!

久しぶりにお客様と会うと驚くのがお子さんの成長だ。

う~ん、もうしっかりおにいちゃん!照れるのがカワイイ。


さて、帰りに寄ってみたのが、豊洲ららぽーと

馬鹿でかいです。

最近はもう驚きませんね。中のテナントは川口のアリオと変わんないし・・・。


で、最近流行の、保険の路面店がありました。45社の商品を扱っているそうです。

でも、少ない手数料で家賃払えるのだろうか?

この手の手法は、最初だけで続かないことが多い。

ちなみにこの手のさきがけ、イオングループは撤退を考えてる。

ちなみにこの保険市場も誰もいませんでした。


いずれなくなるでしょう・・・。

保険って、やはり対面販売が基本だとおもいます。

伸びているのは、コンサルティングセールスの生保だけということも考えると、

やり方で目先をかえるだけではダメだと思う。

そこにお客様のニードはないんですね。


賢い保険の入り方

テーマ:

自分に合った保険に加入するために必要なことは、

まず、「何のために保険に入るのか(保険に加入する目的)」と

「どのくらいの保障が必要なのか・何歳まで保障を続けるのか(目標)」

を明確にすることです。
当たり前のことのように思われるでしょうが、この「目的(加入目的)」と

「目標(必要保障額と必要保障期間)」が不明確のまま保険に加入している人が圧倒的に多いのです。

1)「目的」:例えば、保険に入る人(被保険者)の
①病気・ケガによる入院及び手術費用の確保のため。
②葬儀費用を周囲の人間に負担させないため。
③残された家族が生活するのに困らないだけのお金を残すため。
④定年後の生活資金の準備のため。
などということが「目的」に当たります。

2)「目標」:加入する保険の保障がいつまで(何年間、あるは何歳になるまで)

必要なのか(「必要保障期間」の決定)、ということと、

保険会社からご自身やご家族に支払われる金額(保障額)を

いくらにするのか(「必要保障額」の決定)、ということが「目標」にあたります。
具体的には、「必要保障期間」であれば、
①被保険者の一生の期間(死亡するまで)。
②妻が自身の老後の年金を受け取るまで。
などとなります。

また「必要保障額」であれば、
①死後、妻子が生活苦に陥らないために必要な金額

(例えば毎月の生活費として毎月10万円など)。
②自分が死亡した後も、子供が学業を修了するまでに必要とする金額。
などとなります。

極端な言い方をすれば、「目的」と「目標」を明確にしないまま

保険に加入してはいけないのです。
もし「目的」も「目標」も不明確なまま、営業パーソンに勧められるまま

保険に加入したのであれば、

無駄にお金を払っている確率が高いといえます。


沖縄より来訪

テーマ:

仲間


沖縄より、お客さまであり、ビジネスパートナーでもあるT氏一行が来社したときの写真を。

みな、顔が濃い・・・にひひ


下戸で甘いものスキの私のために、こんなお土産も。

有難うございます!


黒砂糖 ←沖縄地方の島特産の黒砂糖の詰め合わせ。


島によって、形・味、みな違うんですね。でもこのあと、会社の人たちに奪われてしまった。


今日も沖縄とTVミーティング。気合が入る。


昨日は、東海さま来社。

Y氏、ガン保険契約、Yさん、共済契約。V社のA氏より、保険加入の申し出あり。

Uさんからも来月、誕生日前に契約の申し込みあり。

K姉、Oさん、連絡再度しなければ。

保全

テーマ:

お客様から連絡が入る。

既契約に関してのご相談だ。私なりに幾つかアイデアを考えて、職場に向かった。

ラッキー、駐車スペースがある。5分遅れで到着。

着くなり、『あ、こんにちわ!ご苦労様です!』と若いスタッフから声をかけられる。

皆、元気がいいから気持ちがいい。

目が輝いているひらめき電球目力が違う。きっと仕事が楽しいんだろうな。

つい、私も元気良く、返事をしてしまう(笑)。


面談は、30分くらいだっただろうか。


最終的に、方向が決まったので、来週、書類を作って再訪する約束を取る。

印鑑だけは用意をお願いしますね!

青山さん  Aさん、いつもお世話になります。仕事頑張って!メラメラ


【昨日の結果】

お客さまに、会社から手紙が速達で届いていた。ヨカッタ!

わざわざ電話を頂く。今日、病院に検査に行って頂けるとの事。

今晩は、お酒・コーヒー、辛いものは食べないようにお願いをする。

あと、バナナ酢をしっかり飲んでいただく事を頼んだニコニコ