少し早いのですが…

テーマ:

今日は大引け後、クライアントさんのところへお出かけとなります。

更新が夜までできないと思います。よろしくお願い致します。

 

念のため、ここまでの今日の大きな変動銘柄です。一部だけになります。

 

オロ(3983) 

オロ<3983>は19日、開発・販売するクラウド型統合業務システム「ZAC Enterprise」の販売累計ライセンス数が100,000ラインセンスを達成したと発表した。
「ZAC Enterprise」とは販売管理、購買管理、勤怠管理、経費管理などの機能を持つクラウド統合業務システムである。プロジェクト別の利益管理を実現し、業務効率化による生産性の高い利益体質の組織づくりを目指す企業の導入が順調に進んでいる。販売累計ライセンス数は、2014年に50,000ライセンスを達成しており、約3年で2倍に拡大した。導入実績も400社超となっている。
同社は、今後もホワイトカラーの生産性向上に貢献すべく、ソリューション提供に力を入れていくとしている。

 

遠州トラック(9057)

大幅に3日続伸し年初来高値更新。アマゾンジャパンが最短即日で届ける生鮮食品販売「アマゾンフレッシュ」を4月21日から開始すると従前に一部メディアが報じており、これを前に思惑買いが向かっているようだ。この報道によれば、「アマゾンフレッシュ」は毎月の会費を支払った会員向けに魚や野菜など日持ちのしない生鮮食品を注文した当日や翌日に配送するサービスで、既に米国や英国の一部で始まっているという。

 

ソレイジア(4597)

ソレイジア・ファーマ<4597>が連日の急騰。前日のストップ高に続き、この日も一時、前日比18%高に買われている。商いも膨らみ、売買代金は全市場ベースで任天堂<7974>に続く2位に顔を出している。全般相場が方向感に欠ける展開となるなか、値の軽いバイオ関連株として目先筋を中心する買いが集まっている様子だ。
同社は先月24日に東証マザーズに新規上場した赤字のバイオベンチャー企業で、悪性腫瘍の治療を目的とする医薬品の開発・販売が主な事業。株価は600円台に乗せ、公開価格185円から約3.4倍の水準に上昇している。売買単位は100株であり6万円台から投資ができる手掛けやすさも人気を呼ぶ要因となっている。

 

旅工房(6548)

ストップ高。4月18日にマザーズ市場へ新規上場し、翌19日に公開価格の約2.7倍となる3750円で初値を付けると、4140円まで上昇してその日の取引を終えていた。引き続き需給良好な直近IPO銘柄として物色を集めているようだ。同社は、オンラインでの国内及び海外向けのパッケージ旅行の企画・販売や、航空券の販売、宿泊手配、オプショナルツアーの手配等を行っている。

 

enish(3667)

enish<3667>がストップ高で年初来高値更新。直近では短期資金が集中し、前日までストップ高を含む5連騰となっていたが、この日は、日本国内で配信しているみんなで×つなげるバトルRPG「12オーディンズ(トゥエルブ オーディンズ)」を中国で配信すると発表しており、これを好感した買いが入っている。
「12オーディンズ」は、プレイヤーが、世界を滅ぼしかけた魔龍の爪あとが残るウルザールを舞台に、「約束の地」を求めて冒険に旅立つというストーリーで、個性豊かなキャラクターとの出会いや交錯する思いと人間模様など、仲間との連携が熱い、みんなで×つなげるバトルRPG。今回の中国配信では、中国のOPD2C社(上海市)と独占的ライセンス契約を締結したことで実現し、配信は今年夏ごろを予定しているという。

 

シンプロメンテ(6086)

大幅続伸。4月10日付で乃村工藝社<9716>との資本提携及び業務提携に関する最終契約締結の協議期間を延長するとのリリースを公表していたが、27日に最終契約締結を行う見通しになったと発表している。乃村工藝社の完全子会社であるテスコと株式交換を行い、テスコを完全子会社とする。乃村工藝社に交付する同社株式は発行済株式数の10%をメドとしている。

 

東芝(6502)

東芝<6502>は大幅続伸。半導体メモリー事業買収を目指す台湾の鴻海精密工業の提案の全容が報じられている。アップルやアマゾンなど米3社と、傘下のシャープ<6753>など日本企業で「日米台」の連合を組むようだ。東芝<6502>が株式の2割、日本企業が2割、米企業が4割で鴻海の出資比率は2割にとどめるという。中国に近い台湾企業への売却を懸念する声もあったが、報道を受けて買収実現への期待感が高まる格好に。

 

以上です。よろしくお願い致します。

 

では、また夜にでも…。未熟ですいません…。(-。-)y-゜゜゜

AD