沖縄県の仲井真弘多知事は10日午後、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐり平野博文官房長官と首相官邸で会談する。
 仲井真知事は、社民、国民新両党が独自の移設案を政府・与党の検討委員会にそれぞれ提示したことを踏まえ、検討委委員長の平野長官に政府の検討状況の報告を求める。同時に、政府が検討しているキャンプ・シュワブ陸上案(同県名護市)は受け入れられないとの立場を伝えるとみられる。 

【関連ニュース】
普天間で頭がいっぱい?=鳩山首相、議場で勉強
国内案に地方組織反発=普天間移設
野党の挑発に乗らない=普天間で再び「覚悟」触れる
移設先検討、与党の理解得る=平野官房長官
報告書、国民の視点に立たず=我部政明琉球大教授

日本音コン 受賞者が東京で発表演奏会(毎日新聞)
<普天間>移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調(毎日新聞)
「首相は劉邦」と前原国交相 (産経新聞)
福島党首、自衛隊合憲認める(産経新聞)
スカートの下にカメラ入れる、巡査を現行犯逮捕(読売新聞)
AD