大阪市は12日、平成18~20年度に当時勤務していた市立瓜破斎場(平野区)の火葬料収入410万円を着服したとして、環境局平野工場の男性職員(33)を懲戒免職処分にした。職員は今月1日に全額を返還したが、大阪市は刑事告発を検討している。

 この職員は平成17~21年度に、親族が死亡したと偽り、計10日間の忌引休暇を不正に取得していたことも判明した。

【関連記事】
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
大阪市立斎場「心付け」問題 17、19年にも市に通報
大阪市立斎場の職員が自殺 「心付け」めぐる疑惑の中
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市

<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
参院改革協、定数是正は平成25年以降に持ち越し(産経新聞)
ギョーザ事件 急転直下の容疑者逮捕でも依然残るナゾ(産経新聞)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
AD