武道館&東京ドーム

テーマ:

昨日の晩、J-SPORTSでWBC、G+でNOAHを見ていた。

どっちつかずで見ていたものだから、いいところを見逃しまくり(苦笑)


武道館にはjamanさんが行ったようです。

うらやましいぞ、jamanさん!!


ということで、まずはNOAHの話から。

第7試合の小橋健太 VS KENTAのヘビー、ジュニアの『ケンタ対決』。

KENTAが非常に頑張りましたね。

最後に小橋がバーニングハンマーを出すくらいだから、KENTAがそこまで小橋を追い込んだってことでしょうね。

何しろ、ここ最近、小橋のバーニングハンマーを見てなかったですからね・・・しかも、リストクラッチ。

これは逃げられないし、食らったらジュニアのKENTAは立ち上がれないよな。

まぁ、ヘビー同士の対決の時は、肩の上に相手を乗せる技なだけに、なかなか決まる技ではないのだけど・・・。


メインイベントの秋山準 VS 鈴木みのるの『性悪対決』。

両者とも性格が悪いと言われているだけに、ある意味注目していたのだけど、秋山が肋骨を痛めていて、そこを卍固めで執拗に狙う鈴木みのるの方が、性悪は1枚上手のような気がした。

そして、ビンタ合戦・・・これも肋骨を痛めている秋山の方が威力がなかった。

最後はリストクラッチエクスプロイダー。

かなりヤバい角度で鈴木みのるがマットに叩きつけられていたけど、叩きつけられた瞬間『うぉっ~、こりゃやべぇだろ!!』って叫んでしまった。

最後はまともに歩けない感じだったけど、あれでも大丈夫なのがプロレスラーなのだろうな。

でも、試合的には・・・ちょっとイマイチだったかな。

まぁ、決着はついてないと思うので、今度は両者万全の時の試合が見たい。

っていうか、俺的には、やはり秋山と小橋に決着をつけてもらいたいんだけどね。


さて、WBC。

盛り上がってるんだか、盛り上がってないんだかよくわからないけど、結局アジア2位。

イチローもあんまり打てなかったみたいだし、地元?アメリカに行ってからの活躍に期待しましょう。

イ・スンヨプは日本の投手に慣れてるね。

WBC後のジャイアンツでの活躍に期待です。


昨日はランドに行きたかったのだけど、昼間にお客さんが来ることになっていて、行けませんでした。

来週の日曜も行けないし、しばらくランドには行けなさそうです。

ランドどころか、試合も微妙だけど・・・。

AD

やっとオリンピックネタ(苦笑)

テーマ:

やりましたね、荒川選手。

おめでとう、金メダル!!


これでようやくメダル1個。


ネタ切れの2月にネタを提供してくれないオリンピックにあきれていたけど、これが最初で最後のオリンピックネタですかね・・・メダルと共に(苦笑)


村主にもメダルをあげたくて、家を出る間際にテレビを見ながら、ロシアの選手に『こけろ!!こけろ!!』って叫んでました(笑)


でも、最後まで見られずに出勤・・・電車の中で高校生たちが『金メダルがどうのこうの・・・』ってしゃべってるのを聞いて、『こりゃ獲ったな!!』って思いましたよ。


それにしても、今回のオリンピック、時期が時期なだけにまったく見ることができず・・・今朝、初めてライブでみたくらいでした(苦笑)



AD

ミッキーといえば

テーマ:

俺は松永幹夫をミッキーと呼んだことはないのだけど、世間ではそう呼んでいたらしい。


      matunagamikio02

その松永幹夫が、今月いっぱいでジョッキーをやめて、調教師になる。

38歳だから、若い調教師だよなぁ。


      matunagamikio01


松永幹夫といえば、牝馬が得意ってイメージ。

実際、G1レース6勝のすべてが牝馬での勝利。

1.イソノルーブル(オークス、平成3年)

2.ファビラスラフィン(秋華賞、平成8年)

3.キョウエイマーチ(桜花賞、平成9年)

4.チアズグレイス(桜花賞、平成12年)

5.ファレノプシス(エリザベス女王杯、平成12年)

6.ヘブンリーロマンス(天皇賞秋、平成17年)


本人は最後の天皇賞が一番思い出のレースと言ってるけど、個人的にはイソノルーブルにやられた!!って思いが強い。


それにしても、見事に牝馬でしかG1を勝ってない(苦笑)

上の写真の通り、さわやか系だから、人間・馬ともに女性にもてたのかな(笑)


ジョッキーとしてもまだまだやれたと思うんだけど、調教師として頑張って欲しいし、今度は牡馬でG1をとって欲しい。

AD

スーパーボール

テーマ:

日本時間の明日午前にNFLのスーパーボールが行われる。


今年はシアトル・シーホークスとピッツバーグ・スティーラーズの対戦。


正直、どっちにも思い入れはない・・・AFCのチャンピオンシップで、デンバーが勝っていたら、デンバーを応援したのだけど。

すまん、修くん(苦笑)


デンバーと言えば、かつてジョン・エルウェーというエースQBがいて、エルウェーの晩年の1997・1998年とスーパーボールを連覇。


個人的にはサンフランシスコが好きだったので、ジョー・モンタナやスティーブ・ヤングといったQBが好きだったのだけど、デンバーのエルウェーも好きだったな。


なんで、デンバーかっていうと、妹がデンバーにホームステイしていたことがあり、その時のおみやげにデンバーのキャップを買ってきてくれたから・・・物に弱いんです(苦笑)


今は、ほとんど知ってる選手がいなくなってしまったけど、明日のスーパーボールは録画して、帰宅してから楽しもうと思っている。

高校サッカーは準決勝の2試合ともなかなか見応えのある試合でした。


第1試合は昨年の覇者鹿児島実業と菊池新吉の母校遠野高校。

この試合、実は遠野高校を応援していたのですね。

というのも、遠野高校は菊池新吉の母校でもありますが、法政大学サッカー部の照井監督の母校でもあるのです。

でも、結果は3-0で鹿児島実業が完勝でした。


第2試合は、山口の多々良学園と滋賀の野洲高校が対戦。

多々良学園は経営難から学校が無くなってしまうかもしれないという話もあったので、ちょっと注目していましたのですが、相手の野洲高校もパスサッカーで、エースストライカーの青木はすでに千葉に内定しているということで、これも注目してました。

結果は1-0で野洲高校が勝ちましたが、パスサッカーは見事でしたね。

調子がいい時のヴェルディを彷彿とさせるものがありましたよ。


これで明後日の決勝戦は鹿児島実業と野洲高校の対戦が決まりました。

面白い試合になりそうで、今から楽しみです。



さて、今日は高校ラグビーの決勝もありました。

神奈川の桐蔭学園と京都の伏見工業の対戦でした。

結果は36-12で、伏見工業が5大会ぶり4度目の優勝を果たしました。

桐蔭は前半やられすぎでしたね。

というより、伏見工業のラグビーが完全に上回っていましたね。

フォワード、バックス一体となったいいラグビーをしてました。



サッカーとラグビーを交互に見ていたので、実は野洲高校の得点シーンを見られませんでした(爆)