F1 鈴鹿 JAPAN GP 決勝 コメント

テーマ:
M シューマッハメモ
「僕たちは素晴らしいチームだ。チームスタッフ達は最高だし、僕はフェラーリの全員に対して深い愛情を感じているよ。そして僕たちの作業で は、常に僕が満足する以上のものを生み出している。きょうのような事は起きる可能性があるし、それもまたレースの一部だ。勝つときも、また負けるときも一 緒なんだよ。きょう僕らは全力を尽くし、僕はレースでトップを走っていて、そしてエンジンが壊れた。簡単に要約すればそういうことだ。これがF1だよ。カ ナダGP以来、僕たちが達成したことについては誇りに思っていいはずだ。僕たちは25ポイント差をつけられて、チャンピオンシップ獲得争いに復帰するだろ うとは誰にも考えられなかったんだ。でも僕たちはそれを成し遂げた。いま僕たちはコンストラクターズ部門で9ポイント差をつけられている。ブラジルでは何 としてでもこのタイトル獲得するよ。ドライバーズタイトルに関しては、もう終わったね。僕はライバルのリタイヤを望むようなレースはしたくない。そんなや り方でタイトルを獲得したくはないよ」

バトンメモ
「4位というきょうの結果には満足だ。堅実なレースができたし、チャンピオンシップのことを考えたら、最善を尽くせたと思う。スタートはル ノーよりも良くて、オフラインから1台抜くことができた。タイヤの状態も良く、トヨタの2台の前に出られた。チームはきょうもピットストップで素晴らしい 仕事をしてくれたよ。ホッケンハイム以降、ずっといい感じできている。今はまだ、チャンピオンシップ争いをしているトップ2チームには届かないけど、いつ か絶対に追いついてみせるからね。僕を信じてよ! 来シーズン、鈴鹿でのレースがないのはすごく悲しい。ここはまるで、自分のホームグランプリのように感 じるんだ。でも、きょうのところはまた4位入賞を果たし、自分とチームのために5ポイントを獲得できたので良かった」

ライコネンメモ
「僕たちのスタート位置からすればいい結果だったね。でも実際のところ、5番手争いは十分とは言えないし、今週末僕たちが欲しかった結果で もない。きょうはマシンの感触が格段に良くなったよ。特にロングランではね。でも僕たちのレースは昨日の予選で負けが決まっていたんだ。昨日はとにかく出 せたはずのマシンのスピードを出し切ることができなかったからね」


フラッグブラジルGPで もう~ 最後か 早いな~車


AD