第六期 KUMONママサポーター になりました〜爆  笑
 
KUMONママサポーターの紹介 ページから、証拠画像をば・・・
 
フルタイムワーカーで保育所育ちの長男が、第二子出産後の年中組夏からくもんっ子。大好きなすうじを書けるようになるのが楽しかった頃から、小1の今は二学年越えた内容で四苦八苦。現在三児の母。下の子のはじめどきが気になるくもん未体験アラフォー。兵庫県西宮市在住。
 
当ブログを書いている saylappy こと say_la は
ブログタイトル通りの3児のママなのであります。
 
ママさんアメブロガーが気になるアメブロの活動に・・・
と言うものがあるのです。
 
アメブロでブログを書いている様々なママさんたちが、
くもん式について学ぶ機会を得つつ、
ブログ記事でくもんについて伝えるポータルサイトが、
で、折よく、第六期のメンバー募集があったので、応募したところ・・・
見事合格したのでしたダーツ
 
さて、画像で引用した自己紹介文にも書いた通り、長男は小1です。
小1クンの話は、このブログでも何度か出て来ています。
 
 習い事をがんばる小1クン↓
 (この頃、もうひとつの習い事に全く身が入っていなかったと書いてますね・・・
   そのもうひとつの習い事が、くもんですあせる
 
 世界は自分の捉え方ひとつだと、ジュウオウジャーの例で気づいた小1クン↓ 
 
現在の小1クンは、毎日くもん教室から持ち帰った宿題を5枚ずつやる。
という日課をすすんでこなしつつ、
自ら設定した高い目標に向かって頑張っています。
 
保育所のころは、課題がカンタンな事もあり、毎日10枚プリントをやり遂げていたことも・・・
その積み重ねで、今年はさんすう・数学で初めての高進度学習者賞を受け、記念品を手にしていました。
 
{5BFA12F2-0F07-494C-9362-6AEB6A2E9F6A}

これは箱デス・・・。
記念品の鉛筆型の置物は、
彼が管理している鍵付きの引き出しに入っていて、
カンタンに撮影の許可が降りませんでした(笑
大事にしているんですね、彼なりにドキドキ
 
 
それにしても・・・
なぜ、幼少のころから、何学年も先の課題をこなすところまで頑張れるのか?

・・・教材と指導者になにか秘密があるのに違いない・・・
 
自分自身はくもん式育ちではなく
むしろ「なんで、くもんっ子はこんな解法するんだぁ〜!?」と
同級生や、塾講師バイトで教えていた子の解法に
びっくりギモンを持ったりしてきました。
 
・・・それも、なにか理由があるに違いない・・・
 
そんな秘密や理由が知れたらなぁ・・・という思いで、
くもんについて知る機会を増やしたく、
第六期 KUMONママサポーターになった次第です。
 
もちろん、教室の先生も、いろいろ教えてくれますが、
くもん本部からのお話や、くもんっ子ママとの交流を楽しみにしています!

 
と、楽しみにしているのっけから、
第一回のKUMONママサポーターが集まる機会は、
多忙につき参加できなかったのです〜。残念・・・
 
テーマは、Baby Kumon(ベビーくもん)だったようです。
 
実際にBaby Kumonに通わせた経験のある親子のインタビュー動画はこちら
 
我が家の小1クンは、Baby Kumonスタートではなく、
年中からのスタートでした。
しかし、そこに至るまで、絵本の読み聞かせは心がけてきました。
そこはBaby Kumonとの共通点ですね。

小1クンは、最初にかず・すうじに興味を持ったので、くもん式もさんすうからはじめましたが、
その興味も絵本からひらけてきた・・・という感じはしています。

 
子育てで不安を持ちがちな、第一子子育て中の家族には、
とっても頼りになりそうな気がします、Baby Kumon
 
なぜなら、くもん教室の先生は、
こどもの指導のプロフェッショナル。
わたしも年中以降の第一子の子育てで、
くもんの先生にも助けていただいたことがたくさんあるからです。
 
どこに相談したら良いかわからない子育ての小さなギモンを、
お話しできる場所として、
子供を見守って、寄り添ってくれる場所として、
くもん教室、頼りになる場所になるかもしれませんよー。


KUMONママサポーターの任期は1年と聞いています。
楽しく活動しながら、小1くんの学習をサポートできればと思います。

なにか、聞いてみたいことなど有れば、お気軽にコメント下さいね。
お待ちしています(^-^)
 
 
 
 
 
 
 

ママサポーター第1回テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMONブログネタ:ママサポーター第1回テーマアメママ子育てリアルボイスsupported by KUMON 参加中




『アメママの子育てリアルボイス』はこちら