天氣後報

東京の隅っこにある小さなカフェ周辺の人・事・モノ


テーマ:

きらら舎リニューアル(見た目はあまり変わっていないので、カートのリニューアルって言ったほうがいいのかも)に伴い、カフェの鉱物棚の標本の入れ替えを始めました。

ずっと置いてあって、結構お買い得な価格なのに全然売れないもの・・・・・多分、鉱物棚(だけじゃないけど)がカオスだから気づかないってことが多いかもしれないです。


あとは、売れないといいなとこっそり思っていて、隅っこに置いてあったりするものもあり。


そこで、今日は少しだけそんな標本をきらら舎へ移動します。


まずは砂時計構造の透石膏。



天氣後報-砂時計構造の透石膏/きらら舎


見た目は普通の透明な標本。



これにブラックライト(長波)をあててみます。



天氣後報-砂時計構造の透石膏/きらら舎


すると、内部に砂時計が浮かび上がります。


これはカナダ( Alberta, Willow Creek) 産の透石膏で、直方体を上下・奥と手前でつぶしたような形を2つくっつけたみたいな結晶の形をしています。この結晶の対角線で分けた4つの三角形のうち、対する2つだけが蛍光します。

これを「砂時計構造」と呼びます。


蛍光砂で砂時計を作りたいと思ったのも、この標本がきっかけでした。

(ちなみに、蛍光砂時計の次回販売用はすでに出来上がっていて、あとはKentStudioの枠づくり待ちです)


天氣後報-砂時計構造の透石膏/きらら舎

上の写真はブラックライトの短波を照射したもの。

長波でも短波でも美しい砂時計が浮かびます。


天氣後報-砂時計構造の透石膏/きらら舎

これはカプセル型の簡易ブラックライトをあてたところ。

ブラックライトというからには、明るくてはいけないのですが、LEDのピンポイントのブラックライトで、光自体に青色の色がついてしまっています。白い(漂白されていない)ところにあてると薄い紫色になります。


そんなライトでも砂時計はちゃんと見えます。


ちなみに、結晶の右に見える虹は内部のクラックによるもの。

透明度の高い結晶に見られるもので、透明な内部の結晶が断裂しているため、そこがプリズムとなって虹が見えるものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SAYAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。