人知れず

テーマ:


Two thing ~ふたりのこと~




Two thing ~ふたりのこと~



Two thing ~ふたりのこと~



Two thing ~ふたりのこと~



Two thing ~ふたりのこと~



この場所で もう どのくらい ・・・・・・・・・・





AD

前回の 記事は。


もう 1年以上も 前になるのですね。





ちょっと 自分でも


驚いています。





あれから


時間が たくさん 流れましたが。







私と 彼は


相変わらず 繋がっていて。







たまに 会ったりしています。












昨年。





3月に。



彼の過去のこと ( 私以外の 女性関係 )が


奥さんの 知るところとなり。





彼は 修復に 努めてきました。


今も そうです。







あんなに 遊びまわっていた 彼が。



家庭をという 形を 保とうと 頑張っています。






・・・・・・・ただ。



変わらず 私との 関係は


続けていますが。





それは 私の 意志でもあり。


彼の 意思でもあり。








こんな 関係なら


なおさら


お互いに 続けようという 気持ちがなければ


時間も 作らないだろうし


連絡も 途絶えるだろうし。







不安定な 家庭を 保ちながら


それでも


私を 切ろうとしない 


彼の 心の 奥底は 計り知れないけれど。







別れる 選択肢を 与えた 私に


別れる 選択肢を 選ばなかった 彼は




相変わらず 私と 繋がっていて。






会う時間を 作ってくれます。





果たして。


今も。



私たちは。




彼と 彼女と 言えるのか。




家庭を 繕う 彼と。


彼に離婚して欲しくない 私が いて。





不思議な 時間が 流れていきます。






惰性なのか


情なのか


愛なのか




分からないまま 時間が 流れていきます。










来週は


彼と 旅行へ行く 予定です。







ただ これも やはり


彼の その場の 状況で 


行けるか どうか


危ういところでは あるけれど。







また。


少しずつ UPしていきます。



自分の 記憶として。 記録として。


忘れないように。


大事に出来るように。













相変わらずの 私達ですが。







とは 言ったものの。






お付き合いしだして。


すでに 3年以上の 月日が流れ。







倦怠というものも 漂い。







私の中で。





彼の位置が


変わって来ている事も 事実で。











私の場合。




彼と 夫婦のようになりたい なんて


微塵も 思っていないので。





出来れば。


2人の間に。


安息 だとか 癒しだとか


そんなものは 必要ないと 思ってます。





必要なものは


刺激や 非現実。












が。








それなのにも 関わらず。



時間の経過


2人で 過ごしてきた時間の 積み重ね


っというものは 恐ろしく。








確実に


2人の中に


慣れ が 生まれてきています。













問題なのは。






彼は 元々 マメな人だったはず ですが。



やはり 「 慣れ 」からか



最近は メールや 電話も かなり 減ってきています。








元来。


私は。



そばにいる時は いいのだけど。



離れている時間が 長ければ 長いほど


心も どんどん 離れていく人なのです。











よって。







彼が 普段。




連絡を 寄こさなければ



その分 私の気持ちは 彼から


遠のき。






結果。






いざ 彼が。



「 今週末 会おう! 」



っと 連絡 入れてきても。





すでに。



気持ちが 距離を 作っているので



「 別に 会いたくない 」



って なってしまう。







↑ 実際は。




この 言葉が 発せられた時点で。








彼は 慌てるのですが。









だったら。





普段から



「 マメに 連絡 入れてよ 」



と 言っても



分からないんですねぇぇ。













まぁ。





忙しい 彼なので。





いろんなこと。





範疇に 入れながら。










いつまで




続けられるんだろうなぁぁ




なんて





ふと




思います。












それまでは。






出来る限り。





いい時間を。


















前回の 日記から。


もう 4ヶ月ほども 経過してるのですねぇ。




まだ。


彼とは 続いています(笑)。





相変わらずの 日々です。





小さな 諍いを 時々して。


これまでか と 覚悟したり。


それでも 会う時間を作る 彼と。


それでも 会いたいと思う 私と。





なんだか。




本当に。






進歩も 無ければ


衰退も 無い





相変わらずの日々です。












ある意味。





これが 私達にとって


いい状態で。








時々 起こる 諍いも。







馴れ合いに ならないための


起爆剤に なり。












彼に 油断を


与えません。














こんな状態で


続けていられるのは。













私の 距離を置いた 冷たさと。




私の 結婚を望まない 意志と。





彼の ( 私に対する )誠実さと。




彼の 結婚と恋愛は別物という 考え方と。










そんな 幾多のものが




ところどころで




交差しあって。








よく言えば。




お互いの立場を 分かり合えていて。







悪く言えば。




お互いにとって 都合のいい。

















たぶん。






どちらかが。







その均衡を 崩せば。




簡単に 脆く 崩れ去る 関係で。






その均衡さえ 保てば。




案外 長く 続けられる 関係で。


















どちらにしても。








行く先に


結婚が 見えない 関係の場合は。












気持ちの



バランスさえ 保てれば。












いい関係が 築けるのではないかと。

























もちろん。









最終的に



行き着く先は



別離 なのだけど。





















みなさんの恋も




いい時間が




少しでも




多く過ごせますよぉぉに。
























なんだかなぁぁ。


歌の フレーズみたいだけど。


でも。


私の 住んでるとこに 来たら。


車で 移動するんだから。


ワイン なんて


飲んでられるわけないじゃないのっ。


・・・・・・・たくぅ。




けど。


まぁ。


来る って 言うんで。




一緒に お昼ごはん 食べて。



u

t

一緒に ラブホ 行って。






帰りに ちょっとした事を


彼が やらかしましたので


不機嫌になった 私は。





理由を 聞いてきて


「 ごめん 」と


謝る 彼には


見向きもせず。






「 夜ご飯 一緒に 食べないの?? 」


っと 言う 彼を


「 帰って 」 っと


無理矢理


駅で 降ろし。





見送ることも無く。






とっとと。


帰りました。









まったくねぇぇぇ。











まぁ。




こんなんで 終わりなら。


そんな 関係なんでしょっ。




それは それで 構わないので。









あとは。




明日から。


彼が どう 出てくるか だけ。











私は 放置する 所存です。


はい。