長嶋茂雄と金田正一

テーマ:
長嶋茂雄がデビュー戦で金田正一に4打席連続三振をさせられた。
我々30代は勿論、当然20代、10代の方々はこの事は知らないだろう。

当時の事を書いている記事があったので引用させていただきます。

約80年に及ぶプロ野球の歴史の中では、数々の名勝負が繰り広げられてきた。しかし、どんなに有名な出来事にも、まだまだ知られていないエピソードが存在する。今だからこそ語れる、「あの時」のベンチ裏秘話をお届けしよう。

 1958年、鳴り物入りで巨人に入団した長嶋茂雄。だが4月5日の開幕戦で、国鉄・金田正一に4打席4三振を喫するほろ苦いデビューとなる。金田が述懐する。

「長嶋が打てなかったのは当然だ。当時ワシはすでにプロ入り8年間で通算182勝、7年連続20勝を挙げる大エースだったからな。それに、長嶋にとってはあの年の天候も不運だった」

 この年のオフは記録的な暖冬だった。金田は酷使が祟り、6年目から慢性的なヒジの痛みに悩まされていたが、この暖冬がそのヒジを甦らせたという。

「冬でも半袖で過ごせるくらいの異常気象だ。そのためかヒジの痛みがスッと消えて、猛練習ができた。当時のワシは腕を上げると同時に右足を引き上げる、痛いヒジを庇うためのフォームだったんだが、痛くない状態で投げるから、とてつもなく腕が振れたんだ」

 この年、シーズン通算で31勝14敗、防御率1.30、311奪三振で投手三冠を独占した。

 ただ、ゴールデンルーキーと相見えた印象は、その日の結果とは真逆のものだったという。

「登板後に捕手の谷田(比呂美)とメシを食うのが決まりだったが、その時に谷田が、“あれだけ完璧に抑えられたのに、ベースに被さったり、近づいたりという小細工をしなかった。こんな打者は見たことがない。長嶋は怖い存在になる”といったんだ。

 ワシも同意したね。4三振だが、ワシの絶好調の球を1球だけファウルチップした。とにかくスイングスピードが速い。これには長嶋という選手を認めざるを得なかった」

※週刊ポスト2013年1月18日号

自分はこの話が好きです。
事あるごとにこの話を思い出します。
そう、あの冨永真一郎のデビュー戦。
冨永真一郎対エルジェネリコ。
この試合はプロレスマット界における長嶋茂雄対金田正一。
デビュー戦にもかかわらず冨永自身が一番冨永らしく野球に例えるといわゆるひとつのフルスイングでたちむかった試合だったのではないかと私は思います。

あの時、私の中では冨永真一郎はプロレス界の長嶋茂雄になれる。
そう感じたのでした。
ガンバレ☆プロレスは今は小規模な団体です。
ただ、もし冨永真一郎が長嶋茂雄なのであればガンバレ☆プロレスを小規模なままで終わらせる訳にはいかない。

だからこそ我々はガンバレ☆プロレスでプロレスをメジャースポーツにします。
我がガンバレ☆プロレスは永久に不滅です。



ガンバレ☆プロレスビアガーデン~何も言えなくて…夏2015~

■日時
7月27日(月)
開場19:00 開始19:30
■会場
東京・市ヶ谷南海記念診療所
■対戦カード
○空前絶後の再戦!
冨永真一郎 vs GENTARO

○ガンプロ選挙区決定戦
安部行洋 vs マック今成
※この試合の勝者がDDTドラマティック総選挙2015の出馬資格を獲得する

○スペシャルシングルマッチ
大家健 vs 三富政行

■チケット
全席自由2,000円

チケットの予約は↓
1600.sekigahara@ezweb.ne.jp(代表:大家健まで)
その他のお問い合わせ等は080-5294-5248(代表:大家健まで)



AD

原点を忘れるべからず!!

テーマ:
7月4日ガンバレ☆プロレスの集会でもいいましたがAKB48の初日公演のお客さんが7人でした。
200人はいる劇場にお客さんが7人。明らかにメンバーの方が多い。
それから10年たった今AKB48は48グループとして全国各地に姉妹グループが存在しヤフードーム、日産スタジアム、味の素スタジアムを埋め尽くすほどの観客を動員するほどにメジャー化しました。
しかし、その一方でAKB48は定員250名のAKB48劇場での公演も続けています。

どんなにメジャーになっても原点は忘れない。AKB48にはそういう気持ちが感じられます。

自分達ガンバレ☆プロレスは自分自身の手でプロレスをメジャースポーツにするために9月23日に今までやったことのない大規模の会場、新宿フェイスで興行をやります。
この興行を満員にして次のステップへ向かう!!
これは簡単な事ではないと思いますが我々は一丸となって頑張っていきます。

ただそのビッグマッチの前に原点に返る必要がある。我々はそう思いました。
プレ旗揚げ戦でお客さん皆さんにジャッジしていただいた緊張感を忘れないために7月27日市ヶ谷南海記念診療所でガンバレ☆プロレスビアガーデンを開催いたします。

市ヶ谷は確かに狭いです。リングもありません。
でも、二年半前に何者でもなかった自分達がお客さんに認められてガンバレ☆プロレス旗揚げを許された場所!!
ここでの試合がガンバレ☆プロレスの原点です。
世界で一番熱い暑いアツいビアガーデンプロレス!!
皆さん是非お越しください!!



ガンバレ☆プロレスビアガーデン~何も言えなくて…夏2015~

■日時
7月27日(月)
開場19:00 開始19:30
■会場
東京・市ヶ谷南海記念診療所

■対戦カード
○空前絶後の再戦!
冨永真一郎 vs GENTARO

○ガンプロ選挙区決定戦
安部行洋 vs マック今成
※この試合の勝者がDDTドラマティック総選挙2015の出馬資格を獲得する

○スペシャルシングルマッチ
大家健 vs 三富政行

■チケット
全席自由2,000円(当日500円UP)
チケットの予約は↓
1600.sekigahara@ezweb.ne.jp(代表:大家健まで)
その他のお問い合わせ等は080-5294-5248(代表:大家健まで)

AD

ごまかしたくない気持ち!!

テーマ:
俺は周りから笑われる、馬鹿にされてそれを笑ってごまかして生きてきた。
それは今まで自分が信念を持って生きていなかったかもしれない。

俺はユニオンプロレスを捨てた。DDTプロレスには捨てられた。
だからガンバレ☆プロレスを作った。
周りから笑われ馬鹿にされそれを笑ってごまかして生きていくのが嫌になった。
相手と向き合って闘う事から逃げていた自分を変えたかった。

それから二年半、笑われ馬鹿にされてきた大家健がKOーD無差別級のベルトをとった。
俺は二年半、ただ生きてきた訳じゃない事を証明した!!
たった数分の出来事だったかもしれない。
でも、それはガンバレ☆プロレスの大家健がDDTの頂点に立った証。
捨てられたDDTに一矢むくいた。
ガンバレ☆プロレスがDDTに一矢むくいた!!

まだまだ俺もガンバレ☆プロレスも世間から笑われ馬鹿にされる存在かもしれない。
ただ確実に俺達は変わっている。
笑ってごまかすような人間には戻りたくない。
高額所得者ユーチューバーのシバター。
元博報堂で慶応大学卒業の三富。
お前らは俺達を笑って馬鹿にする立場かも知れないけどな、俺達は馬鹿にされたら立ち向かうんだよ!!
笑われたら闘うんだよ!!
ハンディギャップマッチだろうがなんだろうが7月4日絶対に勝つからな!!


○炎上軍presentsスペシャルハンディキャップマッチ
大家健 vs シバター&三富政行

○虹の学生vs掃き溜めのブラックジャック
今成夢人 vs 藤田ミノル

○SURVIVAL IS BACK!
ミスター・ノー vs サバイバル飛田

○スペシャルタッグマッチ
冨永真一郎&タイガーベッドシーン vs GENTARO&浪口修

○スペシャルタッグマッチ
安部行洋&力 vs 間下隼人&那須晃太郎
【大会名】HIGH PRESSURE2015
【日時】7月4日(土) 開場17:30 開始18:00
【会場】東京・王子Basement MON☆STAR
京浜東北線 王子駅北口 より徒歩3分
都電荒川線 王子駅前より徒歩5分
東京メトロ南北線 王子駅4番出口より徒歩1分
【席種】立ち見・自由席3,500円(当日4000円)
※当日別途ドリンク代500円必要
チケットの予約は↓
1600.sekigahara@ezweb.ne.jp(代表:大家健まで)
その他のお問い合わせ等は080-5294-5248(代表:大家健まで)
AD