前野原温泉さやの湯処のブログ さやだより

東京で味わえる本物の源泉掛け流し天然温泉と、ほ~っと心安らぐ和の趣き


テーマ:
梅花
 
朝方から次第に風が強くなってきました。
 
南から吹く風、「春一番」。
 
昨年は2月14日のバレンタインデーの日でしたが、今年は数日遅れての春の便りとなりました。
 
気温もグングンとあがって20℃近くになるそうです。
 
もうしばらくは寒い日が続くとは思いますが、春の到来を感じる季節になった気がします。
 
 
さて本日は・・・、
 
先日から食事処「柿天舎」に飾っていますコチラをご紹介します。 ↓↓↓↓↓↓
 

お雛様です。
 
早いモノであと半月もすれば3月、桃の節句がやってまいります。


毎年このブログでご紹介していますが、この雛人形は60歳強ぐらい。
 
今の柿天舎の建物が、ただの個人の家屋だった頃からあるモノです。
 
近年のお雛様はスっとしてとてもスタイルがいいハンサムなイメージがありますが、こちらは2頭身のふっくら愛らしいお人形。

今じゃ見かける事がない様なデザインの雛人形です。
 
見ているだけでなんとなく幸せな気分になりますよ。
 

今ではなくなってしまったものもありますが、楽器や傘などの細かい飾りや持物にも味があってよくよくご覧になると面白いですよ。


昭和の趣きそのものの、雛人形。

是非当館さやの湯処へお越しの際には、食事処「柿天舎」まで一目ご覧にお越しくださいませ。

不思議と懐かしい気分になること間違いありません。

皆様のご来館心よりお待ちしております。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年がはじまって既に1か月半。
 
朝晩の冷え込みが厳しい毎日ですが、季節はゆっくりと春にシフトしつつある様です。
 
当館さやの湯処で販売をしている「つくばの野菜」のラインナップにもちょっとした変化が。 ↓↓↓↓↓↓
 
 
コチラは「菜の花」。
 
梅や桜はもちろん春を代表する花ですが、、、畑一面真っ黄色の菜の花もまさに「春」そのもの。
 
菜の花独特の花の香りも、花の間をヒラヒラ飛び交う紋白蝶(モンシロチョウ)も、誰もが実感する「春」そのもの、です。
 
 
そしてその味覚も。
 
苦味が強くて、苦手という方もいるかもしれませんが、、、
 
茹でる際に塩と重曹を少々加えて、水にさらすと苦味やえぐみが抑えられるそうです。
 
「お浸し」や「辛し和え」が定番ですが、、、天ぷらはもちろん、炒め物にしてもとっても美味しいですよ。
 
目が覚める様な緑色は見栄えがよく、どんなお料理にもよくあいます。
 
是非この機会に、「春」の先取りをしてみませんか??
 
 
まだまだ冬野菜が多いですが、「つくばの野菜」にも少しずつ春の野菜も増えてくる事だと思います。
 
楽しみですね♪
 
残り少ない寒い季節、どうぞ身体に十分にお気を付けくださいませ。
 
皆さまのご来館心よりお待ちしております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
雪の散らつく寒い寒い朝となりました。
 
営業前の露天の清掃の湯張り時には、湯けむりがモウモウで前が見えず・・・。 ↓↓↓↓↓↓
 
 
こうなると温泉気分が嫌でも盛り上がりますね。
 
男女露天エリアともただいま大輪の椿の花が見頃を迎えています。 ↓↓↓↓↓↓
 
 
湯けむりの中で真っ赤な椿をぼんやりと横目で見ながらの入浴も乙なものです。
 
 
そしてそして・・・椿の写真を撮りにいった時に気づきました。
 
コチラもついに開花です。 ↓↓↓↓↓↓
 
沈丁花②
 
沈丁花(じんちょうげ)です。
 
初春を代表する花のひとつですよね。

当館は男女とも椿と同様に露天エリアに何本か植えているのですが、少しずつですが開花しはじめています。
 
女性は寝転び湯の後ろ、男性は円形の露天の横の株が花をつけています。

まだ蕾が多いのでほとんど匂いはわかりませんが、これから温かくなるにつれ露天も沈丁花の甘い春の匂いに包まれる事と思います。
 
楽しみです♪
 
 
寒い日のお風呂は気持ちいいですが、身体に不調をきたしやすいのも寒い時期。
 
急な入浴は避けて、いつもよりゆっくりと身体を慣らしてからご入浴くださいませ。
 
皆さまのご来館心よりお待ちしております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
空気は冷たいですが、陽射しは温かいですね。
 
明日2月4日は「立春」です。
 
当館さやの湯処の正面玄関の梅の鉢植えも、蕾がかなり大きく膨らんできました。 ↑↑↑↑↑↑
 
この週末には開花するかも??
 
「春」がもうすぐそこにやってきています。
 
 
さて本日皆さまにご紹介するのは、、、「お風呂の入り方」です。
 
今の時期、温泉シーズン真っ只中。
 
1年でもお客様の多くなる時期なのですが、、、
 
ご入浴中・後に気分を悪くされて倒れる方が少なくありません。
 
湯あたりや貧血で1日でも数名の方が倒れられることも・・・。
 
 
まだ気温の低いこの季節、、、冷えた身体にいきなり熱い温泉は刺激が強すぎます。
 
特に温度差の激しい露天風呂へ直行なんて要注意です。

まずは、入浴前には水分補給。

その後、十分な掛け湯をして、身体を洗ってから内湯に入りましょう。

そこで身体を温めてから、露天風呂をお楽しみください。


入浴は大変気持ちのよいものではありますが、同時に体力の消耗や身体にかかる負担も結構大きいものです。

決して無理をせず、ゆっくりとご自分の体調にあわせてご利用くださいませ。
 
うっすら汗をかいてきたら、一度お風呂からでて、ゆっくりとベンチに腰かけて休憩するのも効果的です。


たまにお客様からこの様なご質問いただきます。

「お食事はお風呂の先がいいの?後がいいの?」

これはどちらでも構いませんが、、、お食事直後の入浴はあまりオススメできません。

お食事をされると消化の為、消化器に血液が集中します。

その状態で入浴をすると、、、身体の血のめぐりが全身に分散する為、消化不良や胃もたれを起こすそうです。

お食事直後のご入浴はなるべく避け、1時間程おいてからゆっくりとご入浴される事をオススメいたします。

また同じ様に、入浴してすぐのお食事もあまりよくありません。

30分ほど身体を休めてからお食事を召し上がってくださいね。

そして、しつこい様ですが入浴の前には水分補給!

コップいっぱい程度のお水を飲んでからご入浴くださいね。


もうしばらくは寒い日が続きそうです。。。

皆様お身体には十分お気をつけになってくださいね。

当館さやの湯処のご利用心よりお待ち申し上げております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1月も残りわずかとなりました。
この時期になるとニュースなどでチラホラ見かける様になるのが・・・、
 
「節分」です。
 
今ではその掛け声もあまり聞かなくなりましたが、「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆を撒いて鬼を追いやる行事ですよね。
 
当館さやの湯処の室礼(しつらい)も、先日から「節分」となりました。 ↓↓↓↓↓↓
 
 
鬼の面と、その鬼の苦手なもの。

柊(ヒイラギ)、鰯、豆、当たり棒(すりこぎ)です。
 
近くによるとこんな感じです。 ↓↓↓↓↓↓
 
節分1節分2

個人的にこの鬼の面がかわいくて、毎年この節分が楽しみだったりします。
 
 
今では節分と言えば1年でも立春の前日のこの日だけですが、、、
 
もともと節分は「せちわかれ」と言われ、季節の変わり目の事を指しました。
 
なので実は年に4回・・・立春、立夏、立秋、立冬の前日は全て節分だったのです。
 
それがいつのまにか春の節分だけ残り、新たな春を迎える為に家の中の邪気を払い、福を呼び込む行事となったそうですよ。
 
 
また豆を撒くのも今では芸能人やお相撲さんのイメージが強いですが、昔は家の年男か家長の役目でした。
 
撒いたあとは大きな音をたてて戸を閉めて鬼をおいだしたそうです。。
 
あとは豆と一緒に「鬼あられ」をまくことも一般的でしたが、やはり今ではあまり見られなくなりました。
 
 
時代とともに家の行事から、TVの中のお寺さんの行事になってしまった感のある節分ですが、、、
 
この行事がないと春が来ない、そんな気分になるのも事実。

たまにはお家で家族で豆まきなんて、よいかもしれませんね。。。


当館の室礼も節分当日、立春以降で少し変わります。

こちらもどうぞお楽しみに♪

この週末から月曜日はまさに春を感じる陽気になるようです。

お出掛けの際には是非当館さやの湯処にもお立ち寄りください。
 
皆さまのご来館心よりお待ちしております。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)