前野原温泉さやの湯処のブログ さやだより

東京で味わえる本物の源泉掛け流し天然温泉と、ほ~っと心安らぐ和の趣き


テーマ:

今日で10月もお終いです。

 

当館さやの湯処では、春と秋恒例の正面玄関の松の剪定をここ数日行っています。 ↓↓↓↓↓↓

 

 

施設管理のSさんが朝からチョキチョキと剪定中。

 

松の剪定は難しいと言われます。

 

葉先は尖っていますし、松脂(マツヤニ)が服につきますし、全体像が掴みづらく剪定を間違えるとバランスがおかしくなります。

 

いつも立派な松でお客様をお迎えできるのも、とにかくSさん達のおかげなのです。 ↓↓↓↓↓↓

 

松②

 

 

そして先日。。。

 

中庭で大きな樹の植え替えがありました。

 

渡り廊下から出れる濡れ縁の左側に夏椿(シャラ)の樹を植えていたのですが、、、

 

昨年夏頃より突然枝先から枯れ始め、、、今年になって完全に枯れてしまいました。

 

この夏椿(シャラ)を抜いて、そこにコチラを新たに植えたのです。 ↓↓↓↓↓↓

 

 

ちょっとわかりづらいのですが、、、枝垂桜(しだれざくら)です。

 

まだ若い樹なので枝が暴れ気味ですが、これからさやの湯処と一緒に齢を重ねてきっと立派な樹に成長する事でしょう。

 

来春はまだあまり花もつかないかもしれませんが、再来春、またその次の春には薄紅色の可愛い花が見られると思います。

 

また楽しみがひとつ増えました。

 

是非皆様も一緒に楽しみにしていただければ幸いです。

 

 

話は変わりますが、、、

 

先週、「柿天舎」の蕎麦粉が秋田産から北海道産に変わりました。

 

この話はまたの機会に、皆さまにご案内いたします。

 

 

皆さまのご来館心よりお待ちしております。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

皆さま、当館さやの湯処の源泉の色をご存じでしょうか?

 

 

表現の仕方は人それぞれかと思いますが、、、

 

黄土色と灰色と緑色と白色が混じった様ななんとも複雑な色。

 

私たちはこれを「うぐいす色」と呼んでいます。 ↓↓↓↓↓↓

 

 

 

東京の23区内で、この微妙に白濁したうぐいす色(淡緑泥色)のお湯は他ではあまりみないものです。

 

都内で多いのは真っ黒な「黒湯」と黄土色っぽい「塩化物泉」の二つ。

 

何故ココの温泉はこの色なのか??とお客様よりご質問頂く事がございますが、詳しくは私たちもわかりません。

 

ただ専門家の方が仰るには、地下1500mの井戸から直接浴槽へ温泉を注いでいる為に、非常にお湯が新鮮であり、浴槽ではじめて空気に触れて酸化するので白濁した淡い色になるのでは、との事。

 

当館の温泉も注がれてから時間がたつと、うぐいす色から黄土色の様な茶色がかった濃い色に変化していきます。

 

 

温泉は生き物です。

 

日によっても、時間によっても色はコロコロと変わります。

 

その色合いの変化の様はとても美しく、また神秘的であります。

 

夜にお越しのお客様はなかなかご覧になれない当館の源泉の色。

 

一度日の光の元でご覧になられると、いつもとは違う発見と驚きがあるかもしれません。

 

 

今日はとてもいい天気でお出かけ日和となりました。

 

各地で紅葉も次第に見頃を迎えている様です。

 

お出掛けの際には、是非当館にもお立ち寄りください。

 

皆さまのご来館心よりお待ち申し上げております。

 

秋空

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

朝晩とも冷え込みが強くなってまいりました。

 

最低気温が10℃に満たない日もしばしば・・・。

 

こういう季節がやってくると、、、お風呂がやっぱり恋しくなりますよね。

 

 

本日は、、、

 

当館さやの湯処自慢のうぐいす色の源泉についてのお話です。 ↓↓↓↓↓↓

 

 

当館の源泉に入った事のある方は浴後こんな経験をされた事がありませんか??

 

いつまでもポカポカと身体が熱い!!!汗がひかない!!

 

そうなんです、身体の芯から温まるお湯なのです。

 


実は、これには大きな理由があります。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、当館の源泉は非常にしょっぱいです。

 

すなわち塩分が多く含まれています。

 

入浴するコトにより、この塩分が皮膚の表面をコーティングし、汗の蒸発を防ぎます。

 

コレによりしっかり温まった身体の体温は長く持続され、いつまでたっても温かく、湯冷めしにくいのです。

 

保温性がとっても高い、これが当館の温泉の特徴なのです。

 

 

この泉質は、その事から「熱の湯」などとも呼ばれ・・・、、、

 

冷え性や神経痛、婦人病など身体を温めると効果のある病に効能があったりします。

 

これからの寒い季節にはピッタリの温泉ですよ。

 


源泉は水や薬剤など一切加えておらず、地下1500mから汲み上げたお湯そのままを使用しています。

 

その為、日によって色や匂いなども違い、飽きる事はありません。

 

そして何より、温泉そのものの力強さを感じる事ができると思います。

 

是非当館のお越しの際には、小さい浴槽ではありますが、源泉浴槽につかってみてください。

きっとそのパワーに圧倒されると思います。

 


・・・でも長湯は禁物です。

 

温泉成分が強すぎて、湯あたりを起こす方も決して少なくありません。

 

ご自分の体調にあわせて無理なくご利用いただければ幸いです。

 

 

これからの季節は、まさに温泉シーズン。

 

皆様のご来館・ご利用を心よりお待ちしております。
 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

秋

 

夜になるとすっかり肌寒い季節となりました。

 

気づけば10月も後半ですね、、、2016年もあと2ヶ月ちょっと。

 

季節が巡るスピードにはホントに驚かされるばかりです。

 

 

さて本日は・・・コチラ。

 

現在「秋のポイントカード引換えキャンペーン」が絶賛開催中です。 ↓↓↓↓↓↓

 

 

期間は来月11月25日(金)まで。

 

まだ1ヶ月はありますが、何かととせわしなくなるこの季節はアっという間もなく過ぎてしまいます。

 

お忘れにならない様に今一度皆様へご案内をいたします。

 

 

これまでは平日は2倍のポイント押しも同時に行っていましたが、今回は引換えのみのキャンペーンです。

 

通常だと10ポイント溜まったポイントカードは、、、「岩盤処無料」か「館内着・レンタルタオルセット無料」のどちらかのみにお引換えいただけますが、、、

 

なんとキャンペーン期間中の今でしたら、上記7つの特典の中からからひとつとお引換え頂けます。

 

詳しくはコチラまで。 ↓↓↓↓↓
→ http://www.sayanoyudokoro.co.jp/notice#post-1640

 

 

大変お得に、館内の施設をご利用いただけるチャンスです。

 

今のこの時期は、当館さやの湯処も例年それ程混みあう事もなく快適にお過ごしいただけます。

 

是非この機会にご来館・お引換えいただければ幸いです。


皆様のご利用心よりお待ちしております。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

久しぶりに汗ばむくらいの陽気となりました。

 

気持ちのよい秋晴れ、お出かけにはもってこいの1日です。

 

 

さて今日は皆さまにコチラのご案内です。 ↓↓↓↓↓↓↓

 

五一わいん

 

昨日より食事処「柿天舎」で販売スタートいたしました、その名も「五一わいん」。

 

ご好評いただいた昨年に引き続き、今年も収穫・実りの秋に皆様へご提供いたしますよ。

 

 

この「五一わいん」の名前を聞いた事がある方もいるかもしれません。

 

信州塩尻の近くに位置する海抜700mの丘陵地帯「桔梗ヶ原」。

 

この肥沃な土地に、1911年に開設された100年以上の歴史がある林農園でつくられる純国産ワイン。

 

創業者の林五一さんの名前からとってつけられたのが、この「五一わいん」なんです。

 


葡萄の芳醇な香りと、その豊かな味わいが特徴のこのワイン。

 

ちょっと試しに飲んでみたい方におススメのカップサイズで販売をいたします。

 

種類も、赤と白とロゼの3種類で、お値段は税込500円。

 

見た目もとっても可愛らしく、特に女性の方におススメですよ♪

 

もしワインがお好きな方は是非一度お試しくださいませ。

 

 

数量限定での販売となります。

 

皆様のご注文をお待ちしております。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)