笛吹くフクムラ!

ソプラノサックスを吹いたり、テナーサックスを吹いたり、
リコーダーを吹いたり、法螺を吹いたり......


テーマ:

7/12(水)
楽士夜話 バースデイスペシャル
藤原マヒト生誕祭

 

クスミマヒトグループ(QMG) 他、出演者多数
フクムラはQMGとフミノさんのサポートで2ステージ

 

・フミノ(フミノボーカル、SACHI-Aドラム、藤原マヒトピアノ&シンセ、フクムラサトシsax)
・ゴンジンマヒウシ(川畑usiサトシドラム&アコギvo、藤原マヒトvoピアノ&シンセ&ドラム、今泉仁誠voアコギ、ゴンドウトモヒコ管楽器&cho&エレクトリックパーカス)

・ミラパラメーター( 悦歌 vo&ピアノ+)

・tonco(tonco vo&アコギ、藤原マヒトピアノ&シンセ、もしかして桜井芳樹エレキ、ゴンドウトモヒコ管楽器)

・スーマー&桜井(スーマーvo&アコギ、桜井芳樹エレキ、マヒト)
・クスミマヒトグループ(久住昌之vo&アコギ、SACHI-Aドラム、藤原マヒトvo&ピアノ&エレキベース、フクムラサトシsax)

 

渋谷 七面鳥

http://www.7mentyo.com/schedule/2017/07.html

 

7/16(日)
久住昌之&オーケストラQ 「オーケストラQアルバム完成記念ライヴ!」

高円寺 JIROKICHI

http://jirokichi.net/2017/07/16/11094/

 

7/21(金)

久住昌之&スクリーントーンズMINI with 高橋香織
「孤独のグルメ・ふらっとQusumiライヴ!」


久住昌之(vo&gt),フクムラサトシ(sax),
Shake(kb),栗木健(dr) サポート:吉田宣夫(Ba)
ゲスト:高橋香織[Vin]

 

開場 18:30 / 開演 19:30
前売¥3000+1drink / 当日¥3500+1drink

 

吉祥寺 スターパインズカフェ

http://mandala.gr.jp/SPC/schedule/2017_7

 

7/22(土)
「山梨版フラっとQUSUMI ! 」

スクリーントーンズ
MASAKI HANAKATA QUARTET
Pan pot 5o'ciock

開場15:30 開演16:00

090-6155-9628 桜座
メ-ルにて予約受付中
小学生、中学生無料!要父兄同伴

甲府市 桜座

http://www.sakuraza.jp/

 

 

7/23(日)
文京グリーンコート サマーフェスティバル

ピクリプ(Pick & Lips)

河野文彦(gt) フクムラサトシ(sax)

16:00〜17:00(観覧無料)

文京グリーンコート サンクンガーデン広場

http://www.bunkyo-greencourt.com/

 

8/6(日)7(月)

はこだて国際民俗芸術祭

スクリーントーンズmini
久住昌之(vo&gt),フクムラサトシ(sax),
Shake(kb),河野文彦(gt)

函館元町公園広場

http://wmdf.org/

 

8/12(土)13(日)

スクリーントーンズ Duo
久住昌之(vo,gt) フクムラサトシ(sax,笛)

詳細は追って

 

8/19(土)
スクリーントーンズ

吉祥寺 マンダラ2

詳細は追って

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイクはライブの必需品。

ぼくは自由に動けるように楽器に取り付ける

コンタクトマイクを使っています。

 

今まではこんなセッティングでした。

http://ameblo.jp/saxfuqu/entry-10979320966.html


その後の研究の結果(^_^;)

昨年マイクを新調しました。

 

DPA社製の 4099。
音質とても気に入っています☆

クリップマイクは便利なのですが、

取り付ける場所によって、拾う音の成分が

大きく変わってしまいます。
特にソプラノサックス!

おまけにスクリーントーンズでは

結構な割合でリコーダーも吹くので、

どちらにも対応できて、

なおかつイメージした音色で拾えるように

マイクホルダーを自作しています。

グースネック部分を長くするだけなのですが、

素早く付け替えられて、容易には外れない。という

一見矛盾したハードなミッションを要求されます(笑)

 

先日の汐留ライブでは

ジョイント部分がうまく固定されず、

本番では予備のマイク(今まで使っていたもの)に

交換せざるを得なかったので...。



明後日からのツアーに備えて、

改良を施しました。

 

これでバッチリ!

テストも終え、万全の体制です。

このマイクを買う決め手になったのは、

LINE6のワイヤレスシステムとの相性が最高に良いこと。
とても身軽になれます。

http://ameblo.jp/saxfuqu/entry-10976824899.html

 

管楽器奏者でワイヤレスに興味のある方、
ぼくでよかったらおすすめセッティングを
アドバイスいたしますよー。

ともあれ、これで機材問題解決。
こうなるとワイヤレス機材も持って行きたくなりますな♫


札幌ベイビーズ!
旭川ハニーズ!!
待っててください。もうすぐですね。
お目にかかれるのをすごく楽しみにしていまーす☆

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎています。

 

遅くなりましたがツアーの告知を。

 

スクリーントーンズ、フルメンバーで

来週北海道に参ります。

 

12(金)札幌 ベッシーホール

 

13(土)旭川 高砂酒造 参号蔵イベントホール

 

フライヤーデザイン/西野直樹

 

 

旭川の方はほぼソールドアウトのようですが、

12日の札幌はまだお席あります。

(ぼくたちのライブは直前に予約が殺到というパターンがけっこうあるので、お早めにお問合わせください!)

 

旭川の方はアコースティックなセット、

札幌の方は轟音セットでお送りします♪

札幌の方ではテナーも吹く予定。
勝利の...とか、処刑の...と呼ばれているらしい
アガる曲も再現できそうです。

札幌ベイビーズ、旭川ハニーズ♡
お会い出来るのを楽しみにしてますよー。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの大きなライブでした。
まずは、100人を超す満員のお客様に感謝いたします☆
GWに突入し、いろんなご予定でお忙しい中、
足を運んでくださったみなさま
本当にありがとうございました!!

さて。
孤独のグルメSeason6が始まり、
音楽もなんだか戦闘的になってきている感があります。

ぼくたちもたまには攻めてみましょうということで、今回はロックバンドのような構成でお送りすることに(笑)

お正月スペシャル用にリメイクした
「荒野のグルメ2017」にイントロを足して
ライブのオープニングに持ってきました。



このバージョン、気に入ってます(^^)
Shakeさんの作った真ん中のキメの部分、
難しいけどカッコイイでしょ?

イントロ部分のギター&口笛は録音してあるのだけれど
ドラマでは使われなかったので、今回が初公開。
タイトルは今思いついたんだけど、
「空腹という名の荒野」にしようかな(笑)




アンコールを含めて全27曲。
そのうち、テナーサックスを吹いたのが11曲。

持ち換えも忙しかったです(笑)

テレビ東京さんのご提供で
豪華プレゼントコーナーもあり。
河野君のアイディアで
イントロ当てクイズとかもやってみたりして♪



特大ポスターの他にカレンダーやBlur-Rayディスクも!!
当たった方、おめでとうございます(^^)b



ベースのよっしーが今回携えてきた
フレットレス・ベースがとても効果的に
曲のメロディーを引き立ててくれました。
ありがとう、よっしー!



「一皿にかけて」でハンドクラップしている写真。
ぼくにしては珍しくカッコイイ?(当社比)




ぼくは新しく手に入れたソプラノサックスを吹いています。
わかった方いるかな?
(いないっつーの^^;)



帰り際のお客様の笑顔が何よりのご褒美でした。
みなさまにお力を頂いて、
5/12,13の北海道ツアーも頑張ります!


今回の写真はM.T.さん、T.E.さんからいただきました。
いつもありがとうございます!


孤独のグルメO.S.T./地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp

孤独のグルメ Season 2 O.S.T./地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp

「孤独のグルメ Season3」 O.S.T/地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp

孤独のグルメ Season 4 O.S.T/地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp

孤独のグルメ Season5 O.S.T/地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp

「昼のセント酒」O.S.T/地底レコード

¥2,700
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

やばい。
更新随分していませんでしたね(><)
今週どころか明々後日ですけど、
お時間ある方はぜひ!
今年初のビヤガーデン、ご一緒にいかがですか?

28日(金)

久住昌之トーク&ミニライヴ

【渋谷東急本店屋上ビヤガーデン】

出演者
久住昌之 
フクムラサトシ(Sax)
東京都渋谷区道玄坂2-24-1東急本店屋上 
雨天の場合5階萩原珈琲店
Start 18:00~
詳細こちら

 

 

 

 

始まりましたね。season6。
ということで、新テーマなどご披露いたします。
お席、順調に埋まりつつあります。
お早めにご予約ください。
まだ間に合います〜!!

30日(日)

TheScreenTones
孤独のグルメ Season6 放送記念ライブ!!  汐留 BLUE MOOD

出演者
スクリーントーンズ:
久住昌之(Vo&G)、フクムラサトシ(Sax)、Shake(Key)、
栗木健(Dr)、河野文彦(G)、サポート/ヨッシー(B)
会場 汐留BLUE MOOD
東京都中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス1F
Open 17:00 Start 18:00
料金
予約3,000円
当日3,500円 
(+1drinkオーダー)
概要

https://blue-mood.jp/events/170430kouno
予約:screentones@gmail.com または

スクリーントーンズ公式サイトからhttp://thescreentones.com/contact

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

屋形船の「なわ安」さんは江戸時代から続く老舗☆

フクムラは10年以上前からお世話になっています。

 

井の頭公園でストリートライブを聴いてくださった方の

船上パーティーに出張演奏でおうかがいしたことがご縁で、

それからも折に触れ、遊覧のお供に呼んでいただいています。

 

久々の出張演奏は、カンザスシティ・バンドのギタリスト

井上大地君とのデュオで♪

 

お客様は埼玉県の企業様。

45周年のお祝いということで、

社員さん、ご家族のみなさまで賑やか☆

 

朝からあいにくの空模様だったので、

すこしでも華やかにと、派手めなシャツを選びました(笑)

 

桜の見頃にはまだ早かったのが残念でしたが、

ゆっくり音楽を楽しんでいただけたのではないでしょうか。



今回は、すし職人さんが握りたての江戸前鮨を供されて、

みなさん美味しそうに召し上がっています。

 

大地くんは

「(天ぷらの)ごま油の香りがタマラナイですねー(><)」と。

 

そんな煩悩に打ち勝ちながら、

最後のお見送りまでたっぷり演奏させていただきました♪

 

終わった後に、思いがけずお鮨をご馳走になり、

まあ美味しかったこと!!

 

二人の職人さんと記念撮影。

右の方、ベースを弾かれるそうです。

 

「どんな音楽をやってらしたんですか?

ロック?」

とお聞きしたら...。

 

「ビジュアル系です。」ですって♪

そういえば華がありますね(^^)

 

そして、美人女将の高野さん

クルーのお二人と。

大地君の入り方が可笑しい(笑)


みなさんいいお顔です。

ぼくの自撮りなので、遠近感が^^;


美味しく楽しいお仕事でした。

呼んでくださったお客様に感謝です。

ありがとうございました。

 

 

なわ安さんのサイトはこちら

 

船遊びは粋な大人の楽しみ。

水上で聴く生演奏も良いものですよー。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は赤坂G’sBARで恒例のトリオセッションでした。

 

3.11というタイミングでもあり、

この1ヶ月間、敬愛する方々の訃報に触れたこともあって、

そういう曲を多めに演奏しました。

時系列乱れますが一部を紹介しましょう。

(写真はイメージですww)

孤独のグルメ(season1)のタイトルバック曲の

「Jiro's Tittle」は原作コミックの作画を担当されていた

谷口ジローさんを偲んで。

 

かなり攻め込んだJAZZYなアレンジなので、
ライブ感たっぷりだったのでは?
小畑くんの弾けっぷりが見ものでした(笑)

 

ムッシュかまやつさんを偲んで

「やつらの足音のバラード」。

アニメ「はじめ人間ギャートルズ」の

エンディングテーマで、作詞は原作者の園山俊二さん。

この曲で素晴らしい音色のソロを奏でてくれた

パーカッションの菌ちゃん(河野俊二さん)とは

”俊二”つながりで(^_^;)


昨年夏の「孤独のグルメスペシャル」のために作った

オリジナル曲「I miss U」では
小畑くんが美しいピアノをつけてくれました。

アンコールは小畑くんの選曲で

「花は咲く」のサンバアレンジ。

 

悲しむだけでなく、希望を持って前に進もう!

という気持ちを込めて吹きました。

 

震災から6年経った今でも、やはり重いテーマであります。

忘れることなく、元気を出して行きたいですね。

 



年に一度の特別な日、イベントも各地でたくさんあった中、

ご一緒してくださったみなさま、ありがとうございました。

写真はR.S.さんとT.E.からいただきました。ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今度の土曜日は、

恒例になりつつあるトリオでライブ演ります。

 

みなさまよくご存知の曲から

オリジナルまで。

楽しく美しいアレンジでお送りするのであります。

 

例えばね。

 

リハーサル動画から1曲。

 

惜しくも先日亡くなられた

ムッシュことかまやつひろしさんの名曲。

 

はじめ人間ギャートルズの

エンディングテーマで名高い

「やつらの足音のバラード」をどうぞ。

 



『小畑智史Session @赤坂「G's bar」』
■日時;2017年3月11日(土)

 開場;19:00/開演;20:00~


■出演;小畑智史(pf)

    フクムラサトシ(sax)

    河野“菌ちゃん”俊二(per)


■料金;1オーダー&投げ銭
■会場;赤坂「G's bar」(TEL.03-6303-2363)
■住所;東京都港区赤坂2-15-13三東ビルB1F


ぜひお誘いあわせていらしてください。

ご予約はお気軽に。
お店か、フクムラに直接おっしゃってください♪

 

お待ちしてます!!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロックミュージシャンで音楽評論家の和久井光司さんは

定期的にゲストを迎えたイベントを行われています。

 

毎回多彩なゲストが登場して盛り上がっているのですが、

今回はピクリプを呼んでいただきました。

(ブログ告知が間に合わなくて申し訳ありませんでした)

 

会場は川崎クラブチッタの2階にある

すごく高い天井に続く大きな窓が印象的な

ライブバー・アティックさん。

 

第一部は3人でStay Aloneを演奏してからの

トークコーナーでした。

それぞれの音楽的なルーツから、

楽器や機材の話を実演を交えながら(^^)

 

特に河野君ファンには貴重な時間だったのではないでしょうか。

 

第二部は和久井さんのライブ。

1曲めはソロで弾き語り。

ベーシストの安部OHJIさんが駆けつけてくださり、
2曲めから参加。
3曲めはフクムラも入り、トリオ演奏となりました。

第三部はピクリプのライブ



「そよ風」というリコーダー曲でスタートして

6曲演りました。

 

まるでコンサートホールか教会で演奏しているような

美しい音響でとても気持ちよかったです。

 

心地よい環境のおかげでしょう、

「故郷の景色」とか、しっとりした曲で
大きな拍手をいただいたように感じました。

そして第四部は初のコラボライブ。

なんと安部OHJIさんはぶっつけ本番で参加してくださいました。


ぼくの真後にいらしたのでうかつにも気づきませんでしたが、
エレキベースとウクレレベースを
曲に合わせて使い分けるなんと素晴らしいプレイ♪


ご一緒できてうれしかったです(^^)
OHJIさん、ありがとうございました!

和久井さんとは
5月24日(水)に渋谷のクロコダイルで
ボブ・ディラン・サミットというライブイベントでご一緒します。
豪華メンバーの予定ですので、どうぞお楽しみに。

 

 

ピクリプの次回のライブは

4月12日(水)四ツ谷のホメリさんです。

こちらもぜひよろしくお願いいたします!!!!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「孤独のグルメ」の作画を担当されていた
漫画家の谷口ジローさんがお亡くなりになりました。
 
かねてから体調を崩されていて
身体に負担のかかる作画活動を縮小されていたと
うかがっていましたが、早すぎる訃報に胸が痛みます。
 
一度、「孤独のグルメ」の生原稿を拝見する機会があったのですが、
網表現用の画材であるスクリーントーンが幾重にもぶ厚く貼り重ねられ、
いかにもずっしりと重そうな量感でした。
 
あの微妙な陰影は丹念な作業の賜物だったのです。
 
「製版屋さん泣かせな原稿ですね^^;」なんて笑いながらも、
表現者としてのこだわりに驚嘆しました。
 
谷口さんの故郷の鳥取は、ぼくの出身地の島根と隣同士でもあり、
なんとなくご縁を感じていて、
いつかお目にかかれる機会があればいいなあ。と思っていましたが
ついに叶うことはありませんでした。残念です。
 
「孤独のグルメ」がなかったら、
スクリーントーンズも今のぼくもなかったでしょう。
 
スクリーントーンズという名前は久住さんが命名されました。
 
画材のスクリーントーンと
銀幕(スクリーン)の音(トーン)というダブルミーニング。
 
でも、あの重たげな生原稿を目の当たりにしたぼくには
また一つ特別な意味が加わりました。
 
スクリーントーンを魔法のように使いこなされていた
谷口さんのことをいつも思い出すでしょう。
 
ありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠りください。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。