字が小さいブログは疲れるので、大きくしている
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-05 19:00:35

2017 年1月の旅 3日目広島市 センター食堂 ビールスタンド重富 

テーマ:2017年1月の旅
広島第一劇場をあとにして、紙屋町交差点へ。コインロッカーに荷物入れてるからな。
でも、荷物取る前に行きたいところがあるのだ。腹も減ってるしな。
センター食堂
市内中心部にあるバスセンターと同じフロアにある食堂。
こういうバスターミナルとかにある、利便性重視で安くて若干ひなびてはいるがまだまだ現役って感じの店が大好きなんですわ。庶民の味方って感じで。札幌だったら中央バスターミナルの地下の食堂街とか大好物。心の故郷って感じ。
この店は繁華街の交差点に面したビルの角部屋で3階。景色いいんだわ。注文はワシの大好きな晩酌セット。IMG_20170203_081015177.jpg
飲み物はビール、日本酒、焼酎から一つ。小鉢か冷奴から一つ。お造り、煮込み、串カツから一つ。これで980円。
小鉢は南蛮漬けだった。南蛮漬けって造るの面倒だから食べる機会が少ないので、有り難い。
醤油の味が九州のような色。少し甘い気がした。広島の醤油は甘いのか、甘いところもあるぐらいの感じなのか。
5時ぐらいという微妙な時間帯で空いていてとても快適。
 
さて、満足したので荷物を取り、宿へ。
この日の宿はサンチャゴゲストハウス広島
市内中心部にあり、ちょっと歩けば呑み喰いできる場所は山ほどあり。開業して一年ぐらいとかで設備は新しい。外国人客ばかりで日本人は受付の人ぐらいかな。
 
では一休みしてから出発。
ビールスタンド重富
5時から7時までしかやってない酒屋の立ち呑み。メニューはビールのみ。食べ物の持込みはできない。ただし、注ぎ方が何種類もある。そして、1人2杯まで。なんとも特殊な店だ。着いたのが6時35分ぐらい。行列は10人ぐらい。入れるか微妙だが、折角だしいつでも行ける店でもないので並んでみることにする。いくら並んでてもみんなビール2杯飲んだらすぐに出てくるんだから呑めるだろう、と。そして10分ぐらい待つと招き入れられた。
 
壱度注ぎ
IMG_20170203_081015887.jpg
勢い良く注がれたアサヒ樽生。アサヒ樽生はスーパードライの前の主力商品で今は業務用に細々と作られているとの話だった。
牛乳を呑むようにゴクゴクと呑んで下さいとのことで、慌てて呑む。写真は他のお客さんのを撮らせてもらった。いや、写真撮ってるあいだに少しでも味が落ちたら嫌じゃないですか。
喉越しが普段飲んでるビールと全然違うのだ。びっくりした。
ビールに詳しくないから知らんかったけど、ここはビール好きの間では有名なお店なんだと。
 
IMG_20170203_081016243.jpg
 
こちらは参度注ぎ。これも人の酒を撮らせてもらった。
IMG_20170203_081015533.jpg
注ぐのに5分かかるとのことで、自分は弐度注ぎを呑む。柔らかい泡。
2杯呑んだので店を出る。店主から、いってらっしゃい!と声をかけられる。みんなこれから呑みに出るのだから。
 
で、大変良い店なのだが、ちょっとだけ気になる点を述べる。
壱度、弐度、参度ってのを見て微妙な気持ちになった。前から思ってることだがかっこいいと思って旧字体を使う感覚が私にはわからない。そういう人とはたいてい考え方が合わない。などと遠回しに書いたが正味な話、ダサいチャラい頭悪いな場合が多いんですわ。端的なのが暴走族とかな。
 
もう一つはここのホームページのアドレスが http://sake.jp/beer_stand/concept/ っていうんですわ。sake.jpですぜ。酒ドットJP。こんなドメイン取っちゃうのってどうでしょうかね。酒造組合連合会みたいなところが取るならわかるが、広島の一酒販店がサケドットジェーピーは強烈な違和感。
 
でも、もう一度言うがビールは凄い美味かった。店内も店主も感じ良かった。
 
さて、この後どうするか。お好み焼きの名店みたいなところに行ってみるも30人以上は並んでいたのでやめておく。で、日本酒バーみたいなのを検索すると何件か出てきたが定休日だったり、一人客向けじゃなかったり。そんな中一件だけ良さそうなのがあったので、そこへ向かう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-03 19:00:00

2017 年1月の旅 3日目広島市 広島第一劇場

テーマ:2017年1月の旅
広島第一劇場は広島市にあるストリップ劇場です。
去年の夏に初めて行った。
去年(2016 )の夏旅行の計画を立てているときに「広島第一劇場8月末で閉館!」というのが伝わってきたわけだ。いずれ行きたいとは思っていたが、もういずれとか言ってる場合じゃないわな。林先生も今でしょって言ってましたわ。で、去年の夏に行ったんです。
2016年8月の旅 3日目 広島市 広島第一劇場

最後だと思って行った広島第一だが、閉館の2日前になって「1月末まで続けます」というアナウンスが出たわけだ。8月閉館は回避できたという安堵感はあったが、延期になっただけで1月には本当に閉館なんだなとも思った。で、今回2回目の訪問、最後の訪問。
 
IMG_20170128_074718066.jpg
外に貼ってあった。
 
さて、開演が13時半で到着したのが13時33分。始まっていた。
 
1人め 瀬能優
せのうゆう。小柄なお姉さん。96年デビューだって。なんと、20年選手じゃないか。そんな風には見えない。
ここの劇場は写真の時間が長め。客1人当たりのコミュニケーションタイムが少し長めなのだろう。で、その間に劇場の中をぼんやり眺める。体育館のような天井からは発泡スチロールを切ったと思われる「賀正」の文字がぶら下がっている。ライトが当たるとステージの上の方に賀正の影が映る。ステージ中央奥には鏡餅。ステージ袖には菰樽が積んである。下2つが千福、上1つが賀茂鶴。うん、季節感って大事だ。
あと、場内に次回公演予定のデカイ立て看板があるのもここの特徴。次回は小野今日子…ロック座の天使、西園寺瞳…ロック座の天使、翔田真央…美脚舞姫、松本幸奈…エンジョイ舞姫とのこと。
ロック座所属はもう全員ロック座の天使で、それ以外は◯◯舞姫。そしてその◯◯は適当なようでもあり、言い得て妙って感じでもあり、なんとも趣深いのだ。
 
2人目 雪乃舞
ゆきのまい。デビュー年不明のお姉さま。うん、お姉さま。かつて見た、レイ若葉や潤奈のように明らかに私より年上というほどではないが、やはりお姉さまって感じ。 

3人目
六花ましろ
ろっかましろ。2011年デビューの細い娘さん。演目名はわからないけど、冬や北国がテーマと思われる。おじさんからの人気が高い模様。ま、ストリップ劇場の中にはおじさんとおじいさんしかいないと言えばそうなのだが。六花ましろにちなんだ自作の川柳を印刷した紙を持たせ、ポラを撮っていたおじさんが印象深い。

4人目
真白希実
ましろのぞみ。2010年デビュー。「新春スペシャルショー、ロック座のビッグスター」って書いてあった。豪華な和服と刀と般若の面。ポラに長蛇の列。
 
終わった後、場内の壁に踊り子さんから広島第一劇場に寄せたコメントと言うか手紙がびっしり貼ってある。様々な思いが綴られている。なんともいたたまれない気持ちになる。ストリップ劇場というのは新規開業が難しい業種らしい。閉館する前に2度も見ることができたのは運が良かったと思う。
館内は1回目から9割は席が埋まっており盛況だ。しかし、閉館なのだ。普段から賑わってれば閉館はしない。廃線になる鉄道と同じ話だ。乗って残そう◯◯線みたいな標語が駅に貼ってあったり、廃線が決まった途端に客が押し寄せるというアレだ。
廃れていくのは魅力に欠け需要が減っているからだ、という意見もあろうがストリップって単なるエロだけではない魅力があると思うのだ。なんとか継続して欲しい。そのために何ができるかというと、まず行ける時には行って金を落とすこと。そして、少しでも足を運んでくれる人を増やすべく魅力を伝えていくことだろう。
 
そんなことを思いながら読み込んでいるうちに2回目が始まりそうになり、引き上げる。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-29 19:00:00

2017年1月の旅 3日目 北九州市から広島市へ

テーマ:2017年1月の旅
3日目の朝だ。
昨日は、一昨日ほどの深酒ではなかったので宿で朝食を食べることにする。
Tanga Table
前は別のビジネスホテルに泊まったりしてたが、もう最近はここ一択だ。ドミトリーで一泊2800円。ゲストハウスではもっと安いところもあるのだが、本当に街中だし施設もきれいだし飯も美味いしで気に入っている。ワシの選ぶポイントは、二段ベッドがしっかり板やカーテンで囲まれていて、鍵のかけられる一人ずつの荷物置き場も確保されていること。おしゃれな宿ですとか言ってカーテンも何もない二段ベッドがたくさんおいてある写真とかあるわけだが、カーテンのない二段ベッドなんざ子ども部屋ですわ。JRのB寝台だってカーテンあるぞ。
 
で、朝飯。がんもつくね定食。500円。
デカイがんもどきを横から2つに切って、間に鶏挽き肉を詰めたもの。味噌汁も具だくさん。
IMG_20170128_074716926.jpg
腹も落ち着いたので出発。
 
小倉駅から新幹線で広島に行くのだ。新幹線改札の近くのお土産屋で堅パンや新幹線柄の手拭いなどを購入。jr西日本はエヴァンゲリオン新幹線というのを走らせているのだが、その車両を模した長いバームクーヘンを売ってた。

面白そうだなとも思ったが、このあとに広島、松山、大阪、京都、神戸とまわってから札幌に戻ろうというワシがそんな長い棒を買えるわけがない。

で、新幹線に乗って広島へ。50分ぐらいで着くんだからホントあっという間よ。ずっと新幹線のない北海道に住んでる人間としては、正味な話が羨ましいです。新函館までは来たが札幌に来るのはいつだっけ。今は函館に行くのに
JRなら3時間以上、車なら5時間ぐらいかかるわけだが、それが新幹線できたら1時間強で函館まで行けるとなれば、そりゃ行くわ。

で、広島到着。中心部へは路面電車で出ようかと思っていたが、駅から出たら目の前に中心部行きのバスがいたのでそれに乗る。そして地下街のコインロッカーに荷物を預けて目的地へ向かいます。

目的地
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-27 19:00:00

2017年1月の旅2日目 北九州市 末松酒店 満天 平尾酒店 スナックうまい棒

テーマ:2017年1月の旅
AQKを出て身支度を整え、またブラブラする。
末松酒店
ここは、5時以降にしか来たこと無いが、いつも混んでる。店主のおじさんが及川ヒロオに似てる、と言ってももう誰も覚えてないわな及川ヒロオ。で、陶陶酒ゴールドをショットで貰う。
IMG_20170114_181133296.jpg
思ったよりあっさりした口あたりだ。角が取れたとも言うな。1杯だけ呑んで出ようと思ってるのでアテはちょこっとでいいです。「袋に入った豆かなんかある?チョコットだけ入った」と言うとはいはいと言って出てきたのがあられ。ま、似たようなもんですな。エエですよ。で、さくっと呑んで出る。
小倉城の辺りを歩いているとおとぎ列車みたいなのがやってきた。きらぽっぽだって。 

 
そのあとに昨日も見た光のトンネル



そしてデパートの前にあったデカイハート
少し離れたところにボタンが2つあって、それを2人で同時に押すとハートが光るという、核ミサイルの発射ボタンみたいなやつ。
IMG_2017011平尾酒店4_181133627.jpg
デカイハートを見て、さっき見てきたこれを思いだす。
IMG_20170114_181132877.jpg
 
一度宿に戻り態勢を整えて再度出陣。
旦過屋台寿し 満天 
昨日行ったら看板ですと言われたお寿司屋さん。断られた後、ではどちらへ行こうかと思案しているところへ大将が出てきて「申し訳ありません。またのお越しを。」と言いシャッターを閉めてた。単にシャッター閉めに来たらさっき追い返した客が居たというだけのことかもしれんが、そこでのこういう一言って大事だよな。というわけで行ってみた。
屋台寿しとあるが、狭いけどちゃんと屋根も戸もあるお店。
カウンターに座って、肴三種盛りと日本酒の三種呑み比べセットを発注。お通しの鯨を突っついてると、来た。
IMG_20170114_181134017.jpg
あなご、さざえつぼ焼き、和牛炙り。
で、さざえですよ。北海道に住んでいるとさざえって見かけないんですわ。暖流が来るところじゃないといないらしい。で、実は初めて食べた。この三種盛り、どれもうまい。そして、もうちょっと食べたくなって満天博多巻きを発注。さば、かずのこ、大葉、がりの巻きずし。これも美味いなぁ。で、お勘定は2800円。気軽に美味しいものが食べられる。よい店だ。

次は平尾酒店
小倉に来る度に訪れている店。8時40分頃に入ったので、出るお客さんとほぼ入れ替わりという感じだった。ここに来ると必ず豆腐を頼むのだが時間が遅かったせいかなんと無かった。夏は冷奴、冬は湯豆腐、とにかく豆腐なのだ。で、ショックを受けていると「卵豆腐ならありますよ」とのこと。喜んで所望する。 
IMG_20170114_181134376.jpg

そして次はスナックうまい棒
うまい棒20000本のお店。
IMG_20170114_181135077.jpg


IMG_20170114_181135508.jpg


IMG_20170114_181135885.jpg

チキンカレー味はどのあたりがチキンなのかわからずじまい。納豆味は食べる前から納豆の匂いが立ち込める感じ。あと、たこ焼き味、めんたい味、牛タン味を喰った。食いすぎだ。
そもそも、うまい棒って名前がどうかしているのだ。自分で「これは美味いお菓子ですよ」って言っているんだから。
では、そろそろ宿に戻りますよ。明日は明日で忙しいんだから。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-21 19:00:00

2017年1月の旅 2日目 北九州市 A級小倉

テーマ:2017年1月の旅

開始時のアナウンス「自身と確信を持ってお送りする」と「最終最後までお楽しみ頂きますよう」ってのが最高なA級小倉(AQK)だ。今回で5度目。それにしてもこの看板は最高。

IMG_20170114_181132877.jpg
 
初めて入ったのがここということもあるのか、大好きな劇場。いい点を列挙。
・ちょうどいいサイズ
大きすぎず小さすぎず、盆の周りに行けばステージと同じ高さ、椅子席からなら軽く奥まで見下ろす感じになり、見方を変えられるのも長所。
・5人出演
5人出演で5000円。早朝料金4000円。一度入れば次回1000円引き券をくれるので、まあ、実質4000円。地方では4人や3人のところもある中での5人。
・野球拳とフィナーレ
一通り終わった後にアトラクションとして野球拳がありフィナーレのダンスもある。野球拳にでたことは一度もないが、これは見てても楽しい。踊り子さんが司会進行する様子や、その間の他の踊り子同士の軽いやり取りなども見ていて微笑ましいわけだ。このメンタルはワシがおじいさんに近づいていることを表しているとも言える。
とにかく、踊りだけじゃなくちょっと楽しい時間があるわけですよ。
・駅に近い
駅からとても近い。1階改札からだったら、徒歩3分だな。前は大丸ビル名店街というショートカットがあったので2分だった。大丸ビルは建て替え工事中だが、さて完成の暁にはショートカットは復活するのだろうか。
・抜群の昭和感
周りは飲み屋とパチ屋とゲイ専門の映画館。でも、もう一本向こうの通りは学生や子ども連れも普通に歩いてるような雑多な感じ。開始前アナウンスの「自信と確信を持って」も平成29年って感じじゃないわな。子どもの頃に漠然とイメージしていた「おっさんの娯楽」が今、目の前にあるということだな。

さて、この日だが正月特別興行ということでなんと6000円!しかし財布の中にあった1000円割引券という小さな御札がダメージを和らげた。途中で入ると、いつも「今、○○さんの始まったところですよ」などと、教えてくれるのもここの良いところ。

入ると1回目4番 小野今日子
静かな動きから大きく足をあげての激しい動きなど緩急を意識した動きがよかったです。

1回目5番 小室りりか
かつての巨乳AVスター。この人を見るのは2回目。
裸Yシャツとハットで登場。40ぐらいの筈なんだが動きいいわ。ベッドは椅子に座ったまま。椅子ベッドと言うらしい。初めて見た。

アトラクション
司会は松本幸奈。小柄なお姉さん。トーク能力A+。女性客3名を野球拳で優先するなど臨機応変な対応をしていたのも高評価。
この女性客たちとじゃんけんしてた小野今日子、小室りりか、夏木りりかも嬉しそうだった。女性客というのは重要だわな。
毎度書くことだが、ストリップなので当然エロいです。オープンショーもある。でも、ダンスはカッコいいし、ストーリーのある演目をやる人もいるしで、表現の場なんだわ。閉館する劇場が相次ぐ中、新規の客や女性客が少しでも増えてくれることが希望なんだと思う。
などと思っているうちに野球拳も交通遺児募金もフィナーレも終わり、そしていつもの開始アナウンス。これを聞くためにワシはわざわざ札幌から北九州まで来たのかもしれない。いや、そんなことはないか。とにかく2回目が始まる。

2回目1番 ゆきみ愛
小柄なお姉様。左膝にサポーター。膝が辛そうだが、踊りはしっかり。体の軸が流れない。かなりの実力者って感じ。ただ片足立ちでポーズをとる時に左足で立つのが見てて心配だった。演目は和物。

2回目2番 松本幸奈

過去に2度見ていると思う。小柄なお姉さん。踊りもいいしエロいし、見ていて楽しい。薄着にはなるものの3曲目まで上も下も脱がずに腰の動きだけで引っ張ったのには驚いた。4曲目はベッドなので漸く脱いだが、たいていは2曲目あたりで上か下かどちらか脱ぐわけで、そこまで引っ張ってもダレないのは凄い。大変な盛り上がりだった。

 

2回目3番 夏木りりか

茶髪。和服。遠眼鏡を持って踊る。船乗りか冒険家をイメージしたっぽい。華やか。今回の中では一番の若手だと思うが、それでも10年選手。

 

大変楽しかったのだが、なんか腹痛くなってきたっぽいので引き上げることにする。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。