字が小さいブログは疲れるので、大きくしている
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-03 19:13:02

2017年1月の旅 4日目 松山市 ニュー道後ミュージック

テーマ:2017年1月の旅

一昨日はAQK、昨日は広島第一、そして今日はニュー道後。

初めて行く劇場だ。温泉場の劇場。
ワシは40代に入ってからのストリップだから温泉場のストリップも知らないのだが、若いときに登別でストリップの看板を見た記憶はある。
 
現存する温泉ストリップは四国の道後と北陸の芦原、そして熱海と福島にあるらしい。熱海と福島は、ほぼ同じ人が固定で出てる模様。
 
ニュー道後ミュージックは土産物や飲食店が集まってるアーケードからちょっと外れたところにある。もっと進んでいくと風俗街らしい。ここの劇場は夕方スタートで演者は3名の4回公演らしい。入ると1回目と2回目の間の休憩中だった。
 
1人目 朝倉さりな
2年前の1月に東大阪市の晃生ショー劇場でデビュー。デビューの日ではないがその時に見ている
もうガチガチに緊張していたのを覚えている。だから、2年頑張ってきて今はどんなかなぁ、と。
 
開始のアナウンス等が終わりスタート。2年前よりふくよかで、あの頃よりエロい体つきの朝倉さりなが登場。ゆったりと踊り出す。自然な感じの笑顔がよい。2年前は笑顔もきつい感じだったもんな。のびのび踊っている姿を見て、なんか感無量って感じだ。選手でも役者でも芸人でも同じだが、成長を見るのは嬉しいものだ。況んや踊り子おや。
 
ポラタイムで、デビューの時と比べてのびのびと踊っている姿を見て嬉しい、というようなことを伝えた気がする。
トークもスムーズで成長を感じた。
こうしてはまっていくんだろうなとも思うがw
 
2人目 さくらみみ
小柄なお姉さん。手にマイクを握り、もう片手にポータブルアンプを提げて登場。秋葉原とかの路上アイドルといった様子。独白の形で「今日は秋葉原から松山にやって来たよ」「あれー、道に迷って道後温泉に来ちゃった」みたいなことを言いながら脱ぎだす。たいした数は見ていないが、これまで見てきたストリップの定型とは明らかに違う感じだ。でも、それも有りだと思うのだ。ストリップを見て思うのは、ここは表現の場だということだ。ストリップだから勿論エロいのだが、女性の体の美しさを押し出す人もいれば、ストーリー仕立ての人もいる。自分で縛ってぶら下がる人もいるし、スルスルと天井に向かって登って行く人もいる。始まって10分ぐらい脱がない人もいた。着物もあればドレスもあるし、アラビア風とかほんとに色々だ。エロささえ確保されていればかなり自由度の高い表現の場なんだと思う。
 
そして最後は自分の曲「きゅんきゅんすとりっぱぁ」で踊って締め。
なんかスゴいの見ちゃった感じだ。
独自の進む道を決めた人の強さを感じた。
 
3人目 白咲かのん
細いお姉さん。とても細い。
ここの劇場はポールダンス用の棒があって、それを活用した動きが散見された
ここはのんびりした感じで楽しい劇場だった。また行きたい。
 
では、去ることにする。路面電車で荷物をコインロッカーにいれてある大街道へ向かう。
 
荷物を取ってから大阪なんば行きのバスに乗る。JR四国バス。トイレ有りのせいか高速道路サービスエリアでの休憩がなかった。途中で降りられた方が息苦しくなくて良いのだが。
で、大阪はなんばのOCATバスターミナルへ到着。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-30 17:00:17

2017年1月の旅 4日目 松山 道後温泉 味倉

テーマ:2017年1月の旅

のどかな風景を見ながら松山市内に入り、ここからは路面電車に乗り換える。
一日乗車券を購入し、大街道という停留所で降りる。ここにはバスの待合所があり、コインロッカーがある。この夜に乗る予定の関西行きバスの停留所でもある。
 
さて、荷物を置いて身軽になったので、道後温泉方面へ歩いていく。電車が来てればすぐ乗るのだが、まだ来ないようなので少し歩いてみる。松山市は四国最大の都市で人口は約51万人とのこと。そういえば50万規模の街ってあんまり来たことないか
もしれない。姫路や東大阪がそれに近いみたいだ。そして歩くうちに電車が来たのでそれに乗ります。目指すは道後温泉です。
道後温泉の外観の写真も少しは撮ったのだが、やはり観光地で賑わっており人がばっちり映り込んでいるので載せない。



お茶と団子

風呂は2種類ありどちらも入ったが、まぁ普通かな。建物の雰囲気と浴衣に着替えて休憩するという体験に価値というか人気があるのだろう。風俗街の真ん前にある別府の竹瓦温泉の方がワシは好きな雰囲気。

道後温泉本館から出てアーケードの商店街を歩く。お土産屋とか和食レストランみたいなのがたくさんある。

お洒落バカっぽいのとか高そうなのが何軒かあったが、当然そういうとこには行かない。で、アーケードの始まりの方にあった味倉という店へ。いかにも観光客向けって感じではあるんだが、なんか昭和な感じの雑然さですな。ま、どうせ観光客向けの店しかないんだから、昭和な方で行く。


日本酒がこういうのに入って出てきた。燗酒じゃないけどふたつき。これは期待が高まるわな。



じゃこてんだったか。愛媛では必修らしい。で酒を呑みながら鯛めしを待つ。

 固形燃料臭いやつなんだが、鯛めしは喰いにくくて蟹のようなイベント性があって楽しかった。

ここはなかなかいい感じの店だったわ。

さて、腹も埋まったので出かける。小倉、広島、ときて今度は道後温泉。何しに来たのか、それは次回だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-06 17:00:00

2017 年1月の旅 4日目 広島 ミルキー鉄男のかき小屋宇品店

テーマ:2017年1月の旅

路面電車に乗って広島港へ。広島港から愛媛県松山市へ向かうのだ。

広島港の電停は小奇麗だ。
 
松山行のフェリーが出るまでの間に、牡蠣小屋へ行く。フェリーターミナルの真ん前が公園でその中に牡蠣小屋があるのだ。牡蠣小屋は九州や広島ではポピュラーな冬季限定レジャーのようだ。福岡や北九州に繰り返し行くうちに牡蠣小屋の存在は知ったのだが、基本的に車で行くものらしいとわかり断念していたのだ。ところが、広島には路面電車でいける牡蠣小屋があるらしいそしてそれは松山行きのフェリーのすぐそばだ、と。なら行くわな。




牡蠣とかき飯とかき汁。炭代も合わせて1800円。







もう大興奮なのだ。
さんざん喰って賀茂鶴呑んで、大変満足したのでフェリーに乗る。


松山行きはフェリーと高速船がある。雑に言うと高速船は時間半分値段倍。フェリーで行きます。高速船はずっと椅子に座ってなきゃならんが、フェリーはデッキに出たりうどん喰ったりできるしな。

静かな海と島という瀬戸内海らしい風景


絨毯に横になっていたのだが、ふと窓の外を見ると狭い海峡を通過中ではないか。音戸の瀬戸ではないか。慌ててデッキに出て写真を撮る。音戸の瀬戸はかつて来たことがある。のんびりしててとても良かった。またこれで2度目。また来たい。


フェリーの売店兼軽食コーナーで肉うどん550円。こういうサービスは儲からなければ廃止になってしまうからな。存続のためにも食べた。味は普通の冷凍うどんなんだが、海を眺めながら食べるのは楽しいわ。
 
松山に到着。後ろの山がなんとなく愛媛って感じだ。


松山市内へ向かう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-04 17:00:00

2017 年1月の旅 3日目 いいお酒 一彩 お好み村

テーマ:2017年1月の旅

重富をあとにして向かう日本酒バー

いいお酒 一彩
「いいお酒」という店名に若干の微妙な気持ちを持ちながらも訪問。いいお酒という言葉から太田和彦を連想してしまう自分はひねくれた酒呑みなのだろう。
繁華街のアーケード内にある細いビルの3階。エレベーターはないので階段で上がる。カウンター6席ぐらいとテーブル2つ3つだったか。ウェルカムドリンクでビールかウーロン茶をどうぞとのこと。さっきビール2杯呑ん㌦からな、ウーロン茶をお願いし即トイレへ。
 
一口ずつで三杯のセットができるとのことで所望。ポテサラもうまかった。
IMG_20170203_081016649.jpg
 
始めの三杯。カウンター後ろの冷蔵庫を見て、華鳩の純米吟醸中取り別注品と五橋ファイブグリーンを希望。もう一つは、「重たい感じの酒らしい酒を何かお願い」と言って出てきた雁木。うむ、正しい選択だと思う。
IMG_20170203_081017782.jpg
この中で出色だったのが五橋ファイブグリーン。木桶で仕込んだ酒なんだって。どっしりしてて、味が濃い。美味い。ちょっとびっくりする酒。
 
IMG_20170203_081017026.jpg
お通しのだしまき卵。これだけで十分に酒のあて。
 
IMG_20170203_081018116.jpg
すっきりしたのを何かくれ、と言って出てきたのがこれ。亀齢。すっきりしてた。何杯でも呑めそうな。ま、そんなことはしませんが。
隣に座った金持ちっぽい夫妻と少し喋る。広島は全体に酒造りが盛んなこと、とりわけ東広島や呉が盛んなことなど色々教えてくれた。いい話が聞けたのだが、煙草を吸いだしたのがなぁ…。煙いし、服に匂いがつくのが嫌なのだ。ま、葉巻みたいに香りが良いものなら考慮の余地がないわけでもないが。
 
IMG_20170203_081018523.jpg

最後に肉吸い。呑んだら温かいものをちょっと欲しくなったりするんですわ。
ここは酒も食べ物もかなり良かった。禁煙だともっと良いが、それはまあ店の方針だからな。とにかくここは楽しかった。また、広島に来たら行く。
ただ、広島第一劇場が閉館だからなぁ。ストリップは正味な話、風営法の関係でこれから新しく小屋ができることはない。減る一方な訳だ。最後までみとどけるなんてことができるのかどうかはわからんが、できるだけ見ていきたい気持ちはある。となると、ストリップがある街優先で旅することになるわいな。うーむ。

さて、結構酔ったので炭水化物を摂取して宿に戻ることにする。広島の炭水化物はお好み焼きだわな。で、お好み村というビルに行く。はい、札幌にもありますよ。こういう観光客向けのやつ。お好み焼きじゃなく、ラーメンだけどな。すすきのにあるラーメン横丁とか、札幌駅の辺りにあるラーメン共和国とか。どちらも一度も行ったこと無い。人気店は混雑し、そうでない店はそれなりなんだと思う。それなりな店はワシのような「行列に並ぶような気合はないくせになんとなくきてしまったから、空いてる店に入ってしまった」みたいな客に支えられているのだと思うぞ。

お好み村の中は同じようなレイアウトの店がずらりと並んでいる。混んでいる店、空いている店。で、空いている店に入る。今日で旅も3日目かなどとぼんやり振り返りながら待つうちに肉玉がやってきた。味はふつう。ま、アチアチは美味いよな。

IMG_20170304_092028008.jpg

 

そして宿に戻る。欧米人が車座になって酒盛りしていた。ここは外国人の多い宿だ。そしてアジア人少なめ。さあ、寝ます。明日は松山に行きます。 
 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-05 19:00:35

2017 年1月の旅 3日目広島市 センター食堂 ビールスタンド重富 

テーマ:2017年1月の旅
広島第一劇場をあとにして、紙屋町交差点へ。コインロッカーに荷物入れてるからな。
でも、荷物取る前に行きたいところがあるのだ。腹も減ってるしな。
センター食堂
市内中心部にあるバスセンターと同じフロアにある食堂。
こういうバスターミナルとかにある、利便性重視で安くて若干ひなびてはいるがまだまだ現役って感じの店が大好きなんですわ。庶民の味方って感じで。札幌だったら中央バスターミナルの地下の食堂街とか大好物。心の故郷って感じ。
この店は繁華街の交差点に面したビルの角部屋で3階。景色いいんだわ。注文はワシの大好きな晩酌セット。IMG_20170203_081015177.jpg
飲み物はビール、日本酒、焼酎から一つ。小鉢か冷奴から一つ。お造り、煮込み、串カツから一つ。これで980円。
小鉢は南蛮漬けだった。南蛮漬けって造るの面倒だから食べる機会が少ないので、有り難い。
醤油の味が九州のような色。少し甘い気がした。広島の醤油は甘いのか、甘いところもあるぐらいの感じなのか。
5時ぐらいという微妙な時間帯で空いていてとても快適。
 
さて、満足したので荷物を取り、宿へ。
この日の宿はサンチャゴゲストハウス広島
市内中心部にあり、ちょっと歩けば呑み喰いできる場所は山ほどあり。開業して一年ぐらいとかで設備は新しい。外国人客ばかりで日本人は受付の人ぐらいかな。
 
では一休みしてから出発。
ビールスタンド重富
5時から7時までしかやってない酒屋の立ち呑み。メニューはビールのみ。食べ物の持込みはできない。ただし、注ぎ方が何種類もある。そして、1人2杯まで。なんとも特殊な店だ。着いたのが6時35分ぐらい。行列は10人ぐらい。入れるか微妙だが、折角だしいつでも行ける店でもないので並んでみることにする。いくら並んでてもみんなビール2杯飲んだらすぐに出てくるんだから呑めるだろう、と。そして10分ぐらい待つと招き入れられた。
 
壱度注ぎ
IMG_20170203_081015887.jpg
勢い良く注がれたアサヒ樽生。アサヒ樽生はスーパードライの前の主力商品で今は業務用に細々と作られているとの話だった。
牛乳を呑むようにゴクゴクと呑んで下さいとのことで、慌てて呑む。写真は他のお客さんのを撮らせてもらった。いや、写真撮ってるあいだに少しでも味が落ちたら嫌じゃないですか。
喉越しが普段飲んでるビールと全然違うのだ。びっくりした。
ビールに詳しくないから知らんかったけど、ここはビール好きの間では有名なお店なんだと。
 
IMG_20170203_081016243.jpg
 
こちらは参度注ぎ。これも人の酒を撮らせてもらった。
IMG_20170203_081015533.jpg
注ぐのに5分かかるとのことで、自分は弐度注ぎを呑む。柔らかい泡。
2杯呑んだので店を出る。店主から、いってらっしゃい!と声をかけられる。みんなこれから呑みに出るのだから。
 
で、大変良い店なのだが、ちょっとだけ気になる点を述べる。
壱度、弐度、参度ってのを見て微妙な気持ちになった。前から思ってることだがかっこいいと思って旧字体を使う感覚が私にはわからない。そういう人とはたいてい考え方が合わない。などと遠回しに書いたが正味な話、ダサいチャラい頭悪いな場合が多いんですわ。端的なのが暴走族とかな。
 
もう一つはここのホームページのアドレスが http://sake.jp/beer_stand/concept/ っていうんですわ。sake.jpですぜ。酒ドットJP。こんなドメイン取っちゃうのってどうでしょうかね。酒造組合連合会みたいなところが取るならわかるが、広島の一酒販店がサケドットジェーピーは強烈な違和感。
 
でも、もう一度言うがビールは凄い美味かった。店内も店主も感じ良かった。
 
さて、この後どうするか。お好み焼きの名店みたいなところに行ってみるも30人以上は並んでいたのでやめておく。で、日本酒バーみたいなのを検索すると何件か出てきたが定休日だったり、一人客向けじゃなかったり。そんな中一件だけ良さそうなのがあったので、そこへ向かう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。