日本人にはまだまだ少ないワキガあせる

 

だいたい日本人だと1~2割らしいですね!

 

でも欧米だとどうでしょう。

元々昔は、人類だいたいみんな耳垢が湿っていたという過去もあるし

 

欧米だと白人の約7割、黒人だと9~10割の人が耳垢が湿っていて

 

それと同じくらいの割合でワキガがいるらしいですびっくり

 

 

だから、ワキガな人が身近にめちゃくちゃ多いから

 

ワキガ対策商品というのは欧米ではすごく充実しています。

 

だって、ワキガ人口が多い分、売れますからねビックリマーク

 

そしたら海外のデオドラント製品は強力なものが多いのでしょうか??

 

 

ちなみに。

 

みんながワキガすぎて、

 

「ワキガ」という単語は意識して使われておらず

 

あくまで「体臭」というくくりで扱われているそうです。

 

 

 

「年齢を重ねると当たり前に臭ってくるもの」とう意味では、

 

日本で言う加齢臭と同じ感じですかねニヤリ?!

 

 

で、海外ではワキガ人口が多いので

 

当たり前のようにワキガ対策用品が売られています。

 

当然、手軽に近くのドラッグストアなどで

 

ワキガケア商品が手に入るんですね!

 

(かなり羨ましい・・・ラブラブ

 

 

 

そんな、海外で優れているのは、デオドラント製品。

 

日本みたいに、みんな手術で治すなんてことはしません!

 

 

外人ってとにかく香水の香りがキツいですよねあせる

 

欧米では、まずデオドラント製品で臭いを薄くし、

 

その後とってもキツい香りを香水などでつけて

 

目立たなくしたり

 

デオドラント機能+強烈な香り付なアイテムを使って

 

臭いを目立たなくするというのが一般的なやり方。

 

 

だから、欧米の人たちはデオドラント商品に関する関心がとっても高く

 

商品も豊富にあって、

 

結果的に

 

効き目の強いデオドラント商品が多い!っていう状況になるんですね音譜

 

 

だったら海外に行ったときに、

 

沢山海外製のデオドラントグッズをお土産に買って帰りたい!

 

って思っちゃいますが

 

1つ注意が必要なことがあります。

 

 

それは、

 

大抵の商品の香りが超絶に強いこと!

 

海外でなら問題なく使えると思うのですが

 

日本で使ったら

 

「スメルテロ」って思われ逆に嫌がられますよね。

 

 

日本人は本当に臭いに敏感!

 

だからやみくもに

 

海外製だから効き目が強くて○(マル!)

 

というわけにはいかないんですねガーンあせる

AD