箱ミネコの℞日記(暴走)単行本発売中!

漫画化に続き書籍化好評発売中!!(驚)実録離婚調停日記。モラルハラスメントの元夫へのやり場のない怒り、調停離婚の手順、自身のトラウマ脱出メンタルケアなど綴って行きます。


テーマ:

息子に「ねんね」というと、「ぐおーぐおー」とリアルないびき真似をしながら寝たふりをするので、じーじから「いびき女疑惑」でからかわれているミネコです(涙)断じて違いますから!!と言いたいところだが…コレばかりは自分で確かめようがありません、敗北!!くそう~!

そんでもってここしばらくの実家近辺の添付画像で「なーんだ元お姑の言っていたとおりミネコは山育ちジャン」とか思われているかも?って疑心暗鬼になっていたりしてます(おバカ)

違いますから!!てことさら強調してみたりして(爆)

モラ並に無意味に言い訳してみるとですね(笑)じーじが退職金で生まれた土地とは縁もゆかりもない山に家を建てて移り住んだから今そこが実家になっているわけです☆だから周辺には知人も居ません、てゆーかもとより人口少なすぎですけど(爆)

最近切り開かれた土地なので風光明媚、車社会になってしまったし、日本の人口も減少傾向に向かっているので、もうこれ以上の開発もあり得ないでしょう(笑)変わり者のじーじが隠居するにはふさわしい場所です(爆)


それは兎も角、久しぶりに「モラ用語の基礎知識」を更新します、もう収集つかないほどに増殖の一途を辿るオリジナルモラハラ言葉?(爆)ややこしくしているだけであえて造語する意味は全くありませんが、ま、いーじゃん個人的な趣味だ、ゆるされい皆の衆!(偉そう)


「ハラレルゾンビ」 状態 停詞

モラルハラスメントによって精神的脳死状態に陥った被害者(ハラレル)が「死にながらに奴隷化されて生きている」状態からサバイブ(生還)することにより、ある意味「不死身(涙)」となったコトを指す。

この状態にまで熟成されたハラレルは、もはやモラのへっぽこ散弾銃も効かないほどに心を失っている、その姿は滑稽で悲しいが、サバイバーとしてモラ撲滅最強戦士へと変化を遂げたので何ら恥べきコトではない!!


「ポジ恥部シンキング」あるいは「モラティブシンキング」 停止

幼稚でバカ野郎なモラが、自分に都合の良い思考をタダ漏れさせている状態を指す言葉、早期発見を逃すと「新車はすぐ買い換えても、ローンはスライドするだけだから、買い換え続けても結局得だよね☆」とか「共働きだから結婚しても家族を養わなくてもいいよね☆」とか「謝ったんだからもういいだろ?いつまでも根に持つ方が悪いぞ☆」とかどんどん増長してほざきやがるので、

ドクロぶっ殺せ!!むかっ(呪)


「先天性ハラレルウイルス保因者」 病理

親、親族に強烈なモラが存在する家庭で生まれ育った人が、モラ毒に先天的に耐性を持ってしまっている状態を指す、キャリアであることにいち早く気づき発病予防処置を行わなければ、将来ありとあらゆる生活の場面でモラにハラレて蝕まれていくことは自明の理である!(衝撃)なお、モラが治らない病であるようにハラレルもある意味不治の病!…ではあるが、「免疫」システムさえ正常に働けば「一病息災」ともなりうる天の賜、天賦の才でもある!!希望を持て☆

類系システム「ハラレルフェルモン」


「(オレの)常識観念」あるいは「(オレの)道徳観念」 マトリックス

モラがモラである所の最大の特徴、および大迷惑が「自分勝手な論理をさも一般常識のようにもっともらしく、他人に強要すること」である!一見筋が通って居るようだが、所詮「バーチャルモラ世界」ちんけな「まやかし」である(爆)

類似語「モライリュージョン」「モラオレルール」


「ロボ助産婦さん」 人物

ミネコが出産でプチ臨死状態になったときに見た、息子を取り上げてくれた助産婦さんのメカニカルな幻覚容姿(爆)しかもかなりアナログ(笑)でもとっても優しい人なんだよラブラブ(ココをクリックすると謎が解けます…?)


「忘却システム」 神の領域

出産のため脳貧血となり記憶がバグったために、元夫との「恋愛時代の美しい思い出」が飛んでしまったミネコです(爆)しかしソレで良かった、覚えていたら離婚後の立ち直りは困難を極めていたはずである!また、結婚生活や、幼年期の最も辛い記憶も日記を読み返してみると、実際の記憶がかなりあやふやになっていたのにも驚いた!

しかし他のモラ被害者が同様の「喪失」を経験していることから、どうもバグのせいだけではなく、人はキャパシティを凌駕するほどの衝撃を受けると自身を防御するために、ある程度都合良く「忘却システム」が働くようなのである。

「人は痛みを忘れるから生きていける、そして快楽を記憶できないから飽くことなく追い求められる」と言うことなのかも知れない…。

似て異なる単語は「記憶障害」


「母に処刑される!(爆)」 強迫観念

強烈な個性を持つモラ母に養育されていたミネコと兄は、モラの地雷を踏まぬよう常にセンサーを張り巡らして稼働していた(爆)そんな兄妹が母の地雷源と目される出来事、会話かどうか2人で確認する時の合い言葉だったのがコレ(笑)って笑えないかも知れないな、フツーのご家庭で健やかにお育ちになった方々には…(自爆)


「ハンプティーダンプティーお姑さん」 UMA

元夫の母にしてミネコの元お姑さんの形状を端的に表した言葉、大正モダンボーイと小町と呼ばれた撫子との間に誕生した(お姑さん自己申告ではあるが…)とは到底想像がつかないのだが…「悪い人ではないが失敬ではある」とはモラバス巫女ちゃんのコメント、まさに言い得て妙~そんな人だ(笑)


「切腹で淘汰」 妄想強引用 
モラは人類発祥の瞬間から存在していたと妄想前提し、いかなる場合でも必殺、必勝を求めるその気質は、特に狩猟民族に起源を求められるであろうと断定する!されば戦闘のプロであった武士はモラばかりだったのであろうか!?…その答えがこの引用である!!(乱暴)


「モラバーチャル機能」 システム 誘発コメント→みのむしさん

見てきたようにオノレの妄想で物事を語るモラの「電波来た」状態を分かり易く説明するとこうなる(笑)自らの妄想で疑心暗鬼に陥り、他人を攻撃したり、勝手にダメージを受けたりする(驚)全くの独り相撲なのだが、他人をどうしても巻き込もうとするので頭ごなしに叩き伏せられることも多い、自業自爆だぞ!?モラ!(呆)


「究極のモラカップル」 神の領域 誘発コメント→みおさん

モラはどんな人間関係も破綻してしまうのだろうか?その謎に一つの答えを見いだしたのがみおさんの観察眼である(笑)モラ&モラのカップルならば、常に同じパターンでだらしなく、常にアドレナリンバリバリで「血みどろで喧嘩するほど仲良し☆」という状態をキープできるのかも知れない、しかし周辺関係者の被害は甚大であると推測される(怒髪)


「未成熟なナルシズム」 心理学

ナルシズムというものは人間が個として成長する過程において欠くことの出来ない要因である、自分を愛し、自分をリスペクトし、自分を理想化して、自分を許すこと、コレが熟成されて初めて他人との共感性を築き上げて行くと言っても過言ではないだろう。

が、しかし思春期を正常に越えられない身の程知らずなモラの未成熟なナルシズムは自分を見失い歪な自己愛のみを形成する、共感性など差し込むゆとりもありゃしない!(呆)

同様にアダルトチルドレンとして他者から不自然に心の成長をゆがめられたハラレルにも「他者に自己の希望を投影する」という依存性が見られる、ココを越えなくては一生モラにつきまとわられ、正常な人間関係を阻害されることになりうる(怖)

自己逃避の塊であるモラには成長の可能性は無いが、オノレの息苦しさから解放されたいと心から願う人であれば熟成の余地は残されているのである、おきばりやす!!


「妖怪の赤子」 生物学

モラの剥き出しの幼児性「未発達なだけ」との誤った判断を下し、母性本能のままに近づくことにより、「全てを晒して動物的な触れ合いを与えてくれる、この人に必要とされている!そんな激しい感情に焼かれてしまって 丸焦げ(爆)

モラは育てようとしても決して育たない妖怪の赤子!

絶対近づいてはならん!(結論) ←記事より抜粋



♪恋の中にある 四画の「シタゴコロ」 単純に踊れないよ~♪まずは等身大で行こうぜ☆ネコ(笑)激しく応援クリックプチッとよろしく☆

ランキュー  ランキング離婚


↓クリック強化月間!お恵みよろしくですー☆

 



いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。