アナウンサー沢野有希のハセツネ完走後の道~♪

アナウンサー沢野有希が、日本最高峰のトレイルランニングレース・ハセツネ(日本山岳耐久レース)初完走までをつづってきたブログ。
完走後は、ファントレイルランニングを中心に活動しています。


テーマ:
昨日、bayfm入り前に書店に行ったら
勝間和代さんのムック本「まねる力」が平積みされていた。

「AERA」好きで、勝間さんの連載も発売予告も読んでいたので
別の本と一緒にさっそくレジへ持って行った。

アナウンサー沢野有希のハセツネ完走後の道~♪-200907012348000.jpg


「まねる力」。

「比叡山に酒井雄哉大阿闇梨さんに会いにいってきました」で
酒井雄哉師の
「でも人間というのは一歩ずつ一歩ずつ歩きながら、
 呼吸も整えて、心も鍛えられる。
 歩く感覚がなくなれば、(時間感覚が)狂って当たり前なの。」
(「まねる力」より)
の言葉に、忘れてたことを指摘され、ガツンときた。

ああ、そうだった。

わたしが山に行き
トレイルランニングをするのも、それが大きな理由のひとつ。

アナウンサーの仕事で
いけないと分かっているのにOA前に走っちゃったり
呼吸が乱れたりすると、思ったとおりにいかないことがある。

アナ仕事やトレイルランニングの経験から
歩くこと(トレイルではカラダを動かすこと)で
呼吸が整い、心が鍛えられることが分かっていながら
それでも、うっかり忘れてしまったりする。


酒井雄哉師との対談ページを読んで
ああ、そうだったと、自分の頭を下げた。


勝間さんの「まねる力」は心からすごいと思う。

「15人の変革者に学ぶ」と題したインタビューに
ミス・ユニバースジャパン ナショナル・ディレクターの
イネス・リグロンが取り上げられている。

イネスさんといったら、ミス・ユニバース世界大会で
2006年に知花くららさんを2位に
2007年に森理世さんを世界1位に導いたひと。

勝間さんはイネスさんとの対談を機に
美に対する意識が変わり
髪の毛を伸ばしはじめ
家では、だぼっとした服から
よりカラダにフィットした服を着始めたとか。
さらに、体重も体脂肪も少しずつ落とすよう心がけているという。


そのほかにも、勝間さんの実行力をあらわす
エピソードがある。

桜沢エリカさんが、初めて勝間さんと出会った時
実物と写真の落差に驚き
「勝間さん、こんなにキレイなんだから
 写真を変えたらいいのに」といったら
その日の夜に、勝間さんから
「写真を変えました。」とメールが送られてきたとか。

よいと思ったものはなんでも飲み込んで
なんでも自分のものにするところ。
今回、この本を読んで
Mr.Childrenの曲「友とコーヒーと嘘と胃袋」の歌詞が
頭に浮かんだ。


わたしがここ3ヶ月間ほど、コンスタント更新をしているのは
勝間さんと、すみきちブログ。の好影響。

勝間さんは、これまでの著書のなかで
メールやブログで自分の思考を言葉にすることを推奨している。

時々、心のなかがもやもやすることがある。
そういうときは、ブログが書けない。
なぜなら、言葉になっていないから。
1日、2日経ち、もやもやがゲル化状になり
ちっちゃな言葉になってきて
初めて、自分がどう感じていたのか、どう思っていたのかが
どうしたいのかが、見えてくることがある。

意識して書くことで、もしかしたら
もやもや→ゲル化→言葉のサイクルが
早くなるかも、と期待しているところもある。
はてさて、これに関しては、実験中。

それと、前にロバート・ハリスさんとお話したときに出た
文章筋(書き続けていないと書けなくなる)を
鍛えるのも、その理由のひとつ。
文章を書くことも活動のひとつにしていくと思っているから。


こう書いてみると、この3ヶ月、歩くようなスピードで
「まねる力」を実践してきたのかもしれない。

ほかにも、生物学や、姿勢、メイクと気になる話満載で
まだ噛み砕ききれていないので
バッグに入れて、持ち歩こうと思っている。



勝間さんで検索をしたら、今回の本に掲載されている
広瀬香美さんとの出会いのエピソードを書いたブログ
「偶然は必然?広瀬香美さんとの出会いからの考察」
見つけました。
こちらもオススメです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

沢野有希さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。