自意識過剰を連れて登壇します

テーマ:

 

いよいよ 明日20日(火)

かほく市議会 一般質問の日です

 

一般質問

議員が内閣や首長などの執行機関に対し、

行政全般にわたる施策の状況や方針などについて

説明・報告を求めること

@コトバンクより

 
明日は わたしを含め 6名の議員が
登壇する予定です
 
 
わたくし この4月に初当選した
ピカピカの1年生議員でございまして
登壇ということも
初体験でございます
 
初体験って 緊張しませんか?
 
先日も わたしの住む地域の長(大先輩)と
話していたんですが
 
「おまん 話うまいさけ
じゃまないわいや~」
(訳:あなたは話が上手だから大丈夫だよ)
と仰せられるが
 
確かに
わたしは 弁論大会石川県代表
元バスガイドでセミナー講師してますので
実は人前で話しすることに
あまり抵抗はないんですが
 
以前 こんな経験をしたことがあります
とあるセミナーで
参加者全員がプレゼンテーションを
するという場面に立ち会いました
 
参加者たちはなるべく人前でしゃべりたくない
表だって話するのが苦手~となるわけですが
 
わたし自身は得意分野ですので
涼しい顔してるわけです
 
思った通り わたしな なんなくプレゼンテーション
できるんですが
講師の先生は
「貴女の経験とキャリアはわかりますが
緊張感がないと胡散臭く聞こえる」
という ご指摘を受けた時に
 
なるほどっと思ったんですね
 
緊張感がないと
そこに 必死になっていること
エネルギーを使っていることが見えない
聞いている方は安っぽく聞こえる
 
講師の先生は最後に
「緊張してください」
と言われました
 
楽勝と思うものは 軽んじますよね
 
それから プレゼンテーションする前には
ある程度の緊張感を持つようにしています
 
それは 自意識過剰になること
 
「みんな わたしを見てる」
と思うことなんですね
 
議場には テレビカメラもあります
ケーブルテレビでも生放送ですし
傍聴席にも いろんな方がお座りになる
目の前には 市長及び執行部のみなさんがズラリ
 
「みんな わたしを見てる」
(だって かほく市議会で登壇するのは
女性でわたしが第1号ですので)
 
そう思うと じわりじわり緊張感が
やってきております
 
慣れというものは 怖くて
慣れは胡散臭さを引き出してくる
 
それを踏まえて
一般質問してきたいと思います
 
今日も 「明日楽しみにしてます」
という ご婦人の声をたくさんいただきました
(※女性市議は かほく市では初です
ご興味持っていただけていること 嬉しいです)
 
 
みんな見てる
 
少しの自意識過剰とプレッシャーを連れて
登壇いたします
 
塚本佐和子の登壇は 
明日 13:30~(30分間)
 
お時間にご都合よい方は
是非 傍聴にお越しください
 
都合の悪い方は
ケーブルテレビで生放送されます
市政にもっとご興味持っていただけるように
努力していきます