やっと

テーマ:
母の気持ちを、母の考え方をやっと受け入れられるようになった。

数日前のはなし。

実家にいる兄と疎遠なのは、母の考え方が間違ってるから!
だからこうしてほしい!
ああしてほしい!

積年の思いは、母との言い争いを起こしたり、母と疎遠になることを選ばせたり。。

母がどんな気持ちでいるかは、母の自由なのに。私も私の自由な気持ちで母に接しているのに。
母にはそれをさせなかった、許さなかった。
母には、

母はこうあるべき!それ以外はない!
絶対に!!

ってずっと思ってた。

でも、あまりにもうまくいかない兄との関係を、すべてうまくいってる前提でみたら、どう意味になるんだろう?って考えた時、

家族ではなく、家族以外の所に私の幸せがあるのでは?

って思えた。

そしたら、点と点がつながる感覚があって。
そう言えば、物事が大きく進む時は、ほとんど兄家族と揉めた時だった!!

そしたら、母も私が幸せになるために、嫌な役を演じてくれてるのかも。

そう思えたら、ほっっんと楽になった。

私が母を好きな気持ちは大切にしよう。
母の行動で嫌な所は見ないでおこう。

そうやって母と接するようになったら、母の態度も全然違ってきてて、母と仲良くなれた!

母に、小さいときに、兄のいじめがひどく、お風呂場で死のうと何度も思ったことも話せた!
母は、まったく記憶になかったみたいでショックを受けてたけど、私は母に伝えられたことで、積年の思いは解消してる。
まだ完全ではないけど。

やっとやっと、母から卒業できそう。
私は私を、自分でもっと幸せにする。

久しぶりに

テーマ:

数か月ぶりにランニングを再開した。

 

おとといは朝ラン。

そして今日は、何となく夜ラン。

 

残業が終わって家でごはんを食べたら、すごく眠たくなったけど

体幹トレーニングをしてたら眠気が覚めて、やっぱりランニングにいこうって思えた。

 

15分走って、折り返し地点でUターンしたら。

 

 

そこは、満天の夜空だった。

あまりにきれいで涙が出た。

 

私がダイエットを気にしない体型だったら、絶対ランニングなんてしてない。

走るのが死ぬほど嫌いで、高校卒業した時に何よりうれしかったのが、金輪際マラソンをしなくていいことだったから。

 

でもこの星空は、ダイエットしたいと思えたからこそ見えたもの。

そう思うと、私が長年悩みと思っている自分の体型ですら、悩みじゃなくて、宇宙の

偉大さを気づかせてくれるきっかけなんだ。

このきっかけがあるからこそ、この空が見れたんだ。

 

すべての出来事は本当に必要で起こってる。

すべては完璧なんだ。

 

今夜、久しぶりに宇宙の偉大さに気づかされた。

人間の知恵だけでは計り知れない大きさがあるんだね、宇宙は。

 

そして私は今まで気づかなかったけれど、

仕事を終えて、目の前と足元しか見てない私を、こんなきれいな星たちが

いつだって見守ってくれてるんだ。

 

すべてはあるのに、私はない部分ばっかり見てたんだ。

 

私の心に芽生えた、今は全く形にならない夢も。

きちんと形として受け取れるから、今を楽しんでいきていこう。

確信として、心の中に感じた。

 

きちんと受け取れるから大丈夫。

だって、すべては「ある」から。

探さなくてもいい。

受け取るだけでいい。

 

 

 

 

赤ちゃんのパワー

テーマ:

一ヶ月前、姪っ子に赤ちゃんが産まれた。

 

実家にいる兄家族と、長らく不穏になっており、姪っ子の結婚式も母経由でしか聞いてないし、出席の打診もなかった。

そして、姪を含む兄家族から、結婚も、出産も何の報告もなかった。

 

だけど、私の息子は、平日は毎日実家で晩ご飯を食べてるから、別世帯の

兄夫婦とは普通に話す時もある。

 

20歳と19歳で結婚した兄夫婦とは、実家で同居していた時期も長く、姪っ子甥っ子が産まれてもそれなりに仲良くしていたけれど、私が離婚して返ってきた時期から、いろいろとあってうまくいかなくなった。それで私も実家を出た。

実家を出て、結果的にすごくすごくよかったけれど。

兄家族との仲は、もう何年も前から修復不可能になってた。

 

そんな状況で、母から「○○が赤ちゃん産まれたよ。もうかわいくて~」と言われた時も、

「へえ~」としか思わなかった。

母はいつも、兄寄りの立場だった為、気づくとなぜか私が悪者?私が我慢する事が多かった。仲良くしたくて頑張ったけど、全然無理で、かばってくれない母も嫌いで、実家とは距離を置いてる事が多かった。

 

赤ちゃんが産まれたって聞いた後、なぜだかその赤ちゃんが、私の中でキラキラと輝いてた。

兄家族や姪っ子には、それほど興味もないけれど、赤ちゃんのエネルギーを感じて、

「お祝いしたい」と、強烈に思った。

 

で、諭吉さんを包んで兄嫁に渡した。

 

だけど、その後誰からもお祝いを受け取ったと連絡もなく、赤ちゃんも見ていない私は、家族であってもう家族でないんだなあと、実家から除け者にされたような気がして、強烈に寂しくなって、夜一人で泣いた。

 

そして、もうこんな悲しい思いをするなら、実家とますます関わりたくない。

 

そう決意した。

その嫌な思いにフォーカスしても仕方ないので、意識して違う事、楽しい事を考えるようにした。愚痴を聞いてもらえる人には、聞いてもらってスッキリした。

 

そして私の頭の中から、その事実が消えかけた月曜日。

 

母から「姪っ子がお祝いの礼をしたいって言ってるけど、いつ実家に帰ってくる?」と連絡があった。

また、心がざわつく。嫌な気分になる。もう正直いきたくない、自分が傷つくなら赤ちゃんも見たくないって思ってた。

たまたま話を聞いてた彼が「オレも一緒に行くから行こう」と言ってくれ、赤ちゃんに会ってきた。

 

赤ちゃんてすごい!

赤ちゃんに会った瞬間に、心のモヤモヤが飛んだ。どうでもよくなった。

ただただ赤ちゃんの存在に、エネルギーと、パワーを感じた。

この子は、この実家のゴタゴタも分かって、いろんな事を変えるために、この世にうまれてきたんだなって心の奥で感じた。

 

パワーを受けた後、いい気分でいたら、なぜか元夫からの養育費の振り込みも早くなってた。

エネルギーて、すごいなと感じた一日でした。

空出張からほんとの出張へ。

テーマ:



2年前、happyちゃんたちが開催した、ユニバーサルシェアプロジェクト。

これに参加したい!!

と思った時から、私の空出張がはじまった。

幼い息子二人を実家の母に預けるのに、

東京のイベントいくから!

とは言えない(;´д`)
正直に言って、協力してくれるとも思えない。

だから、母には「仕事で出張にいくから」と、息子たちを託した。

その後もイベントがある度に、出張という名目で母に託した。

そのうち、空出張ではなく、ほんとの出張で東京にいけるようになりたい!!
と思うようになった。

でも、その時はどう考えても私の業務での出張はなかった。


あれから2年。

私は昨日から汐留にいる、
部署を代表して、同僚と医療システムの学会にきてる。

2年前、キャンパスに描いた夢は想像をこえた形で現実化した。

今回の出張の話があった6月、興味のある内容だったので立候補してたけど、予算の都合で二人までとなった。で、私以外の二人がいくことになってた。

でも一ヶ月前、出張にいくはずだったメンバーが、まさかの休職になった。
で、繰り上げ当選。

どうせ無理だから

って、あきらめなくてよかった。
6月に出張があるとわかった時から、絶対いく!って決めててよかった。

私には、医療とパッションをつなげたい!って夢がある。
7月にパッションテストファシリテーターに受講にいった時、ジャネットとヤスが高知にきてくれる約束もとれた。

でも高知に戻ってきて、現実をみながら、考えてたら、その夢は今じゃないと思った。

だけど、いつからか、おばあちゃんが涙ながらに「さわちさんのおかげで楽になりました。」ってお礼を言ってくれてるところがイメージとして浮かんでくるようになった。
それははっきりと今も脳裏に浮かんでる。

それは未来が見せてるイメージ。
医療業界に、宇宙的生き方を広げている私の未来。

今はどんな形になるか、まったくわからないけれど、その夢はあきらめない。

そして、毎日を愛でながら生きる。

”シンデレラプロジェクト四国♬”

テーマ:

金曜日のシンデレラプロジェクト、本当に楽しかった~ラブラブラブ


ドキドキ会場ドキドキ

HAPPYちゃんからお花が届いてた~。ありがとう~

 

受付のあゆみと、いずみん娘ちゃん

 

今回の発起人、ともちゃん、しぃちゃん

 

 

ドキドキ自分との結婚式ドキドキ

 

自分との結婚式では、自分に宛てた手紙を、スクリーンを見ながら読み上げたんだけど、前日の悲しい出来事と重なり、涙が止まらなかった。

ほんま、よかったー。

徳島のえこちゃんがサプライズでくれたブーケに、しぃちゃんが作ってくれた花冠。

そしてメルカリで買ったドレスも着れて嬉しかった。

ちなみに、向かって左側の私、43歳、右側のちえちゃん、5●歳w

 

ドキドキパッションテストドキドキ

ドレスのまま、パッションテスト~。

楽しかったけど、次回はもっともっと参加型にして、みんなと一緒に楽しみたいと思った。

 

ドキドキ愛ちゃんトークショードキドキ

愛ちゃんの本、おもしろかったー。話もすごくおもしろかった。

前日のこだるまの部屋で初めて会ってから思ってたけど、私、愛ちゃんがめちゃめちゃ好き。なんだか心ひかれる存在だわ。愛ちゃんと親友のAPPYちゃんがうらまやしいっ。

 

ドキドキ出し物とダンスドキドキ

息子二人のオタ芸ダンスもあったんだけど、写真が残ってなかったのが残念。

大阪からきてくれたり、北陸からはぁちゃんたちが踊ってくれたり、本当に楽しかった。

この写真は、最後にみんなで踊ってるとこ。

 

ドキドキ四国のお家芸ドキドキ

ドレスでデーモン小暮

 

真ん中がリーダーまいこ

 

デーモンに、顔のひきつる愛ちゃんw

 

このイベントを企画してくれた、しぃちゃん、ともちゃん。

イベントに参加してくれたSSHのメンバーのみんな。

参加してくれたお客さま。

スピーカーの愛ちゃん。お手伝いのまりちゃん。

 

皆の愛で本当に本当に楽しかった~

 

また、みんなやろうね。