放射能から子どもを守ろうin富山

福島原発の事故は日本中に影響を与えています。富山県に住む私達も真剣に考えるべき問題です。未来を担う子供達が健康で、笑顔で過ごしていけるように放射能から子供達を守る活動を中心に行うため有志のお母さん達で立ち上げました。


÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷




☆はじめまして☆
「放射能から子供を守ろうin富山」です。

福島原発事故を受けて、日本中に広がる影響から、子供達の健康を守りたい思いで立ち上げました。

富山県に関しては放射能の影響も少ないと思われているのか、意識している人は少ないと感じています。
横浜のお母さん達が給食で使用されている食材に関しての動きを知ってから、富山はどうなんだろう?

と思い学校に問い合わせてみました。
地産地消だと思っている方も多いと思いますが、牛乳とお米以外の野菜の自給率は13~17%と全国でも最下位で他県からの流通に頼っているのが現状です。

学校給食で使用している食材の産地を確認した所、原発事故の周辺地域の野菜が使用されていました。

国が定めた暫定基準値以下の物は市場には流通していない、安全だと言われていますが、

★日本における暫定基準値が原発事故の30倍に引き上げられた値が適応されている事


★大人と子供も同じように適応されている事


★食品の検査体勢が機械も人手も不十分である事


★内部被曝による子供達の健康への懸念


★富山でも汚染された稲わらを食べてセシウムが検出された牛肉が出回り消費された事

これら一連の流れを受けて、学校給食は大丈夫なのだろうか?と疑問を抱きました。

そこで、同じ不安や思いを持ったお母さん達とこの会を立ち上げました。

事故のニュースが日に日に少なくなるにつれて、危機感を持ち続けて行く事は大変です。

原発事故関連のニュースを取り上げながら、子ども達のために何ができるのかを考えて、行動をしていくきっかけになったらと思います。

*****************************TOPIX*****************************

【1】富山県内の各市町村に子どもを放射能から守るための要望書を提出して行きます。そこで、富山県内でご協力していただける有志の方を募集しています。

※できる範囲で活動したい等、賛同してくださる方随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。(savechildtoyama@yahoo.co.jp)


【2】◆アンケートに御協力下さい。◆
☆富山県民限定アンケ-ト(100名集まったら集計予定!)☆

http://ameblo.jp/savechildtoyama/entry-10995680625.html


【3】◆学校給食産地予定◆
富山市立幼稚園・小中学校給食の1ヶ月先の産地予定公開中です!!

参考にしてください。

http://ameblo.jp/savechildtoyama/theme-10040944808.html






【4】◆交流会・富山で開催される講演会等のお知らせ◆
【交流会について】
「ハハトコ 茶話会~ここからはじまるここからつながる~」に賛同しています。
子どもたちの未来を笑顔で語りたいから、母である私たちが今できること、考えましょう、話しましょう。

http://ameblo.jp/savechildtoyama/theme-10044639803.html



【5】◆【カンパのお願い】

現在すべての活動資金は集会時の参加メンバーからの会費、カンパ、多くは個人の実費負担によりまかなっております。

主な内訳:署名費用(ネット&コピー),資料の印刷代,アンケート送付等の通信費など。多く集まれば検査機械を購入する事が目標です!

活動の趣旨をご理解いただき、ご支援・ご協力をお願いいたします。


■カンパ金の入金先
金融機関名:ゆうちょ銀行
口座名:ホウシャノウカラコドモヲマモロウイントヤマ
記号13240
番号450991

※他の金融機関からの振込の受け取り口座として利用する場合
【店名】三二八
【店番】328
【預金種目】普通預金
【口座番号】0045099
※通信欄に「カンパ金」とご記入下さい

テーマ:

環境省は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、放射性セシウム8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。
しかし、原子炉等規制法に基づく規則においては、原発の解体などによって発生したコンクリートや金属などの再生利用の基準は、放射性セシウムの場合、100ベクレル/kgとなっています。今回の環境省方針は、この80倍となります。
降雨、浸食、災害などによる環境中への大量放出も懸念されます。工事中においては、工事従事者も通行人も被ばくします。大地震が発生すれば、道路の陥没、崩壊などがあちらこちらで発生し、汚染土がむき出しになるでしょう。
まさに、子どもも含めて、日本中の人たちを被ばくさせるための、壮大な「ナショナル・プロジェクト」にほかなりません。
緊急署名を呼びかけています。一次集約は4月30日です。5月2日の午後に予定している政府交渉で提出予定です。

ぜひ、ご署名・拡散をよろしくお願いいたします。
>>>
署名はこちら

※参考記事

一億総被ばくの国家プロジェクト… 8,000ベクレル/kg以下の除染土を 全国の公共事業に!?
>>>記事はこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物の減量と再利用に向けた環境省の有識者検討会は7日、東京都内で会合を開き、放射性物質濃度が基準以下となった除染土を全国の公共工事で使うとする再利用の方針案を大筋で了承した。近く同省が正式決定する。

 方針案によると、管理責任が明確で、長期間掘り返されることがない道路や防潮堤などの公共工事に利用先を限定。工事中の作業員や周辺住民の年間被ばく線量が1ミリシーベルト以下となるよう、用途や期間に応じて放射性セシウム濃度を1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下と定めた。【2016年6月7日東京新聞より】
>>>記事はこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:
安保関連法案に反対するママの会より署名のお願いです。

署名はこちらから!!!

※以下転載※
「だれの子どもも ころさせない」安保関連法案に反対するママの会は、この一文を一致点とします。
「本当に止める」のは、どこかの誰かではなく、あなたであり、わたしです。

わたしたちの日常はこんなです。
…子どもの食べこぼしにまみれて。
…子どものイヤイヤに振り回され。
…つい怒鳴ってしまったり。
…安らかな寝顔を見て、「大好きだよごめんね」と謝ったり。

わたしたちは、人が育つということはキレイごとではないと、身を持って知っています。
だからこそ、戦争には反対します。殺したり、殺されるために生まれてきたのではありません。
戦場に駆り出され、銃口を向け合う人たちの間に、そうしなければならない必然性はどこにあるのでしょうか。
戦争を必要としているのは、わたしたちではありません。戦後70年となる、この夏。
わたしは、他の誰でもない自分の声をあげます。
そして、同じ立場のすべての人と、手を取り合います。
「ママは、あきらめない、本当に止める」

※子育てのリアリティを痛感しているという意味で「ママ」を打ち出すことにしました。
パパ、血縁のない親子、シングルファーザーのみなさんとも、もちろん連帯したいです。

賛同文
この時代を生きる一人の人間として。この時代に子育てをするママとして。わたしは、今国会に提出された安保関連法案の成立に反対します。
AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。