Save children from radiation Zug のブログ

スイス在住日本人による子どもたちを放射能から守る会
save.children.zug(at)gmail.com
スイスの原発情報を中心にお知らせします。

福島第一原発事故によって被害に遭われたみなさん WHO に手紙を書いてみませんか?

http://ajisaich.jimdo.com/whoへの手紙


アジサイの会で企画しました。

拡散にご協力をお願いいたします。



テーマ:
3月9日(日)ベルンで行われるミューレベルグ原発までの自転車ツアー。

スイスの地で、福島事故を忘れないために行われるイベントです

日時:3月9日(日)10時
集合場所:Forstzentrum, Halenstrasse 10, Bern

自転車は、SBBのハーフタックスを持っていれば、一日12フランで電車に乗せて、どこへでもいけます。以下でチケットも買えます。
PR
いいね!した人

テーマ:
http://www.sj-hc.com/main/index.php/component/eventlist/details/133-halbwertszeit-filmfestival-2014-2014-zum-3-jahrestag-von-fukushima

今回は「スイス・アジサイの会」からイベントのご案内をさせていただきます。

2011年の3月11の震災、そして東電の原発事故から3年になろうとしています。
東電の汚染水問題、瓦礫処理、避難者の方々の生活基盤、子供達の被曝による健康被害、様々なことが未解決のまま、原発推進政権とそれに追従する学者、マスコミによって放射能安全神話がうまれ、福島の現実には蓋がされ、原発事故はすでに忘れ去られようとしています。
毎年3月11日は「フクシマ・デー」とし、日本で、世界各国で原発問題を呼び覚ますイベントが開かれます。

私たち、「スイス・アジサイの会」は今年もスイス・グリーンピースの支援の下に、Rote Fabrikと協力して二日に分けて4本の映画(うち1本は短編)の上映会を開きます。
原発事故が私たちに課した問題はとてつもなく大きく、一人でも多くの方に今の現状を理解し、自覚していただきたいと願って止みません。
どうぞ、ご家族、お友達やお知り合いの方々をお誘いの上是非ご来場くださいますよう、よろしくお願いいたします。

Halbwertszeit-半減期― Filmfestival 2014

3月7日(金) Rote Fabrik Zuerich

18:15 『A2-B-C』日本語(英語字幕)
19:45 ディスカッション 「放射能:人と環境への影響」 
21:15 "Tscernobyl 4ever"

荒尾駿介氏の詩と写真家Fabian Biasio氏の福島の写真の展示
日本語とベルンドイツ語/標準ドイツ語に訳した詩とスイスの写真を展示します。


休憩時間にKona-Kucheさんから肉まんの販売、その他、フェア・トレードの製品などが販売されます。

3月10日(月) Lichtspiel Bern

20:00 "Welcome to Fukushima"(英語) Alain de Halleux
21:00 "Strasse ohne Wiederkehr"(独語) Herbert M. Franck
21:30  de Halleux氏とFlorian Kasser氏(スイス・グリーンピース)を交えたディスカッション

上記の詩と写真の展示

入場料は両日とも随意の寄付となりますのでよろしくお願いいたします。

PR
いいね!した人

テーマ:
http://www.nzz.ch/aktuell/newsticker/vietnam-bau-des-ersten-akw-um-jahre-verschoben-1.18222342?fb_action_ids=748500025162883

ベトナムで今年開始予定だった原発の建設が、高水準の安全性と経済性を保証するため、2020年まで延期されることになりました。ベトナムは2030年までに7基の原発を建設予定。


PR
いいね!した人

テーマ:
2月5日付けアールガウアーツァイトゥングによると、過酷事故の際、甲状腺がんになるリスクは子どもと若い人たちは大人の10倍あるとのこと。40歳以降については様々な意見がある模様。詳細は記事をご覧ください。

http://m.aargauerzeitung.ch/news.htm?newsPos=127638411&cat=top

関連記事
スイス、安定ヨウ素剤配布範囲を50キロに拡大
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=37828772

当初100キロ圏内に拡大すると報道されていたけど、途中で50キロに変更され、結局50キロ圏内になったんですね。。。
コストかかるから

スイス 安定ヨウ素剤配布見直しをめぐる駆け引き

州保健局長会議 安定ヨウ素剤配布費用は原発運営会社が負担するべき




PR
いいね!した人

テーマ:
アクスポがついにマヤックからのウラン燃料の輸入を停止するそうです。

Axpo cesse de s'approvisionner à Mayak !

Communiqué de Greenpeace Suisse:
Greenpeace salue la décision annoncée aujourd'hui par le groupe Axpo, de renoncer définitivement aux importations d'uranium en provenance du centre de traitement de Mayak, en Russie. L'activité de ce complexe industriel diffuse de grosses quantités d'éléments radioactifs dans l'environnement. Il est responsable de la pollution massive de l'eau dans cette région proche de la ville de Tcheliabinsk. Greenpeace tient toutefois à rappeler, que malgré cette décision positive, le nucléaire reste une énergie sale.

http://www.greenpeace.org/switzerland/Global/switzerland/fr/publications/energie/2011_Energie_Resume_TraitementMayak.pdf

関連記事

AXPOの調査結果 大量の放射能汚染

AXPOもMAYAK地域の汚染に共同責任あり グリーンピーススイス

AXPOもMAYAK地域の汚染に共同責任あり(ドイツ語版)

いいね!した人

[PR]気になるキーワード