Saucy Dog Official Blog

大阪ミナミを中心に活動する3ピースバンド、Saucy Dogの日常的なブログです。


テーマ:
Twitterでもありましたが、
今年の12月26日のライブをもちまして
Saucy Dogを脱退することになりました。

そのことで
僕の思いをできるだけ細かく
皆様に伝えたらと思います。





まず初めに、

今まで関わってくれていた皆様、

支えてくれた家族、

背中を押してくれた友人、

何より応援して下さったファンの方々、

このような報告になってしまい

大変申し訳ございません。





仲が悪くなったわけでも

音楽性の違いでも

バンドがしたくない

…わけでもありません。



むしろ僕は、

このメンバーでならどんな困難なことがあっても突き進んでいける!

日に日にその気持ちは大きくなり

僕に希望を与えてくれていました。

そう信じてました。


ーーーーーーーーーーーーーーー


2015年10月15日深夜。


ベースのももちゃんから脱退の宣告。
(別で報告あるようなので割愛させて頂きます。)

頭の中真っ白です。

不安はたくさんありましたが

この段階では続ける意思は揺らぎませんでした。



でもそれは日を増すごとに悩みとなり

僕を少しずつ侵食していきました。

毎日がそのことで頭いっぱいになりました。

ももちゃんなりに考え、

悩み抜いた果ての結果だと思ってます。

怖かったと思います。

何事も決断するのは勇気がいります。

わかってる。

だけどいつまで経っても彼の言葉を受け止めることが出来ませんでした。


ーーーーーーーーーーーーーーー


10月末。


2人で話をする機会があり色々話しました。

今の思い、

これからのこと、

僕が聞いた言葉が全てではないのかもしれませんが

その時悟りました。

本当は引き止めたい。

引き止めたくないはずはない。

もう一度考え直して欲しい。

何度も思いました。

でも悟ったのです。

この時に僕は吹っ切れました。

しんちゃんと2人になってでも進んでいく覚悟をしました。



覚悟は出来てた。



そう思ってました。。。



~~~~~~~~~~~~~



1人で悩んでもダメになっていくだけだったので

少ない人たちに相談してみました。

話すことで自分の意思確認にもつながりました。



続けていく覚悟。



意地。



数学みたいに答えのあるものじゃない。

だから難しい。

いろんな人がこんなこと言うけど

ほんとその通りだなって。

人の気持ちにも答えはない。

あっているのかも

間違っているのかも

どこからが正義で悪かだなんてのは

その人の基準によって決まる。

正解なんてない。

極端にいえば

誰かを殺したら逮捕される。

周りから見ればその人は完全に悪だけど

その人からしたらその殺人自体に意味のあること、正義なのかもしれない。

自分の正しいと思ったことを行動する。

それが自分の中にある答え。

ちょっと危ない方向に脱線しました。。。



でも間違いたくないから正解を探すのが人間。

僕もそう。

重要な分岐点に今自分は立ってる。

間違いたくない。

失敗したくない。

でもわからない。

自分の本当の気持ち。

なんで自分自身のことがわからないのか?

他人に分かるはずもないのに

そこに答えを見いだそうとしてる。

そんなものはない。

知ってるけど何かにすがろうとする自分がいる。

自分なのになぜ自分がわからないのか。



眠たいから、寝たい。

お腹すいたから、ご飯食べたい。

体調悪いから、休みたい。

遊び行きたいから、出かけたい。



じゃあ"今"自分は何がしたいの?



どこにあるかわからない正解を

見つけようと必死になってたとき

ふと、ある言葉に出逢った。



「素直な気持ち」


1番の素直な気持ち。

それは僕の近いところにあった。

どこにあるかわからないものより

1番近くにあるもの。

素直な気持ち。

この先のことではなく

今の自分がしたいこと。



ドラムがしたい。



このバンドを始めるよりもずっとずっと

前から好きだったこと。

ドラムを人生最後まで叩きたいという気持ち。

大阪に出てくることになったきっかけ。

もっと探求したい!

この気持ちが再び出てきました。

その気持ちが悩みの中に入ってきて

成長してるのを実感しました。




~本当にやりたいこと~



それは今のメンバーでバンドを続けていくこと。

脱退の発表があった今でもそれは変わりません。


「実はドッキリでした~www」


これを何回想像したか。

心配かけてなんだこのやろ!

批判はすごいとおもいますが、僕はこれでもいいと思いました。

そうなってほしいって。

それだけ僕にとって大事な大事なメンバーで

言葉には出さなかったけど

心の支えにもなってました。



まだまだ未熟ではありますが

『SaucyDogのためのドラム』をしてきたつもりです。

それがなくなる今、徐々に顔を出していたのが

『自分の為のドラム』


自分勝手な言い方だと思います。

でも裏を返せば

もっと上達したい

いろんなことにチャレンジしたい

もっとドラムの可能性を広げたい

という感情です。

このバンドを通してドラムに対しての考え方、理解が昔と大きく変わりました。

どこまで行けるのかもわかりません。

このメンバーで音楽できなくなった今、

自分の今したいことは自分のドラミングをより洗練させること。

ただ僕の中で、

しんちゃんを裏切るのではないか

という葛藤がありました。



~ドラム~



バンドを続けながらでもできるのでは?

もちろん考えました。

でも今よりもっと洗練されるには

ドラムにもっと向き合って

いろんなところに行って

いろんな経験して

いろんな人と演奏して

いろいろ感じて、見て、聴いて、

もっと感情豊かに

人間的にも成長するために

その時間を増やさなければならないと思いました。

昔は練習すればするほど上手くなると思ってました。

確かに上手くはなると思います。

でも"いいドラム"は叩けないと感じました。

技術だけあっても自分で表現しきれないからです。

同じフレーズでも芯があるドラムとないのでは雲泥の差です。

楽器は自分の性格が出る。

尊敬する人に言われました。

最初はわかってるつもりでしたが

本当にそれは"つもり"でした。

完全には理解できてなかったのです。


少し前からちゃんと理解できるようになり、

同時に人としても成長したいとも

思うようになってきました。

もっとよく自分を知りたい。

自分なのに自分のことを知らないって

表現する側としてして知っておいたほうがいい

ことなのかもしれません。

誰よりも自分を知る。



そしてあることに気づきました。

何気なく生活してることが

音楽やドラムに影響を及ぼしていることに。

全く音楽に関係のないようなことでも

考え方や何かしら繋がっているんじゃないかと思うようになりました。

昔とは違う感覚で

ドラムって楽しい奥が深いと感じることができました。



~続けることの難しさ~



一時は嫌なことから逃げてるんじゃないかと

自分を責めたこともあります。

自分の思いはこんなものだったのかと。

でもしたいことが大きくなっていく中で

自分の中でもなにか変わり始めて

きっとこのこれが決意なんだと。



僕は音楽は続けて行きます。

人それぞれ理由は違うと思います。

僕が音楽を続ける理由、

たくさんある中で"見返したい"という感情が

大きいです。

なくならない限り一生続きます。

呪いです。

怖いです。

…。

だからまたどこかで会えることを

楽しみにしてます。



~最後に~



口下手で言葉足らずな、かっこいいことも
ひとつも言えない僕の文章を読んでくれて
ありがとうございます。

もしかしたらまだ書きたりてない部分や
もあるかもしれない。

でも僕は"今の自分"を伝えたくブログを書きました。

長文になってしまいましたが、
ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。


このメンバーでのライブは残り6本です。
全力で演奏していきます。
どうかよろしくお願いします。

そして新たな道を進むしんちゃんを
新しくなるバンドこれからもずっと応援してあげてください。

僕も応援します!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

Saucy Dogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。