フィンランド魂(旅行記5)完

テーマ:
ホテルを出てすぐ、不思議なお店発見。
日本語が書いてある。エッ
{EBF5D5CE-B574-46E4-A9A7-34BCE5E20DEA}
 
「ちょっと見てみようか・・・?」
 
出てきたのが日本人のオーナーびっくり
私たちよりちょっと上くらいのオジサマ。
 
 
店内には、バルト海で採れた琥珀やラブラドライトという石などがたくさんキラキラ 

テンションアップビックリ
 
ふたりで、「うわー!すごーい!!」と騒いでいると、次々といろいろなものを出して見せてくれた。
 
「撮影禁止」と貼りだしているのに「写真撮っていいよ~」
{FC8D98AE-BDAE-42CE-A012-5E55B3932836}
 
クラクラ~きらきら
 

{38CE1C9B-881C-45E0-A66B-32FDEA867E45}


見せてもらっている間、話が弾む。

知り合いの俳優やら有名人の話やら、骨董品の話やら。
 
そしてだんだんと身の上話に。
 
大学卒業と同時に海外へでて、ひとりで改造バイクで世界を巡ったとか。

奥さまと出会ってヘルシンキに居ついた話だとか、息子さんの話だとか。

 
どうやら桁違いのお金持ちのよう・・・目

話しはとても面白くきら
 
ご両親の結婚式の写真もだしてきて、
 
話が止まらない・・・笑い泣き
 
 
そ、そんなに話して大丈夫ですか?
見ず知らずの者に、と思うほど。


結局この店で総計3時間w

 
帰ってから娘に、「ヘルシンキ滞在がほぼ一日しかなかったのに」とあきれられた。
 
 
でも友だちとは、あのお店、もう一度行きたいねと話してる。カナヘイうさぎ
 
 

 
出会った方々はどなたも誠実な感じ。
 
あのタクシーの運転手さんしかりheart.
オーロラを呼ぶ方法を教えてくれた店員さんしかりはあとたち
 
マリメッコの店員さんたちも、いつも笑顔で、「キートス!」
 
45分待ちのレストランで、別なお店を丁寧に教えてくれた店員さん。
 
にこやかでフレンドリーな空港職員さん。
飛行機で隣り合った気のいいおじさん。
 

 
フィンランドには大和魂ならぬ「フィンランド魂」というものがあるらしい。
 
(ガイドブックから)
「フィンランドには『シス(sisu)』という言葉がある。
精神的な粘り強さと、決して妥協しない頑強さを表す。
無駄口を叩かず、不器用だけれども誠実な国民性は、スウェーデンやロシアの侵攻を耐え抜いた歴史的背景もあるのだろう」
 
 
うん、納得i
 
 
{12D9A9D2-085B-4331-8372-BC3CE431A3FB}
 
乗って来たのが、レアもののマリメッコ柄の飛行機だった。
着くまで知らなかったよ~苦笑い
 
 
 
うさぎMerciありがとハート
AD