2012年01月27日(金) 23時26分52秒

吉田一平市長の選挙公約が形に!?

テーマ:議員として

 今日は、無会派の議員12名(長久手市議会は議員20名のうち12名が

会派に属しておりません)に対して、来年度始める新規事業(事業費3,000万

円)について説明がありました。

毎年この時期は、予算編成真っただ中です。


約4カ月前に4期16年務めた町長から吉田一平市長に変わって初めての

予算編成。市長が選挙公約としたものが徐々に形に!?


市長本人は不在で、副市長と総務部長から説明を受けました。


私の率直な感想は、

「事業の内容があいまいだが大丈夫か…」。



市長は、「小学校区単位を基本に」とそれぞれの小学校区に拠点となる

地域共生ステーションをつくると選挙のときから言っていました。

来年度は、先導的に長久手小学校区と西小学校区で整備するとのこと。


そこまでの話は、OKなのですが、

候補となる場所がまだ見つかっていないとのこと。


さらに、この拠点2カ所を利用して、家庭的保育事業「保育ママ」と

病児・病後児保育も実施する予定だそう。

家庭的保育事業「保育ママ」は、0才~3才までの待機児童の解消を目的と

します。保育士1人が自宅で子ども3人をみる「3人型」と地域共生

ステーションなど少し広いところを使って、保育士2人で子ども5人をみる

「5人型」の2種類を取り入れる予定。


えっ!?できるの?



平成24年度の地域共生ステーションの機能・取り組みとして

7項目書いてあります。

①コミュニティーカフェ(気軽な集いの場)

②MJM(地域自主組織)

③保育ママ(パパママ支援)

④病児・病後児保育

⑤認知症はいかい者捜索ステーション

⑥独居同老人生活支援ごみ出し協力

⑦公共用地緑化(剪定と落ち葉対策)を協議する拠点


①は、とりあえずできそうな気がしますが、日中仕事をしている人も夜

来れるようにと21時、22時までぐらい開けることを検討しているとのこと。


ホントにできるの!?


特に③、④は、十分検討しないまま気楽に始めてはいけないです。


病児・病後児保育は医療機関で行わず、医療関係者と連携する

(まだ具体的な話は決まっていない)方法を取り入れる予定だそう。


無責任では!?


家庭的保育事業は「名古屋市、豊田市、高浜市でやっているから」

との理由で、長久手でもできると思うとの説明でしたが、今日受けた

説明の内容では、私はとても心配です。


そもそも、子どもが激増している市が洞地区の保育園用地は何年も

前から決まっているのに平成26年からしか開園できないという

のろのろした計画を先に改善し、その後に家庭的保育事業「保育ママ」

のことを言わないと、順序が逆だと思います。


前途多難な予感が…あせる










いいね!した人  |  リブログ(0)
さとう ゆみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み