1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月20日

聖ポール天主堂から紅街市と龍華茶楼へ歩いてみる。

テーマ:旅行
マカオの聖ポール天主堂から2kmはないかなぁ、くらいの距離に、

紅街市という市場があります。で、歩いて行ってみました。

まぁ、ふつうは歩いては行かない距離ですね、歩くと暑いし、とても疲れます。

特にお金に困っていなければタクシーで行くのがお勧めです。

とにかく、聖ポール天主堂から北へ北へと向かい歩き続けます。
紅街市の外観
そしてたどり着いた紅街市。向かって右の赤い建物の中が市場になっていますが、市場の外も露店の屋台がたくさん出ていてとても賑やかです。

紅街市の市場の様子
そして写真は紅街市の建物の中の様子。人ごみと海の幸で市場の中はごったがえしておりました。

龍華茶楼の外観
紅街市のすぐ隣にはマカオで有名なお食事処、龍華茶楼があります。趣のある建物です。

龍華茶楼の店内
これが龍華茶楼の店内。入店してもやっぱり趣があります。チェーン店感もあからさまな高級感もなく、地元っぽさがあり、とても好感がもてます。

龍華茶楼の飲茶
ここの飲茶は、店内に料理が大集合している場所があり、そこに行って自分で取ってくるスタイルです。店主なのか知りませんが、おっちゃんが何かと世話を焼いてくれて、とっても親切でした。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月13日

マカオ、聖ポール天主堂の周辺とパタカとアボスと行き場のないコイン。

テーマ:旅行
前回のブログで聖ポール天主堂をご紹介しましたが、

もう少し紹介したいなぁ、ということで今回のブログ更新。

聖ポール天主堂の前の下の広場
上の写真は見るからにかつてのマカオ、ポルトガルっぽい、これぞ聖ポール!!的な写真ですが、階段の下の広場で記念撮影している二人を見つけてしまってからは、もうその二人から目を離せなくなります。あんなに胸を張って写真を撮る二人組を私は見たことがない。映画フラッシュダンス2の撮影をしているのかと思ってしまうくらいです。

聖ポール天主堂の裏の中国的建物
聖ポール天主堂のすぐ後方には全くポルトガルっぽくない祠があったりするのがマカオらしくて良いです。


聖ポール天主堂の真横から
聖ポール天主堂を真横から見上げるとこんな絵になります。本当に一枚の壁です。

聖ポール天主堂の裏側の木組み
一枚の壁だからなのか、どうなのか分かりませんが、聖ポール天主堂の裏側にはこんな感じで木組みがなされていました。この木組み、何かの制作途中なのか、壁が倒れない為の木組みで作った支えなのか、不明です。

マカオのコイン
マカオの通貨はパタカで、大まかに言えば香港ドルとほぼ1対1くらいの価値ですが、大まかではなく香港ドルと比べるとパタカの方が少し弱い(100香港ドルで比べれば103とか102パタカくらいでしょうか)。パタカの下にはアボス(avos)という単位があり、100アボス(avos)で1パタカです。香港から中国、中国からマカオ、マカオから香港と移動していくと、両替してもらえない少額コインが溜まっていき、このコインってどこで使えるコインだっけ?的な感じになります。香港ドルとマカオパタカの関係はイギリスポンドとスコットランドポンドの関係をフワッと思い出します。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月07日

マカオ、聖ポール天主堂の表と裏

テーマ:旅行
そして聖ポール天主堂に到着。

セナド広場から歩いて10分かからないくらいの距離です。

聖ポール天主堂を見上げる
セナド広場から歩いて到着すると、坂の上に聖ポール天主堂が見えます。観光パンフレットやガイドブックで見たままの姿に「おぉ、本物だ」という妙な感想を持つことになります。

聖ポール天主堂の正面
で、近づいて見上げるとこんな感じ。写真を撮らねば、という気持ちになります。写真中央の像が聖母マリア。右下の像が日本でも有名なフランシスコザビエル像らしい。

聖ポール天主堂の彫刻
さらに近づいて見上げるとこんな感じ。天主堂の壁には宗教的な意味のある彫刻が色々と彫られているようですが、この写真はしっかりとイエズス会のマークの彫刻。

聖ポール天主堂からカジノビルを眺める
天主堂からマカオの街を眺めるとこんな感じ。グランドリスボアのビルがそびえ立っております。

聖ポール天主堂を裏から見上げる
写真は天主堂の裏に回って見上げたところ。で、よく聞く話で恐縮ですが、天主堂は正面の壁以外は火事で焼けてしまって、裏に回ると何も建物としての奥行きがなく、壁のみが残っている状態。これはこれですごい。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月29日

マカオ、セナド広場から聖ポール天主堂跡へ向かう

テーマ:旅行
マカオのセナド広場から、聖ポール天主堂へ向かいます。

歩いて10分かからないくらいの距離です。

マカオのセナド広場の地面の縞模様
夜のセナド広場のにぎやかな感じと打って変わって、朝はさわやかな感じです。

セナド広場からカジノエリアを見上げる
開店前の洋服の露店商の準備風景からカジノで有名なグランドリスボアのビルを見上げる。

聖ポール天主堂跡への表示板
セナド広場から聖ポール天主堂方面へ歩いて行くと、こんな表示板に出会います。右も左も世界遺産だらけです。表示板の一番上、聖ポール天主堂は中国語では大三巴牌坊というらしい。

聖ポール天主堂跡遠景
そして、セナド広場から徒歩10くらい、遠くに聖ポール天主堂こと大三巴牌坊が見え始めます。

マカオのセナド広場の路地にあった張り紙
セナド広場近くの路地を歩いているときに見た貼り紙。なかなかインパクトがあるメッセージです。

いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月23日

マカオ、セナド広場、まぁ、こうなるわなぁ的写真と行動

テーマ:旅行
マカオに観光に行ったら、とりあえず、セナド広場には行くことでしょう。

位置的にも、気持ち的にも、マカオ観光の中心的な位置にあるように思えます。

カジノで負けてしまったマカオの夜長に、

放心状態でヘタリ込むにはもってこいの場所ですね。

マカオ、セナド広場、夜景1
夜のセナド広場は噴水や周りの建物がライトアップされていて、たくさんの人が集まってきます。

マカオ、セナド広場、夜景2
セナド広場から見た、かつてのポルトガルのマカオ統治の行政府、民政総署。この辺りを写真に撮ると、まぁ、こんな感じになるわなぁ、的写真。

マカオ、セナド広場、風景1
夜は人で溢れているセナド広場も、朝はこんな感じで、のどかな風景。今日も暑くなりそうです。

香港近くのマカオの小上海という店
で、セナド広場の周辺、少し路地に入ったところにこんな感じでお店があったので行ってみる。

マカオの小上海の焼き小籠包
焼き小籠包を発見。確か、3つで5パタカくらいだったか。さっそくホテルに持ち帰り、ビールで胃に流し込みます。これはこれで、まぁ、そうなるわなぁ、的です。

いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。