1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月13日

シンガポール、カトン地区に行ってプラナカンな建物を見る。

テーマ:旅行

シンガポールには、地元のマレー人と中華人の文化の混ざりあった、

 

プラナカン文化という文化があります。

 

で、そのプラナカン文化の影響が色濃く出ている建物が、

 

シンガポールのカトン地区というところに沢山ある、という訳です。

 

シンガポールのリトルインディア(私の宿があるところ)から

 

カトン地区までは、タクシーで行けば20分もかからないくらいでしょうか。

 

が、経済的な要請で、いつもの通りに私は電車を選択。

 

ブギス駅(Bugis)からパヤレバ駅(Paya Lebar)へ向かう。

 

パヤレバで下車し、ジョーチアットロード(Joo chiat Rd)に向かう。

 

が、いい加減に歩いてしまい、たどり着くまでに

 

灼熱のシンガポールを50分くらい歩いてしまった。

道を間違えずに歩けばパヤレバ駅から歩いて10分くらいの距離です。上の写真、チャンギロードから南に伸びる道がジョーチアットロードです。

 

で、プラナカン建築ってこんな感じ。実際に人が住んでいる建物が多くあります。こんな家で育ったらどんな人生になるのだろうか、と空想して楽しみます。が、僕を含めた写真を撮りたがっている観光客の襲来でけっこう騒がしいんだろうなぁ、とも想像します。

 

こんな感じの建物もあります。

 

壁に細かい装飾がほどこされている建物が多くあります。

 

カトン地区を歩いていると、こんなイスラム的衣装のマネキンにも出会います。ガラスに反射して写っているのもプラナカン建築です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月06日

シンガポール、アラブ人街へ行ってムルタバを食してみる。

テーマ:旅行

昨年からシンガポールをウロウロと彷徨っていますが、

 

シンガポールのインド人街へ宿をとり、

 

中華街を観光した私、そうなると次は当然、

 

アラブ人街へ行ってみよう!となるわけです。

 

で、行ってみました。

じつは、リトルインディアから1Kmも離れていないところにアラブストリートと呼ばれるアラブ人街があります。遠くに見えるのは、シンガポール最大と言われているイスラム寺院、サルタンモスク(Sultan Mosque)。旅人よ、ここから写真を撮りながら近づいてきなさい、と言わんばかりの風景。

 

そして、サルタンモスクに到着。とりあえず見上げて「おぉー」と心の中で思う。

 

サルタンモスクの前に「MASJID SULTAN」という看板があります。マスジットってアラビア語で礼拝の場所、すなわち、、モスクのことですので、呼び方としては、サルタンモスクでも正解です。で、上の写真の奥の方に歩いて行くと、マレーヘリテージセンターがあります。

 

で、このあたりまで来たのなら、サルタンモスクのすぐ近くにあるシンガポールザムザム(Singapore Zam Zam Restaurant)で食事をとります。店内には色んな雑誌で紹介されたよ的な記事が沢山貼られていて、どうやらかなり有名なレストランみたいです。

 

これがシンガポールザムザムで有名なムルタバ(Murtabak)と言われる食べ物。イスラム風のお好み焼きのような感じの料理、と紹介している記事もありましたが、まぁ、そんな感じ。マトン、ビーフ、サーディン、そして鹿肉などの種類がありましたが、私はチキンのムルタバを注文。6シンガポールドルから15シンガポールドルまで、大きさで値段が変わります。写真のチキンのムルタバは8シンガポールドルのものだったような気がします。やはり、お客さんで賑わっているお店は美味しい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年01月01日

あけまして、今年もよろしくお願いします。

テーマ:日々の出来事

あけましておめでとうございます。

 

とうとう2017年がスタートしました。

 

今年も、マイペースで、ゆっくりと

 

ブログを書き進めて行こうと思っております。

 

今年もよろしくお願いします。

今年もどこか楽しいところに行きたいなぁ、と元旦から遠い目になる。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月30日

今年もありがとうございました。

テーマ:日々の出来事

毎年の事で、もう、自分でも書こうとして「またかよっ!」と思いますが、

 

早いもので、もう年末ですね(結局、書いてしまう)。

 

みなさま、今年も大変おせわになりました。

 

とにかく、どこに居ても、みなさま、よいお年をお迎え下さい。

上の写真は、過ぎていく風景を眺めながら、次はどこに流れ着くのやら的風景。年末くらい、一年を振り返って厳かな気持ちになろう、とは思いつつ、毎年、結局のところ暴飲暴食に陥る。今年も年末年始で5キロ太る自信がある!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月23日

ラッフルズ上陸地点から地下鉄シティホールへ

テーマ:旅行

ラッフルズ上陸地点にあるラッフルズ像から北方向へ歩き、

 

地下鉄シティホールへ向かう。

 

この辺りは美術館やコンサートホールなど、立派な建物が沢山あり、

 

歩いているだけで外国に来てるなぁ的な気分になれます。

200mくらい歩くと、さっそく歴史的な建物が見えてきます。旧最高裁判所、現在はナショナルギャラリーシンガポールとして美術品を展示しているようです。

 

近くの建物に象の像がありました。

 

そして、ラッフルズ上陸地点にあるラッフルズ像から1kmないくらいの距離にあるシティホール駅に到着。写真左上に三角の黄色い表示がありますが、ここには災害や空襲のときの避難場所があるよ、の表示です。

 

シティホールまでたどり着いたところで、話は変わり、Ya Kun Kaya Toast(ヤ・クン・カヤ・トースト)というお店のカヤトーストのご紹介。お店の名前からしてカヤトーストを推しているのが分かる。カヤトーストというのは、大雑把に言うと、焼いたトーストにカヤジャムを塗って、バターの塊を挟んで食べる日本的感覚で言うと朝食っぽい食べ物で、シンガポールの(マレーシアでも)名物料理です。多くの場合、半熟卵が一緒に出てきて、卵の黄身を崩してトーストにつけて食べたりします。

 

で、これがYa Kun Kaya Toast(ヤ・クン・カヤ・トースト)のカヤトーストです。ここも美味しい。コーヒーは練乳がしっかり入っています。このお店ではないのですが、一度、砂糖もミルクも入れないで!と頼んでみましたが、ブラックで飲んでみると、コーヒーの味がエグくてあまり好みの味ではありませんでした。

郷に入っては郷に従え、とはよく言ったものです。シンガポールに行ったらカヤトーストを一度は食べて旅疲れの体に高カロリーを摂取してみてください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。