中津峰山のシャクナゲ

テーマ:


里山の風に吹かれてⅡ



シャクナゲ(石楠花)はツツジ科の植物だが、半球状の大きな花序の色が鮮やかでよく目立つ。


里山の風に吹かれてⅡ


険しい山の尾根にはシャクナゲが生えていることが多くシャクナゲ尾根と呼ばれる。

時にはシャクナゲの根元を掴み滑り落ちそうな尾根を渡る時もある。

そのような尾根で出会うシャクナゲははっとする程美しい。


里山の風に吹かれてⅡ


シャクナゲは蕾の時が一番色が濃く、花が満開になるにつれてその色が淡くなる。


里山の風に吹かれてⅡ


徳島には津志嶽や雲早山等シャクナゲで有名な山がある。

しかしながら一般の人はその花に出会うことは難しい。

中津峰のシャクナゲ園は遊歩道などは何時整備されたのか不明な程痛んでいるが植えられたシャクナゲは今年も美しく咲いていた。

車で直ぐ近くまで行くことが出来るので来年は是非見に行って欲しい。

鮮やかなピンクの花に感動することが出来るだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします

AD