心理カウンセラー☆郷家 あかり『こころの森だより』

『あなたの物語』を大切にするカウンセラー・郷家あかりが、こころの森で想ったことや、そこで出会った人たちのことを書いています。


テーマ:
郷家先生、いつもありがとうございます。
一昨日、彼にきちんと別れを告げて、荷物も全部運び出しました。別れたりよりを戻したり…の2年間もほんとにお終いになりました。
これからクリスマスやお正月、一年で一番孤独が沁みる季節なのでつらいです(だから延期しようかな)と、決断できずにいた私でしたが、先生の「その温かさって肉体的なものですよね? 心はどうでしょうね」とおっしゃった言葉と、「DV男というのは、相手は誰でもいいんです」という言葉が、心にすとんと落ちました。心の寒いのが温まらないことには、なんとなく気づいては否定していました。
私は、誰でもいい人でなく「この私」を必要としてくれる人に出会いたいです。だからこの寒さと孤独に耐えようと思います。
今度は、そんな男に自分を捧げ続けてしまった自分の心の問題を、なんとかしたいと思っていますので、来年頑張りますから、またよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

 

(許可をいただきご紹介しました)

 

 

Eさん(20代女性)。

定期的にキレて暴言、暴力を向けてくる彼との関係についてのご相談で通ってくださっていました。


DVのある関係というのには、もう懲り懲り・・・という事件(爆発)の後、甘い「ハネムーン期」というのがあります。・・・で、また暫くすると、事件。

 

そしてそういう男性というのは、大抵、すごくチャーミングです。

オスっぽさや乱暴なところと可愛い少年のような部分の落差は、母性の強い、そして自尊心低め女子には、たまらないわけです。きゅん♡とします。許してしまう・・・。

 

でも、いつもお話しするのですが、彼らは成人男子の着ぐるみを着ていても中身は5歳児、とっても未熟、とっても苦しいものを抱えているんです。


「私がいてあげないと・・・」 「彼には私が必要なんです」 「普段は優しい人」 「彼を怒らせる私が悪いんです」

傷だらけの女性たちはみんな言うけれど、そうじゃない。

 

彼が怒っているのは目の前にいるあなたじゃないし、それは彼自身の問題。

 

だから、受け入れられるタイミングが来てるように見えた方には 「DV男は誰でもいい」 という話をさせてもらいます。

 

たしかに「独り」の沁みる季節かもしれませんけどね、ご自身の身体の温かさと心の平穏を保って、冬至を越えて、じきに陽の伸びてくる季節に助けられながら、ご自分の手当てをしていけたらいいと思います。  お手伝いします クローバー

 

 

 

 

 

 

宝石赤カウンセリングルームのご案内
クローバー 郷家あかりについて
クローバー メニューと料金
 ●対面セッション(東京・築地)●スカイプ・電話カウンセリング●メール相談
クローバー サロン案内、アクセス
メール ご予約・お問合せ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

郷家あかり★『あなたの物語』を大切にするカウンセラーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります