KDDI、沖縄セルラーは28日、日本で初めてWiMAXに対応したAndroid搭載スマートフォン「htc EVO WiMAX ISW11HT」を発表。4月上旬以降に発売する。

背面デザインもわかる全2画像

 同製品は、通常のCDMAに加え、下りで最大40Mbpsの高速データ通信が可能なWiMAXでの通信機能を搭載。OSはAndroid 2.2を採用し、Flashコンテンツを使ったwebページなども快適に楽しめるという。WiMAXの通信料は、基本使用料に加え「+WiMAX」月額利用料として、利用した月のみ525円が加算される。

 無線LAN機能を持つ製品を最大8台まで接続できる「Wi-Fiテザリング」も装備。ノートPCや携帯ゲーム機などを外出先でインターネットに接続できる無線LANルーターとしても利用できる。ネットワークはCDMAとWiMAXの両方に対応。

 ディスプレイは4.3型液晶、解像度は800×480ピクセル。有効画素数が約800万画素と約130万画素の2つのカメラやIEEE802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 2.1+BDRなどを装備する。連続通話時間は約290分、連続待ち受け時間は約340時間。本体サイズは幅67×高さ122×奥行き12.8~13.8mm、重さは約170g。


【関連記事】
【特集】スマートフォン
大日本印刷、PC・携帯・スマホにマルチ対応の企業サイト構築サービスを開始
ミクシィ、スマフォ連動「ソーシャルフォン」開始……友人位置確認、端末同士でマイミク申請など
「2011年度発表端末の半分はスマートフォンへ」……NTTドコモ 山田社長
NTTドコモのスマートフォン戦略やSIMロック解除などについて……NTTドコモ 山田社長一問一答


※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000020-rbb-sci









AD