リケン労組の年次大会

テーマ:

本日20日(火)は、リケン労働組合の年次大会が湯沢町にて開催されました。

この大会は柏崎事業所のみならず、熊谷事業所・本社や各営業所の組合員の代表者が代議員として参加しています。

 

母体の㈱リケンの経営現状は、柏崎事業所は人手不足ですが、相変わらず熊谷事業所が芳しくありません。

 

代議員さんからは会社経営方針や生産体制や定年延長についての組合の考え方などの質問が多く出されていました。

 

大企業や公務員と違って、弱小民間企業ですから、雇用の維持については、私たちにとって非常に切実な問題であり、代議員の真剣な気持ちが伝わってきます。

 

審議は無事終了し、帰宅となりましたが、帰り路に「魚沼神社」があったので寄ってみました。

云われは後で調べてみます。

 

 人気ブログランキングへ  ☜ 押して下さい。順位が上がります。

AD