塗装を考える

すべてはお客様の「笑顔」のために。


テーマ:

私 「お久しぶりっ!」



屋根 「・・・・・・・・・・。」



私 「何年ぶりかな~?」



屋根 「・・・・・・・・・・。」



私 「ん~~???かれこれ~?????」



屋根 「・・・・・・・・・・。」



私 「えっ!!17年??18年???」






何のこっちゃ!?でありますが

この場合の  私=私。  屋根=屋根。  を意味します(笑)
塗装を考える
塗装を考える
実に18年ぶりにまたまた上がらせて頂きました。祝日(お互い歳取った・・・)

詳しく申しあげますと、18年ぶりの塗り替えという事になります。


屋根=一番耐久性の必要箇所

塗料=できるだけ耐久性のある塗料を・・・・との認識。


そして、18年前のわたくし=二十歳。 ピッチピチ・・・・・だったはずラブラブ

塗装を考える
塗装を考える
よく考えてみますと、よく頑張った。

塗らせていただいてから18年。

建物を守ること18年。


塗膜性能の機能は失ってはいるものの、大きなダメージはありませんでした。

剥がれ、錆、釘の紛失等々は確認されましたが、当時に使用した塗料を

考えるととっても上出来なことです。


18年前の主流は、主にOP(合成樹脂)、アクリル等。

私の覚えている限りではアクリルで施工した気がします。(違ったっけな~)

年数の割に痛みが少なかったのは、そこそこの傾斜であったのも

災いしているのではないかと思われます。





昨年塗らせて頂いた物件様でのトタン屋根。

ちょっと錆が凄かった例。(傾斜は緩め)
塗装を考える
塗膜性能が踏ん張りきれないと、いずれかは「錆の海」になるのでしょうが

18年経って、いい状態での塗り替えをさせて頂くのは大変うれしい限りです。


さぁ、張り切って塗りますよ~音譜




塗装を考える

佐藤塗装店では私たちができる「塗装」を考え、お客さまに最高のサービス

お応えできるように、スタッフ一同 頑張っていきたいと思っています。


お問い合わせはこちらからどうぞ




いいね!した人  |  リブログ(0)