道場の新しい名称が決まりましたのでお知らせ致します。


武術大自然流 仁心道場 で空手着の胸マークは


「天」「仁」「地」 です。


通称は大自然流空手、仁心空手です。古の空手の大家の先生方は「空手に流派なし!」と言われ続けていました。


我が師、大山倍達総裁も同じでした。私も流儀、名称に固執することのないようにしたいと思いまして、通称的な感覚でいたいと思っています。



とにかく私が伝えたいのは大自然との繋がりの中で「己と向き合い」自分自身とは何なのかを見つけながら、人生を充実させること・・・これに尽きます。


「仁」は思いやり、つまり思いやりの心を思い出す、磨く、追及する空手、武術であるということです。


胸マークですが、天は空、宇宙・・・地は地球、大地・・・仁は思いやり。


天地一体の大自然の中心で「仁」を磨く人間を意味します。


武術大自然流は組織体で、その中に「空手、武術の仁心道場」、「メディテーションクラス、ヒーリング、クリスタルのネイチャー・ラヴ」、そして今はまだ名称を考え中の「空手、武術」と「メディテーション、ヒーリング」を融合させた新しい試みのクラスの3種から成り立つようにします。


現時点ではこの辺りまでの説明になりますが、ホームページや看板、空手着のデザインなどがハッキリ決まりましたら、またお知らせ致します。


次回のブログでは、極真組織を離れ、独立自流で始めることになった簡単な経緯を載せます。お楽しみに。

AD