私は強くなった笑い泣き

というか、今までの考えをアンインストして、初期化した。

いつからだったのだろう。ずっと考えてみた。

きっと就職した頃からだ。
この会社に正社員として働き出したあの頃からもやもや

私はいい人であるべき

これが、自分の中で最優先事項であり、疑問を抱くこともなかった。

この会社の一員である以上、いい人であることが当然、いい人であろうと思ったくるくる

そして退社して、結婚して母になり、更にその気持ちは継続された。

誰かの奥さん、誰かのママは、いい人であるべきで、それが何より大事だと思った。

いい人でいたかった。嫌な人と思われたくなかったお願い

私が想像するいい人は、誰かのためになにかやれるほどすごいひとじゃなくて、

害にならない人、問題に上がらない人である。なんてかなりショボい人。

そんなちっぽけなポジションに長くいたら、それでいいのかどうかも気づかなかったけど、

実はそれは、他の誰かのためじゃなく、嫌われたくない自分のための立ち位置だったことに最近気づいた。

きっかけはテニスだった星

勝負の世界に生まれ育ってない私としては、テニスで試合をしても、勝ち負けなんかどうでもよかった。

正直なところ、勝ちたくない。自分が勝つということは相手が負けることを意味し、

相手が嫌がることをやりたくない私としては、試合をすると、心の整理ができなくてどうしていいかわからなくなっていった。

生まれつきなのか、育った環境の影響か、負けず嫌いな娘に言われてハッとした。

「いい人と思われて何になんの?」

嫌な人と思われたくないっていう感情、そう言えば若い頃はあまりなかったアセアセ

そんなことより自分がしたいことが大事。別にみんなに嫌われてもいいから、やりたいと思うことがあった。

加齢のせいにしてはいけない。ましてや、結婚や子育ての結果、こんな考えになりました。なんて馬鹿らしい。

いい人になるのはやめようタラー

というより、いい人だと思われたい自分と、さよならしよう。

嫌な奴だと思われたところで、死ぬわけじゃない。試合中、そんな風に思われることもあまりない。

普段の生活で、相手の気持ちが気になるなら、害にならないいい人とか、そんなんじゃなくて、本当に優しい人になればいいし、

嫌な人じゃないけど優しくもない。って人からも卒業しようパー

生きてく上で、いい人なんて何の意味もない。ちゃんと役に立つ誰かになろう。

そう思ったら、どんどん攻めるテニスをやることに1ミリの迷いもなくなってきた雷雷雷

AD