げんきママです

こんにちはドキドキ


”私は忙しくない”と思う人は、あまりいないわけで、

自分だけの都合ならともかく、妻になり、母になれば、どんどん用事は増えていくあせる


他人からみたら大したことがないような都合で、

やめればいい、いかなくていいんじゃない?と思う内容だって、

自分にとっては、やらなくてはならないこと汗

母という立場はそういうことだ。

どんなに他人からみてくだらないことだって、やるのは自分しかいないのだ。


突然調整しないといけない事件が起きたら、

予定の変更を余儀なくされることが多いあせる


ましてや、自分ひとりではなくて、誰かと予定を合わせるとなったら、

至難の業。


1か月も前から予定しておいたとしても、突然子供が熱だしたとか、

自分だって何が起きるかわからないのだから、

本当に会えるということは奇跡だ!ということなる時代もある汗


小さいころ、普通に放課後約束した近所の何とかちゃんと毎日会えるっていうあの時間は、

なんと素晴らしい時間だったのだろうと思いだしたところで、

今、迫られている、やらないといけないことは、リスケジュール。


これが、ホントに当たり前に大人の世界。

さて、いきなり起きた事柄。

私にとって大事な事件。


大事な人の冠婚葬祭は、私にとっても大事な行事汗


突然起きるのが、葬であって、

どうしても、最後のお別れをしたいわけだから、

万障繰り合わせなくてはならない。


誰かと一緒にいくとなり、都合を合わせるとなったら、更に困難を極める。

一緒にく誰かを探していて”都合がつかなくて!”と断られるのは、当たり前だ、

もちろん、そういうことはしょうがない。当然あってしょうがない。


誰にでもどうしてもどけられない用事もあるし、

どれだけその故人とかかわりがあるかによっても、かわってくる汗


でも、私は、どうしても行きたい。

でも、一人でいくのは、ちょっと勇気がない。


そう思う自分と、そして、同じ気持ちでいるもう一人誰かいたら、

どうにかなるもんだ。そう思ったラブラブありがたい。


どうしても最後のお別れがしたい。

私もそう思ったし、友人も同じ気持ちでいてくれた。


同じレベルで、”絶対行きたい!”と思ったからこそ、

二人の都合はなんとかつけられた。


この奇跡に感謝しながら、明日、最後のお別れに行ってきます汗げんきママの!げんきになる話!ココにありマス!

AD