おととい、ロバキヨ・・ロバートキヨサキの、キャッシュフローゲームをやりにいった。


何人かでやるセミナー形式?というか、催しだったんだけど、ラッキーなことに、3人の参加者がキャンセルということで、講師のTさんと、マンツーマンで参加させてもらった。


ものすごーく面白かった。



株を安くかって高く売るときの快感 笑 不動産をどんどん買っていく楽しさ。本当にはメンテナンスとか大変なのかもしれないけど、とにかくワクワクした。



早くラットレースから抜け出して、楽しいお金持ち生活したいーって思った。楽しかったー。



明日フランスに突然いける自由がほしい。っていつも思ってるだけど、明日集合っていって、集合できる友達もたくさんほしい。やっぱりひとりはつまんないもんね。



この、ロバキヨのボードゲーム、ヤフオクで買おうと思ったら、それでも高くて、2万円ぐらいするんだね。キャッシュフローゲームフォーキッズっていうのもあって、子どもが一緒にやるならそれもありかなーって。



ROIっていう言葉を講師の人に教えてもらったり、自分が知らなかったこともたくさん教えてもらえて、本当に楽しかった。



早く、ラットレースから抜け出さなくちゃ。

AD

精読率をあげる

--------------------------------------------------------------------
 ●“発表会、メルマガ発行、そしてビジネストレーニング”の巻●
--------------------------------------------------------------------
娘がやってるバレエの発表会。
2年に1回あります。
かかる費用、全部あわせたら30万円ぐらい。


発表会の説明会が行われるタイミングで、
毎回、生徒が少しずつやめていきます。


先生にしてみたら、
生徒が減るのは、悲しい出来事だろうと
わたしはそう思っていました。


でもよく考えてみたら、
ホンキでこれからもバレエをやっていくか。
っていういい決断になります。


子どもが3歳で始めたバレエ、
親も最初は新鮮です。
発表会が待ち遠しい。


30万だしたって惜しくない。
そのうち、2年に1回の恒例行事となり、


子どもが本当にやりたいのか、
適正は?本人の意識は?


そこで、親子で決断が必要となり、
他のことがやりたい、
30万円はそろそろもったいないと感じる。


そうなると、やめる生徒がでる。
これも自然な流れです。
今回もお友達が数名辞めていきました。


ふと、同じことがわたしの仕事でも
おきているなあと気づきました。


そう、メルマガって発行しなければ、
読者さんは減ることはありません。


メルマガを発行しなければ、
解除するチャンスを与えないからです。


そのまま読者数を誇りたい人は
出さないほうがいいわけでうす。でしょ?


でも、毎日出せば、毎日解除する
チャンスを与えてることになり、


それってどうよ?ってことなんだけど、
これまた、読者さんがはっきりわかれていく。


解除する人と、
また今回もクリアで、次も読もうと思う
熱心な読者さん。


これを俗に、精読率をあげる
とか、


読者を育てる
という表現しますね。


決断させるというと重いけど、
毎回、次も読む?という決断を
していただいてるわけです。


そして、わたしがやっている
ネットワークビジネスでも同じです。


仕事としてやるといって、はじめた人の中でも、
そのまま愛用者になっちゃうケースも多くあり、
その人がそれでいいなら、OK


でも、これで夢をかなえたい、
だから仕事として可能性を感じた。


必ず金持ちになる、そして、
こんなことをしたい


っていうことではじめたのに、
いつのまにか愛用者。


そんなメンバーをどうしたらいいか。
わたしもメンバーが減るのが怖かったし、
ある意味愛用者だらけもいいと思った


仕事をしてやるかやらないか。
これを決断してもらう。
もちろんビジネスメンバーだけ。


そういう選択をせまったら、
愛用者としてもやめるという人もでてくる。


メルマガで言うところの解除。


でも、
方や、ホンキで、
人生かけると言い出す人もいる。


精読率があがった。
ホンキでやると決めて進みだす。
決断させるって気持ちいい。


毎日、わたしは最近子どもたちにも
決断させてると思う。


これやる?やらない?
どっち?選んでいいよ。って。


発表会と、メルマガ精読率と同じ
決断は毎日そこらじゅうにある。


ホンキです。
そういっている人のなかでも


ホンキのフリ
ホンキのツモリ、
ホンキのホンキ。


という3種類があって、


ホンキのつもりじゃ、稼ぐことはできない。
自分がホンキじゃないときって、
わたしはホンキよって思ってたけど、


自分が本当に金持ちになる、
成功するってきめたら、
ホンキじゃない人が見えてきた。



潜在意識の本をたくさん読んでいたら、
だんだんわかってきた。


人はホンキでそれがほしいと決断したら、
必ずそこに到達する。


バレエの発表会も、
メルマガ発行も、
ビジネストレーニングも


すべて
やめるか、ホンキで進むか。
その2択の決断を与えている。


ホンキでやったら、必ず達成する。
あなたがやるとコミットして、やる。
そのトレーニングをしたら、それがくせになる。



まとめ

やるときめたら、必ず達成できる

AD