2005-01-11

不思議の世界へようこそ?

テーマ:ファンタジー
『ガダラの豚』全3巻

 中島らも 集英文庫

民俗学学者・大生部多一郎はテレビの人気タレント教授。
しかし8年前に調査地の東アフリカで長女が気球から落ちて死んで以来、アル中に。妻の逸美は神経を病み、奇跡が売りの新興宗教へのめりこんしまっていた。大生部は逸美の奪還を企てるが・・・


昨年、事故でお亡くなりになった中島らもさんの作品。
登場人物が微妙に実在の人物を彷彿させるところがまた楽しい。
逸美の奪還からストーリーは二転三転し、思いのよらない事実が
明らかになり、大団円へ向かいます。3巻の短いこと!

私はシンガポールへ向かう飛行機のなかで、一気読みしました。
しかも、直前で買ったような覚えが・・・。
初の海外旅行、興奮していただろうに、睡眠時間を削って一気読み!

最優先事項だったのですね(笑)





著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈1〉



著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈2〉



著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈3〉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-11-11

いいのだろうか・・・?

テーマ:ファンタジー
『時のかなたの恋人』

ジュード・デヴロー 新潮文庫 平成8年1月1日発行

恋人に捨てられて教会で泣いていた主人公ダグレス。
その前に16世紀イングランドの伯爵を名乗る男が突然現れた。
無実の罪で捕らえられ、このまま処刑されてしまうという男の
運命を変えるために、ダグレスの愛の冒険が始まった・・・。
400年の時を越えて永遠の絆を求めあうふたりの、せつなく
優しいタイムスリップ・ラブ・ロマンス

と、あらすじが書いてありました。
私はずーーーーーっと

ファンタジーだと思っていました。

こういうラブ・ロマンスなら読めます。
ほぼ一気に読みました。

でも、ちょっとだけ、歴史を変えていいのか!?
と思いました(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004-11-04

やっぱり猫が好き

テーマ:ファンタジー
『だれも猫には気づかない』

アン・マキャフリー 創元推理文庫 2003年2月28日初版

<歌う船>シリーズのアン・マキュリーの猫ファンタジー。

中世、エスファニア公国の領主ジェイマス五世の老摂政が亡くなった。
先見の明をそなえた摂政が、まだ若き領主のため、国のために講じておいた秘策とは、自身の飼い猫「ニフィ」だった!

飼い猫「ニフィ」にセリフがあるわけではなく、あくまでも領主ジェイマス五世を主体に話は進んでいくのですが。「ニフィ」がすばらしく賢い!

「きまぐれ」「愛想がない」といわれる猫の特性がいかされつつも、美味しいポイントははずさない!

猫好きさんも納得のいく「ネコモノ」の本。

そういう私もネコ派です。堪能しました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。