2005-01-13

雅な世界

テーマ:ミステリー
『陰陽師』

 夢枕 獏  文春文庫

平安時代、鬼も、もののけも、存在していた時代。
人はその存在を畏れ、または敬い、共存していた。
清明は大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。
その類まれな力で、この世ならぬ不可思議な事件を鮮やかに解決する。


陰陽師ブーム、というか、安倍清明ブーム、の先駆けになった本。

文間に、なんというか雅な空気、こう、のんびり~という感じが漂っているように思われます。
岡野玲子さんでコミックスにもなっているんですが、私は断然、この原作の方が好きです。

陰陽師のシリーズは基本的に短編集なので、読みやすいです。


著者: 夢枕 獏
タイトル: 陰陽師(おんみょうじ)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-11

不思議の世界へようこそ?

テーマ:ファンタジー
『ガダラの豚』全3巻

 中島らも 集英文庫

民俗学学者・大生部多一郎はテレビの人気タレント教授。
しかし8年前に調査地の東アフリカで長女が気球から落ちて死んで以来、アル中に。妻の逸美は神経を病み、奇跡が売りの新興宗教へのめりこんしまっていた。大生部は逸美の奪還を企てるが・・・


昨年、事故でお亡くなりになった中島らもさんの作品。
登場人物が微妙に実在の人物を彷彿させるところがまた楽しい。
逸美の奪還からストーリーは二転三転し、思いのよらない事実が
明らかになり、大団円へ向かいます。3巻の短いこと!

私はシンガポールへ向かう飛行機のなかで、一気読みしました。
しかも、直前で買ったような覚えが・・・。
初の海外旅行、興奮していただろうに、睡眠時間を削って一気読み!

最優先事項だったのですね(笑)





著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈1〉



著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈2〉



著者: 中島 らも
タイトル: ガダラの豚〈3〉
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。