Satoオフィシャルブログ「カフェの窓辺から」Powered by Ameba

Satoオフィシャルブログ「カフェの窓辺から」Powered by Ameba


テーマ:
Tales from the Moonbow
-Moonbow Chaserが310倍楽しくなる(かも)-


【Encounter】

2010年、バンドでのデビューを控え、地元北海道に帰省していたSato。
その際、親友に「Satoは虹。太陽のように中心で目立つタイプではなく、太陽や水の存在があって姿を現し魅力を発揮する、そんな虹のような存在なのかも知れない。」と突然、伝えられる。

以後、自身のオリジナルモデルとして製作した”MESSENGER BASS 4”にデザイン上のモチーフとして虹を採用するなど、自己表現において虹の存在、虹との関連付けを意識するようになる。

MB4

そして2014年1月、Satoは元バンドメンバーであり10年来の友人でもあるデザイナー琉霞とコラボレーション。オリジナルベースに続き、オリジナルシルバーアクセサリーの製作をスタートする。

Satoの選んだモチーフは、カフェ好きにちなんで「ティカップ」、名前の”サト”にちなんで「3:10」(時計)、そして「虹」。

それらは琉霞の手によって、一つのペンダントデザインの中に組み込まれることとなる。

ペンダントトップとして立体の「ティカップ」を採用し、ティカップ底面には「虹」を表す七色の石、ミスティッククオーツを埋め込んだ。

ML_裏

懐中時計の2本の針は「3:10」、つまり文字盤の”2”と”3”を指し示したまま動かない仕様となっており、デザインとしては右上に集中することになる。

よって、文字盤左下にはスペースが生じ…
デザイナー琉霞は閃きのまま、その空いているスペースに「月」をあしらった。

げんが

Satoは正直なところ、「月はデザインに加える必然性がないのでは…」と思ったが―
月と虹をキーワードとして何気なく検索することに。

wiki

「月虹」
「night rainbow」
「moonbow」
「幸せを呼ぶ象徴」
「ハワイでは古来よりスピリチュアルな存在として…」

月に架かる虹—
そんな奇跡のような自然現象がこの世に存在していた。


「サト=3:10」という時間が、懐中時計の文字盤上に「空きスペース」を生んだこと。
その空きスペースに対し、デザイナー琉霞が偶然「月」を選択したこと。
月の虹との運命的な出会い。
ミスティッククオーツという七色の石は、昼の虹よりも夜の虹と例えるに相応しい、深い輝きを持っていること。
点と点が線で繋がるような、そんな必然性すら感じさせる過程を経て”Moonbow Latte”は完成した。

ML_裏


アクセサリー発売を数日後に控えた2014年4月下旬、琉霞にSatoから一本の電話が入る。

「今回のアクセサリーの売上は、実際に月の虹を観に行くために使おう。
そこで初めて”Moonbow Latte”の物語は完成するし、もしかしたら新しい作品が生まれる気もする!」


-つづく-
いいね!した人  |  リブログ(0)

Satoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース