ギター製作者 佐久間悟のブログ

楽器製作と日常について書きます


テーマ:

寒い季節が続きます。

ここ上田も最低気温マイナス12

外でタオルを振り回す気は起こりませんが、多分凍るのでしょう。

春まで今しばらくの辛抱


さてニスの話でも。

合成塗料が無かった昔は一般的な塗料であったセラックニス。

耐候性なし、耐摩耗性弱し、塗り難し

一見まるで時代遅れのダメ塗料のようですが、なかなかどうして。

楽器には必要不可欠な柔軟性が備わっているので好んで使われます。

木材に浸透し、強度を増しながら音の邪魔をしない、上品な響きを実現します。

合成塗料も元は天然素材で、地球上のあらゆる物質は天然であり、組み合わせと改良で形を変えているだけ。

面白いのはセラックニスは生物由来。

ラックカイガラムシの分泌物を精製したもの。

小さなムシたちが黙って最良のニスを産み出している、優秀な科学者であり生産者。

生き物の不思議と奥深さを感じます。


セラックはアルコールに溶解し、タンポに含ませ、

材面を滑らせながら固着させます。

薄い層を重ねて塗膜を太らせて行きます。

途中研磨を入れながらゆっくりと。

濃度、方向、タイミング、いくつかの要素が揃わないとなかなか塗膜が育たない、むしろ剥いでしまうことも。

上手く行かない時はムシに笑われている気分最近は大分仲良しですが。

ムシの声を聴きながら逆らわず作業を進めます。






{E16347BC-AAB5-4058-8E7E-315AE8EA039A}



セラック塗装の楽器とそれ以外で聴き比べると明らかな違いを感じるでしょう。

ムシもさることながらヒトの聴力もなかなかなもの。

僕らも生き物なのだと思います。



さてネコはどうか

今度実験してみましょう。

紙面が尽きたのでこの辺で。

また気が向いたら。





{6DF4EB76-CDAA-4F88-AD73-F596BB50609B}





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2018


新春早々ご無沙汰しております。

気が向いたらの更新で恐縮ですが

今年もよろしくお願いします。


正月は3日もするとぼちぼち動きたくなり、研ぎ仕事を始めました。

穏やかな陽の射す仕事場でのんびりじっくり砥石の上で刃物を滑らせる。

刃のつきも良い、密着感を楽しめます。

木工は、つまりは研ぎの成否。

仕事の出来が左右されます。

快適に仕事したければ入念な準備、

良いスタートが切れたと思います。



{D9766D34-2B52-4323-9904-60B4F73AA4A4}



{220FC12D-F47C-494F-819F-0AB0224A8D0E}



今年は新しいタイプの楽器も構想中。

現在手掛けている作品を仕上げたら

そちらも動かすつもり。

さて何が飛び出すのか乞うご期待。


書きたい事もいくつかありますがまた追々。

皆様にとって良い一年にでありますよう

お祈り申し上げます。

寒い季節、お身体を大切に。



佐久間



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  静かな夜を…


                    録画編集  池庄司博文氏

{145BA66F-C012-4794-9DF4-44768D31A140}
                       撮影  MC 服部文厚氏



心穏やかにお過ごし下さい。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。