喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
発表会前、荒波の中の船長さんの心境です

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

我が家の家庭菜園で、変な形のキューリが収穫できました。

(この形、活かせないかな?)

って、思って、ひらめきました。

で、その写真を 昨日、フェイスブックに載せました。

こんなメッセージを添えて・・・


【最近は、発表会前で、日々、葛藤気味で荒海を漕いでる感じです。】


そして、元気になれるコメントを受取り、返信のコメントを考えていました。


【何が大切か?何を優先すべき?常に、選択をしている感じです。たくさんの思いを背負って、進んでいる船長さんの気分、目的の地にたどり着けるように、引率していきます、ちょっと元気になれました♪】


って、返信コメントを書きました。


「あの指導で良かったのか」

「あの言葉掛けは良かったのか」

「今、やるべき事が、抜け落ちていないか?」


意識・無意識の中で、朝から、寝るまで…(時に、ふと、夜中、目が覚めて、曲の進行状況を考える)


そして、昨日の最後の生徒さん、大人の生徒さんと、レッスン後、おしゃべりをしました。

この方とは、教育の事、心理学の事、いつも話はつきません。


「今の政治がそうであるように、きっと、背いてきたものは、いつかは、表に出てしまうと思うんです」

話の流れから、私が、こう言うと、

「それは、学校の先生も一緒、生徒に本気で向き合わないと、必ず、それは、別な形で、問題となって現れちゃうんですよ」


本気で向き合わないとか・・・


私が、一番大切にしている事は、発表会という近い未来ではなく、その先、ずっと続く、生徒さんたちの未来。

「曲が弾けるようにする」というのは、私の自己満足じゃなくって、それによって、生徒さんたち、それぞれが、何かを得、気付き、生きる力を付けて欲しいという事。


荒波が続きますが、船長鈴木、舵取りがんばります!!


・・・あっ、ところで、変な形のキューリって?

width=

このキューリのように、生徒さんたちんの個性を大切に、活かしていくんだ!!

ブログでつながっているみなさんも、

「暑中お見舞い、申し上げます」

◇体験レッスン

5月をもって、休止、発表会終了後、9月より再開予定です。

◇新規生徒募集

6月をもって、休止、10月より、新規受け入れを再開予定です。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。(※発表会準備のため、休止、9月再開予定)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります