喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
楽譜を手直し

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

生徒さんの進行状況を見て、楽譜を手直ししようと思いました。

手直し後の楽譜は、少し、音数を減らし、リズムも弾きやすくしました。

width=

もちろん、なんでもかんでも手直しが許されるわけではありません。

クラシックなど、原曲を大切に扱わなければいけない曲は、出来るだけ、作曲家・時代などなど・・・意向を大切にして曲をまとめなくてはと思います。

でも、すでに、アレンジされているものであれば、手直ししてもいいかな?って私は思っています。


今回の生徒さんの手直しは、マイナス的な意味合いはなく、むしろ、練習したからこそ、この結果になったんです。


練習している→・・・のに→手直し?


それまでの、練習してきている過程を見ていて、この後に出てくる難しい部分を弾きこなすには、余裕がなくなるなど、マイナス要因の方が大きいと判断しました。

この生徒さんの担当するのは、連弾の伴奏部分。

メロディパートを演奏する年下のパートナーを音だけでなく、テンポや気持ちの部分まで、広い部分を支える役割、立場でもあるのです。

手直しは、今まで弾いてきた個所は、そのままに、手直する箇所は響きなどに影響が出ないように、注意しました。

おかげで、


「ちょっと手直ししたから、こっちの楽譜に貼り替えておいてね」


本人は、受取った楽譜を見ても「どこが、変わったの?」って感じでした。

前回のブログ記事【「できない」「わかりません」にも、ルールがあると思うのです】にも通じるかな?

この生徒さんは、自分のキャパの中で、精一杯やってきていました。

だから、私も、次に進める事(判断)が出来ました。


今回の発表会では、初のⅡパート(鍵盤の低い方)。

Ⅰパートの生徒さんを音・精神面で支えてくださいね。

ソロ演奏は、作曲家の意思を大切にして、演奏しましょう!



◇体験レッスン

5月をもって、休止、発表会終了後、9月より再開予定です。

◇新規生徒募集

6月をもって、休止(すでに、体験レッスンを経験されている方の申し込みは、6月までお受けします)10月より、新規受け入れを再開予定です。

音楽教室に興味のある方・ご相談があれば、連絡ください。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。(※発表会準備のため、休止、9月再開予定)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事