喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
発表会の曲は、誰が選ぶの?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会の選曲も、終盤になりました。

発表会の選曲について、私の思う事、感じる事を書かせて下さいね。

なんとなくですが、

「発表会で演奏する曲を生徒さんが選ぶのが主流になって来ているのかな?」

って思います。

今は、動画でも調べられる時代ですから。

でも、私が、懸念している事があります。

それは、


・生徒さんが弾きたい曲を選んで弾く→

・先生が選んで曲を与える→×?△?



という先入観を持ってしまう事。

私が子供だった頃は「発表会の曲は先生が選ぶ」というのが当たり前でした。

でも、それによって、私の知らない曲に出会う事が出来ました。


人の持っている知識は色々。

生徒さんの持つ音楽の世界観・知識と、私の持つ音楽の世界観・知識は「リカちゃんハウス」と「リカちゃんキャッスル」くらい違うと思います。

(例えが、スミマセン・・・)


私が選曲する場合、

・今までの学習が活かされる曲

・曲を通し、多くを学べる曲

・生徒さんが、好きそうな曲

そして、発表会の全体の曲のバランスも大切。


めちゃくちゃ考えて選びます。

今年も、ほぼ全員がソロ曲の他に、連弾(アンサンブル)と2曲演奏します。

1曲が私、もう1曲は生徒さんに選曲してもらいました。

私の方で、あらかじめ、3曲位選曲して、その中から、生徒さんに選んでもらいます。(ピアノを習い始めて2年未満の生徒さんを除いて)


「先生、今から、あなたのために選んだ3曲弾くね、どれがいい?どれもイヤだったらまた選び直すね」

知っている曲もあれば、はじめて出会う曲もある。

キラキラ・ワクワクした表情をたくさん見ました。


もちろん、本人の希望で、ソロでアニメ・ポップスを弾く生徒さんもいます。

この場合、

「弾かせてもらえる」

「楽譜をもらった」

で、もう気持ちが満たされてしまっていて、この後がエンジンがかからなかったり、弾き込みが「聴いていただく」レベルではなく「自己満足レベル」になってしまう事があります。

目標設定を間違えないように、声かけしていかないとな…って思います。


発表会の選曲は、生徒さん側が選ぶ、先生が選ぶ、両方あっていい…じゃなくって、両方あるべきだと思うのです。


人気のあった曲はね・・・

それは、後日。


◇体験レッスン

5月をもって、休止、発表会終了後、9月より再開予定です。

◇新規生徒募集

6月をもって、休止(すでに、体験レッスンを経験されている方の申し込みは、6月までお受けします)10月より、新規受け入れを再開予定です。

音楽教室に興味のある方・ご相談があれば、連絡ください。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。(※発表会準備のため、休止、9月再開予定)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事