喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
レベルに合わせて楽譜の変換作業

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会の選曲は、ソロ演奏の他、連弾を含めたアンサンブルの楽曲も、同時に行っています。

レッスンでは、大譜表(ト音記号と、ヘ音記号の楽譜)を採用しています。

連弾譜は、音域の関係で、Ⅰパートは、右手も左手も、ト音記号。

低い音域を受け持つⅡパートは、右手も左手も、ヘ音記号。

と、こんな感じに、書かれている楽譜も多いのです。

これを機に、こうした楽譜の見方を教えるのも良し。

でも、こんな楽譜を見ると、混乱しちゃう生徒さんも多いのです。


いるでしょ?左手パートにも関わらず、ト音記号で書かれていると、右手で弾いちゃう生徒さん。


仕方ない、だって、はじめて見るんだし。

今、理解するのは難しい、時期ではないと思った場合、楽譜を作りなおします。

書いてある楽譜を、1オクターブ上げたり、下げたりして、大譜表にします。

こっちの楽譜で練習して弾けるようになってから、

「実は、今まで、弾いていたのを1オクターブ上げて(下げて)書かれているのが、これなんだよ」

って元の楽譜に戻れば良いかな?って思います。

あと「先生と生徒」みたいな、同じレベル(同程度)の楽譜じゃない場合、先生パートが、小さくゴチャと書かれている楽譜も、書き直しました。(先生パートを生徒が演奏するので)

width=

嫌いじゃないんだけどね・・・むしろ好きなパソコン作業。

でも、いつものレッスンと、選曲との同時進行だから、さすがに、今日は、一時期、テンションが下がりました。

ブレーカーが落ちた感じ。


このひと手間が、これからの、読譜作業に費やす時間が短縮される事を願って!!



現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります