喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆音を模様のようにとらえて演奏する

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

はじめて出会う曲、譜読みが始まったばかりの曲を弾く時、私は、どのように、楽譜を見ているのでしょう?

意識していないのでわからないのですが、瞬時に多くの情報を得なければいけないので、多分…たぶんなのですが、1つひとつ音を読むような事はしていないと思うのです。

要になる音を中心に、模様でとらえている部分もあるように思います。


「この音から、この音まで、順次に上がってる」

「ここは、1つ飛ばし」


こうした事は、ピアノを習い始めたばかりの生徒さんも感じる事が出来るはず。


「音が上がってる、下がってる、山になってる、デコボコになってる」

とか。


先日、レッスン中の生徒さんを見ていて「ミスが多い」と感じたのです。

色々と考えました。

「ひょっとして…」って思ったのは、毎回弾くたびに、音を1つ1つ読んで弾いているのではないかと思ったのです。


「音を1つ1つ読んで弾くのではなく、図形のようにとらえて弾く事も大事だよ」


こう言った後、

(もし、私が、逆の立場で、こんな事を言われて、理解できるかな?)

と思ったのです。

ふと、昔、バスティンフォーラムで購入した、レッスングッズの存在を思い出しました。

width=

「もし、最初が、この音だとしたら、どう弾く?」

ト音記号もなければ、本来、5本なければいけない線も3線だけ、それでも弾ける。

この後、他の生徒さんにもカードをやってみたら、やっぱり弾けていました。

…なのに、楽譜になると、ミスが出てしまう。

このカード、今まで、使う事はなかったけど、読譜力がつくように、上手く活用していきたいと思います。


ラミネートしといた方がいいかな・・・


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事