喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆ペダリングの講座を受講してきました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今週、木曜日に、ヤマハ郡山店さんにて、開催された、PTC講座

堀江 真理子先生による

「ペダリング ピアノの美しい響きと表現のために~とらえましょう。あなたの“響き”~」

width=

について、書きます。

以前も、堀江先生による、ペダリングの講座を受講しました。

「あれっ、使用テキストが違う?」

内容を確認すると、改訂されたのですね。

以前のテキストでも、大丈夫という事でした。

奥が深いですよね、ペダリングって。

「はい、踏んで、はい、離して」

なんて、単純なものではなく、ペダルを使って、演奏をしている時って、

「勝手に『聞こえてくる』浅い感覚で、なんとなく、いい感じ(上手く聞こえる)」

ではダメ!!(現実には、自分の教室を振り返っても、こうした聴き方の生徒さんは多いかも)

ペダルは「聴こうとする」深い意識で、使わなければいけないはず。

ペダルの事を意識し始め、自分の出している音が、本当の意味で聴こえてくると、踏むタイミングや、ペダルを踏む深さに1つ1つに、これでもか!!という位「聴く」感覚が、研ぎ澄まされていくのです。


ペダルが持つ本来機能が、発揮できるのは、やはりグランドピアノだと思います。

電子ピアノの生徒さんは、どこまで、ペダルの奥深さを感じ取る事が出来るのかな?って思いました。

堀江先生の、ペダリングは、演奏はもちろん、ペダリングも素晴らしく、楽器構造も研究されているのでしょうね。

ただ、こうしたペダル講座は、実際に弾いてみないと、難しいですね。

常に、自分の頭の中で、イメージして先生のお話しを聴いていましたが、後半は、さすがに、頭の中が、疲れてしまいました。


奥の深い、ペダリング。

前回、受講した時は「基礎編」「応用編」と2回に分けていましたが、今回は、1日講座。

2冊の内容を、1日、それも2時間という限られた時間で、伝えなければいけないのですから、伝える側の堀江先生は、本当に大変だったと思います。


この講座、現役の音大生が、受講したら、きっと、大収穫だと思います。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります