喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆耳コピ、チャレンジ中


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日のブログで、耳コピにチャレンジしている生徒さんの事を書きました。


今日は、レッスンの様子、書きます。


「耳コピしたい曲って、何?」


「#$%&#$%&が唄っている#%$%&です」


そう、私は、グループ名も、もちろん、曲名も、聞いた事はなく、それゆえ、単語1つ、頭にはとどめられてはいませんでした。


そして、お母さんから借りて来た、スマホで、ユーチューブの演奏を聴きました。


私は、はじめて聴いたその楽曲に(アップテンポのロックで「よりによって、なんで、この曲を持ってくるの?」)って、言わないにしても、絶対、その感情は顔には出ていたかと思います(笑)。


すでに、生徒さんは、一部メロディーの音は耳コピしていました。


「まずは、曲の設計図、形式を考えなきゃいけないんだけど、この曲、何拍子?」


「・・・」


「拍子は大切、それは、クラシックも、ロックも一緒」


それから、音源を聴きながら、拍子をつかみました。


「拍子が分かれば、形式がわかるでしょ、イントロが何小節か、次にAメロ、サビとか、形式と、小節数を聴きとっておいてね」


それから、すでに、耳コピしていた、メロディーから、調性を見つけ出しました。


今まで、レッスンで、必ず、形式を考えさせた事。


楽曲演奏で、拍子の感じ方のダメ出しを受けていた事。


スケールに和音も、自分たちで考え弾かせた事で、調性、コードがなんとなく、分かっていた事。


今までの学習が、全て、ロックの耳コピに活かされたでしょ❤


(後日談として、形式、小節数を考える作業は、とっても楽しかったそうです)

width="400"

これが、途中段階の楽譜。


見る人が見たら、暗号のようだけど、私達には、理解できています。


空欄は、まだ、とれていないコード。


空欄はあるけど、埋められコードは、ほとんど、生徒さんが自分の力で、聴きとれたもの。


中には「コードはわかんないけど、多分、この和音だと思う」っていうのもあって、こういう発見って、感動だよね。


前回のレッスンでは、動画を聴きながら、一緒に考えて、少し、埋める事が出来ました。


こんな感じで、レッスンを進めています。


スケールを弾いて、クラシックの曲弾いて、ロックグループの楽曲を耳コピするレッスンも、面白いですよね。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事