喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆続・おんがくノートの活用(音階編)


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


前回に続き、今回も「おんがくノート」について、書きます。


「スケール(音階練習)って、なんのためにするのだろう?」


って、考える事がありました。


私自身のレッスンでも、毎回、スケール・カデンツは、レッスン冒頭に見ていただいています。


この中で、音の出し方、タッチ・・・様々な個所の指摘・アドバイスをもらっています。


だから「スケール練習は大切なもので、必要なもの」というのは、私の経験から、わかってはいるんです。


ただ、子供たちのレッスンで考えると、音の出し方・タッチの習得は、他のテクニック本でも出来るし。


「調性感覚」を見に付けるのであれば、簡単な曲を、色々な曲に移調すれば身につくし。


すでに、楽譜となって完成している音階のテキストを見て弾いていたら、音階について、考える事はあるのかな?って思いました。


「理屈は後で、とりあえず弾く」という考えも正解という感じもするのだけど、白紙の状態の内に、教えるのも有の感じがしました。


今年度は、実験的に、ある一定のレベルになったら、小学生から、音階は自分たちで書かせています。


♯・♭5つ位まで。


半音・全音は理解していれば、あとの考えは、算数・図形と一緒。


テトラコードを教えて、なるべく、自分たちで考えて、進めています。


指使いも、パターンがあるので、コツを掴めば、最初から、既製の楽譜の指づかいを見て弾いていた時より、出来ている感じがします。


すでに、スケールのテキストを持っていた生徒さんも、今は、自分で書いた、おんがくノートの方をメインでスケールはやっています。


2オクターブに発展させたり、そのまま、カデンツ指導にも使っています。


毎回、ちょこっとずつ・・・


でも「継続は力なり」だと思う。


ひとまず、実験的にスタートした、スケール・カデンツ学習、改善を加えながら、進めたいな・・・って思います。
width="400"
今日は、クリスマス・イヴですね。
width="400"
width="400"

メリー・クリスマス!!



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります